World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


じぶんの寺をつくろう

Category: 未分類  



先月、インドはデリーの寺づくり(ストゥーパ作り)に泊り込みで参加してきた。日中の気温は36度とか37度まで上った。馬鹿みたいな暑さの中、地味なドカタ作業をしてきた。けど、なんでも自分で作るのは楽しい。

 ということで、パキスタンはフンザの近くにある山に登って、山頂に寺を作ることに決めた。聞いてところによると、フンザ(風の谷のナウシカのモデル地)で邦人女性が軍人に殺されたという。他にも、登山家が谷に落ちて死んだとも聞いた。それならと、勝手に彼らの霊魂も鎮魂することに決めた。

 山は、誰も登らない山だった。だから、道がなかった。連れの男は、山の山頂にあるという剣を探していた。さらに自分で作った剣を奉納しようとしていた。彼の案内で、山を登った。道がないから、必要以上に疲れた。4時間ぐらいで山頂までついた。すると、彼の探していた剣が山頂に刺さっていた。
 
 山についてから、さっそく、寺作りにかかった。石を積んで卒塔婆と剣を埋めた。こ1時間ぐらいで完成した。

 ちなみに寺の名前は、「御母山二億一庵」。だいたい、○○山、○○寺とつくのが相場なため語呂の良いオッカサンにした。二億は平均した精子の数。一は卵子の数。寺名は自称映画監督につけてもらった。

 さっそく、この地で死んだ旅人と完成した寺にお経をあげた。最後に歓喜の儀式を行った。というより、フルチンになって、ジャイナ教徒になってみた。ジャイナ教徒は、一切の所有を捨てるために服をも捨てフルチンで修行する。彼と二人で山頂でフルチンの儀式をおこなった。しかし、お互い、最後までマネーベルト(旅行者の貴重品腰巻)を外すのを忘れていた。結局、すべてを手放すことなどできるわけもなかった。さらにお互い、仮性包茎なうえ、短小ときたもんだから、互いに股間を隠しあったりしていた。皮は余ってるが、まだまだ修行が足りない。

 追記、毎日朝晩のお勤めをしている。最近はどこでもやる。ということで、じぶんのいるところが「二億一庵」という寺になる。移動式の寺だ。たまに欧米の旅行者が珍しがって参加してる。

写真は 左が儀式。真ん中が「和尚ジャンプ」。左が祭壇。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。