World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


終身刑者からの願い

Category: 未分類  
バンクワン刑務所にいる、わたしの友人である終身刑者のHさんから手紙をうけとることができました。

長文の手紙なため要約したいと思います。また個人的な内容も省きます。『 』は手紙より抜粋、●は私が付けたし文。


①バンクワン刑務所側による面会禁止令について。

『(刑務所)面会を復活させるには今のところこれといった決め手はありません。囚人との関係の欄に「FRIEND」ではなく「COUSIN」とか「NEPHEW」とか書いて面会できればラッキーです。また、面会オフィスのまぁまぁ偉い看守がいい人で、面会に難癖つけられたら「俺の友達の日本人に会いに来たと俺の名前を出してもいいよ」と言っていたので、それも使えるかもしれません。
ちなみに看守の名前は「MR AMPORN」(アンポーン)又はニックネームで「MR JOY」(ニックネーム)。
もう何ヶ月も旅行者の面会が完全に止まってるですよね。

中でも外国人が署名運動をしたけど所長からは反応なし。他のビルからも外国人は手紙を出しているみたいですし、外の動きがあるみたいですが、まったく今のところ(面会は)ダメです。

外国の刑務所にいるのに家族以外の面会がダメなんていう人種差別的なポリシーはこのバンクワンだけで、この所長が初めてです。日用品から何から全て自分持ちなのに、外からのサポートをカットするなんてひどすぎます。』

②面会以外のサポートについて

『面会自体がまったくないので、やっぱりなんといっても本がありがたいのですが、本の差し入れもすっかり止まってしまいました。「郵送で…」とかいうとすごい大きなお願いになってしまいそうで申し訳ないのですが、どうでしょうか…やっぱり無理そうですよね…』

③仕送りについて

 ●バンクワン刑務所では、刑務所内の生活費は自己負担で行われています。刑務所内では労働があって給料があるというわけではなく、なにか自分で商売をするか、家族からわずかな仕送りをもらって生活しているようです。ごはんは一日一回、わずかな米とスープだけです。
 現在8人いる邦人滞在者のうち、3人が家族からの仕送りがないようです。3人のうち2人は病人のため働けません。

『サポートといえばバンクワン刑務所には仕送りがなくて大変な日本人が3人いるのです。Aさん、Kさん、Tさん(名前は伏せておきます)という3人ですが、サポートグループ(MIXIのコミュニティメンバー)の方々にこの人たちへの支援とかお願い可能でしょうか?
 生活費とか大げさじゃなくても、たまにでも少しお金があると本当に助かると思うんです。沢山あればいいにこしたことはありませんが、我々はそういう立場じゃないし、でも日本円で数百円あれば何日もご飯が食べれるんです。もしも可能ならということでお願いします。』

④刑務所の中の病人について

『日本人で具合の悪い人はTさんとKさんです(二人とも仕送りなし)。Tさんは喘息がひどくて薬をミッショナリーに時々助けてもらっていますが、お金がないし余りちゃんと治療ができません。
 Kさんは、腰から下が痺れて歩くのもヨタヨタで、神経がおかしいのか、足の血管がつまっているのかはっきり分からず、ここの病院じゃ全く検査できないし、ラジャオ刑務所というよい病院があるところに何度も送られて、たらい回しにされるだけで、大使館の口ぞえしてもダメです。
 
 ここはホントお金がないとまともに検査すらしてくれません。検査でもちょっとしたものなら数千バーツではきかず、数万円はとられると思います。ここでは病気になったらアウトです。実際死んだ友達も何人もいます。Yさんも喘息で入院して私も結核その他で入院しましたが、ひどい週で2~3人とか死にます。

 最近はエイズの人もタダで薬をもらえるし、政府の方針で薬はくれるようになったので少しはよくなりました。昔は、歩ける限りは入院なんてできなかったですもの。ぶっ倒れて死にそうな人のみ入院。ずいぶんよくなりました。

 ちなみにバンクワン刑務所には今4600人ぐらい(囚人の数)いて、昔は7000人近くいて、常勤の医者は一人です。でも、夕方になると帰るのでずーーといる医者はゼロ。ここでは、目の検査も歯の治療もありません。』

⑤日本人以外でのサポートを求める人について

『個人的に私のとても親しい2人のことをサポートサイトやビラで伝えてもらえると本当にうれしいです。ひとりは、ここでの一番の親友でビルマ人のKさんです。もうひとりは中国系マレーシア人のTさんで、この人は日本に昔4年ばかりいました。
 バンクワン以外でも可能であれば、バンコクにあるラジャオ刑務所にいる中国系マレー人のロタさんもいます。ラジャオ刑務所はバンクワンみたいに面会の制約がないんです。手紙でも面会でも可能だったときのためにロタさんの住所を記します。
 
LOW TUCK・
LARDYAO PRISON BUILDING8 33/2 NGAM WONGWAN ROAD
BANGHEN BANGKOK 10900 THAILAND です』

⑥陳述のお願い

●囚人移管協定や日本大使館から国王への嘆願が出されると、滞在者の方々は、釈放されるか、日本に移管され日本国の法律で裁かれることになります。そうなれば、一度の過ちを償うためにタイで死ぬまで刑に服す必要がなくなります。タイ国よりも日本への移管又は帰国はよりよい滞在者の将来が開かれると思います。

『英語がOKなら、皆さんに陳述の手紙を矯正局や内務省に書いて頂けるとありがたいです。日本大使館に陳述の手紙→刑務所にプレッシャーというのも一案ですが。6月の大使館面会の時に、面会拒否の不条理を訴えて刑務所側に言ってくれると話したのですが、今のところ反応なしです。』

『コミュニティサイトによる、日本政府、外務省への囚人移管協定への早期実現への陳述については、これ程ありがたいサポートはありません。

 もうひとつお願いできるならば、タイ国・国王への日本大使館からの嘆願提出への陳情もお願いしたいです。大使館が嘆願をサポートしている国の囚人は何人も短期で帰国実現した例がいくつもあります。が、これがないと、何年も結果を待たされて、しかもほとんど帰れる見込みがありません。協定も実現すればうれしいですが、国王嘆願が出るとすぐに釈放されます。できればよろしくお願いいたします。

 ちなみにイラン大使館は囚人のために領事が嘆願を提出した後、一年で2人帰国、釈放されました。私は提出後2年半で、スタートから動いていません。』(ちなみにHさんは10年以上滞在)

⑦私たち(囚人)をサポートしてくれる皆様へ

『こんなふつつか者の我々囚人にいろいろと御心使いを頂いてありがとうございます。』


●他にも、今後、滞在者のリアルタイム日記公開についてなど、互いの仏教観交換につていなど書いてありました。岸田秀ファンらしいです。

 今後のこちらの動きとしては、①の面会は現在厳しい状況なので、面会以外のサポートを実践してゆきたいと思います。

 ②の本の希望についてですが、余裕のある方はどんどん郵便で本や雑誌の郵便をしていただけると大変助かります。

 ③④の仕送り・病人への支援ですが、今、どこに振り込みしたら良いかなど確認中です。一時的な支援金を集めたいと思いますので、これまた余裕のある方は小額でもしていただけるとありがたいです。タイは日本に比べても物価が相当安いので、数百円でも相当な力となると思います。

 ⑤に関しては、やはり邦人以外も困ってる方はサポートしてゆきたいと思っています。現状況としては、外国人囚人サポート団体の方々と連携してゆきたいと思います。

 ⑥陳述・嘆願については、私には難しいので、弁護士団や支援団体に相談したいと思っています。現在は詳細を確認中などでこちらも追って実行してゆけたらと考えています。いずれにしても署名などもやっていけたら良いと考えています。そのときはご協力お願いしたします。

 その他、意見など、アドバイス、ご協力できる方がおりましたらメールか書き込みよろしくお願いします。協力者大歓迎でございます。


◎カンパできる方、お名前の横に、
「ケイムショシエン」とお入れください。

振込み先は、私の友人でありわたしのバンドが所属する自主レーベルの水口社長です。信用できる人間です。

おって報告もいたしますのでよろしくお願いいたします。

振込み先

三菱東京UFJ銀行
普通
たまプラーザ支店
1511783
水口プロダクション代表水口貴裕


◎刑務所へ本など手紙を送れる方は是非一度メールをいただけると助かります。送り相手の名前を教えさせていただきます。

住所
Bangkwang Central Prison.
117 Nonthaburi Road,
Nonthaburi Bangkok 11000, Thailand.

◎外国人囚人サポートサイト。必見です!
http://www.usp.com.au/fpss/prisoners-thailand.html
siloette04.jpg

スポンサーサイト


Comments

本を送ろうと思いましたが、メールの送り先がわかりません。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

Leave a Comment

プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。