World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


恋するイスタンブール

Category: 未分類  
文章を書けば書くだけ、ネット代が高くつく。マスをかけばかくほど高くつく。まるで、オナニー個室ボックス「サラリーマン・桃太郎」ではないか!オナニーも文章も一筋の射精のごとく、排水溝へとながれてつく運命。ああ、冬ですね。

前置きがないと、筆がとれませんでした。


拝啓 友よ

私は恋に堕ちた。場所はイスタンブールの日本人宿。相手は日本人旅行者。性別は女性。
彼女は素敵なコスプレ女。笑顔はクルブシソックスの似合う80年代ヤンキー。細部まで愛す徹底されたオタク。ガンダムでいえば、フォウ・ムラサメのような彼女。

出会って数日後、彼女は東、コーカサスへ旅立つ。私は西、ヨーロッパへゆく。

彼女が旅立つ日、みんなでラマダン飯(断食シーズン中、無料でみんなに夕食を出してくれる)を食いにいった。どこかで思いをつげないと後にチャンスがない。みんながいる中、飯を食いながら告白をした。好きだと、ヨーロッパゆきをやめて、彼女と一緒に旅したいと告げた。

彼女は一緒に旅するのはOKといった。だから、彼女を送った翌日、私は、シリアビザやイランビザの準備をした。シリアビザがとれた矢先、彼女からメールが来た。ごめんなさい、やっぱり一緒に旅はできないと。彼女を追おうか迷った。距離にすると東京~岡山間。トルコまで来て、国際ストーカーするか。宿のみんなに、後押しされた。いけいけ、やれやれ!と。

そんな中、私の好きな元インテリヤクザの兄さんに、こんなことを言われた。

「ふりむくな ふりむくな 後ろには夢がない」

これは、寺山修二のことば。そして、旅で再会した親友にも言われた。

「自分で追うな、追わせろ!」

追うんじゃなくて、追われるような魅力的な男になれってことか。とにかく、人間というのは第三者になると最強に無責任な力強いことがいえる。これが時として、迷いをとり解くキッカケになると思う。この客観的な言葉がわたしにはどうしても必要なときがある。

とかいいつつ、結局、私は、シリアのビザ代がもったいないので、ヨーロッパ行きをやめ、中東へ向かうことにした。結果はどうであれ、一人旅に戻ることにした。

今は、シリアにいる。

ぶつぶつと独り言をいう。

ふりむくな ふりむくな うしろにはゆめがない!
ばかやろう!まだまだ、はじまってもいねえ!(キッズリターンより)



友よ、ありがとう。元気があればなんでもできる。がんばっていきまっしょい!
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。