World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


青空学校 インド・ブッタガヤ

Category: 未分類  
わたしの友人が運営するインドの孤児院兼フリースクールです。
今後、Tシャツのドネーションする学校です。
興味のある方、ぜひ一報ください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1842688


◎インド・ブッタガヤ・スジャータ村(セーナー村)

    ボランティア・見学随時歓迎!!

◎ 私たちは、ブッタが悟りを開いた地、ブッタガヤのスジャータ村で青空学校というフリースクール兼孤児院を運営しています。

 この学校にはストリートチルドレンや経済的に貧しいために公立の学校に通えない子どもたちが総勢111人通っています。また11人のストリートチルドレンが暮らしています。

 ブッタガヤのあるビハール州はインド国内で一番貧しい地区です。そのため州政府・インド政府からの援助は一切ありません。運営は地元の人々のサポート、海外からのボランティアや援助で行っています。

 こどもたちの成長を育むためには様々な国の人々との交流がとても大切だと考えています。
 
 私たちは毎日、ボランティア・見学を歓迎しています。是非、お気軽に遊びにきてください。


◎ INDIA BUDDAGAYA 
  AOZORA SCHOOL

 We manage Free School and Orphan's home in Buddagaya. This school is For Poor and Orphan Children.
Our School has total 111 Students and 11 Orphan's.

Buddagaya is most important Bussist Place.but This area is Most Poor State in india. So Goverment
doesn't Support to our School.
Our School is Supported By local People and Volunteers.

Please Visit to AOZORA SCHOOL!!!
Always We welcome to Visiters and Volunteers!!
Let's play Life Ourself!! Do it yourself!!!

◎行き方

 ブッタガヤ・マハボディー寺院を出たら、まっずぐガヤ方面へ歩く、途中ミャンマー寺が左手にある。そこを右折。スジャータ村に向かう橋を渡る。少し歩くと左手に青空学校がある。ここの二階で真っ青な空の下で元気にたくましく勉強しています。

◎訪問された方の文章など随時掲載してください。
また日本から物資を送りたい方がいましたら、管理人へ連絡くださいませ。
 管理人は旅先なため連絡が遅れるかもしれませんがご了承くださいませ。


ABOUT AOZORA SCHOOL
青空学校について 校長のNIKESHさんより 

AO ZORA CHILDREN WELFARE SCHOOL
UNDER AO ZORA CHILDREN EDUCATIONAL WELFARE TRUST
SUJATA VILLAGE (BAKROUR), BODHGAYA, BIHAR,
PIN CODE:- 824231, INDIA
E-mail-nikesh_sinha2000@yahoo.com


OUR MISSION

1.To help to poor, street and orphans children.

2.To help children break the cycle of proverty by:
Offering a free and good quality education to all poor children From surrounding villages regardless of their sex or caste.

3.By taking in forgotten orphans and offering them food and shelter.

PROVERTY

Many Many children are suffering, They are beaging near the cities and temple.
Because they have problem. They are not getting enough food. They don’t have good education. They need every time good care.
Children will meet you and tell you we are poor!”
They have never traveled, do not watch movies, have no education. They know that they are poor.
They simply know it because they are facing it everyday:

“ My village has no school, no doctor, no electricity and no water. During the winter people get very sick and no body is available to treat them.
During the summer mosquitoes are very dangerous and finally, the rainy season the house cave in because roof is old and broken.
- Suraj, 06 years old.
We are 05 children at home but I have no father. My sister and brother they are working with my mother in a small tea shop. In the evening we’ve ony earned 80 rupees(1.5 euro) ---- Khushboo-- 10 years old.

Finding access to education, medical care or even to simple nutrition is a constant struggle for children who continually face a lack of opportunities.

Bodhgaya is located in The state of Bihar. It is the least developed part of India. Suffering from the misfortune of unstable government, out of 90 million people living here. Millions of families live under the proverty line, struggling with a monthly income of only 18 euros( around 1000 rupees).
The illiteracy rate is also very high, reaching even 50%, which is equal to as many as 45 millions people. Sadly, women are the primary victims of illiteracy, this being for two main reason: firstly, education is so expansive that parents prefer their daughters, however young, to work in the fields.
Secondly, as a result of arranged marriages, young wives will likely be required to stay at home taking care of household chores. Because of unaffordable medical costs(doctors are too far, treatment is too expensive). People are unable to cure themselves and as a result cannot survive. 50 orphans have already been identified in the surrounding villages.

OUR SCHOOL

Our school name has been given by two people from Japan.
MR. Tmura Kei From Tokyo, Japan & Ms. Fukuyama Saori , Nagoya, Japan.
AO Zora children welfare school welcomes around 125 schoolars from 5 years to 14 years old. At present time divided into six section according to their level. We do not distrminate between religion, sex or caste. In the school mostly children comes from lower and ‘ untouchable ‘ caste. More than 50% of students are girls.
Eleven orphans children aged from 6 years to 12 years old are permanent residents within the school.

Our school was initially established in the year 2006 by Nikesh Kumar sinha. With the kind intention of helping children break the cycle of proverty, he personally conducted surveys researching, in accordance with the children’s need, which was the best track to follow to achieve long term development to all communites in Bihar.
Education appeared as being the most fruitful way to realize his dream. Thus, with his personal saving, Nikesh set up Ao Zora children welfare school in Sujata village, near Bodhgaya. Bodhgaya is a highly spiritual city. Considered the single most important palace of pilgrammage for Buddhist from all ovwer the world. This is the palace where the lord Buddha has got enlighment, 255o years ago. As a result, many shrines and monastries were built to international donors, surrounding oldest and most famous Mahabodhi Temple.

Today, the school is run only on donations, which are made by people, primary westerns and Japanes. Thus far these donations have allowed us to countinue our project. The government of Bihar does not give the school either humane or financial support.

PROGRAMS

Our school is providing education about all general subject. Right now We are providing ony primary education for all kind of poor and street children.
Our school is project is working for all communities.

The generalsubject are:
- Hindi
- Sanskrit
- English
- Math
- Science
- General knowledge
- Meditation
- Spiritual and Buddhist knowledge
- Drawing & painting
- Social science
- Moral science

The technical subjects are:

- Initiation to medicine
- Indian music
- Agriculture and hoticulture
- Help to widow
- Installation and maintenances of water pumps

PROJECTS

Unfortunately, the development of our cause is limited because we remain dependant on donations. Still today more than 100 children, from the villages within fifteen kilometers from our school, do not receive any education.

Nearly 50 orphans have thus far been identified; the luckiest are those staying in already overcrowed families’ palaces.

TO HELP US

If you would like to be part of our school projects, your support can be help to educate to children. Your support is more than welcome.
From your own home or even by being visiting us here, you can help us!

In order to keep us educating as many children as possible, we need human resources,
School materials, but also donation to pay teachers and to make building etc.

We would be very happy to welcome you and are open to any suggestions regarding our school’s development. We would also very grateful if you can pass the word about our school to your family and friends. You are most welcome in the school

Ao Zora children Welfare School
( Under Ao Zora children educational Welfare Trust)

At:- Bakrour( Sujata village)
Bodhgaya, Gaya, Bihar, India
Pin – 824231
Phone No. 0091-9234727161
E-mail: nikesh_sinha2000@yahoo.com

スポンサーサイト


Comments

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
WhnJKiICltNZ
Dabei wird den G舖ten anheim gestellt, die klassische Abendgarderobe dem sportlichen Dress vorzuziehen, sodass Modeerscheinungen wie Cargohosen und Leggings allenfalls in einigen Kurcasinos und in Spiels舁en an den K?ten gebilligt werden., http://devel-rok.informatik.hu-berlin.de/bugzilla/attachment.cgi?id=37 casino poker, 8678,
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
hoMuqeeQRYtlX
nline that post prescribed interactions certain havethose coms畸ado side month immediately,
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

Leave a Comment

プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。