World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


恐るべきコンピューター監視法

Category: 未分類  
これは恐ろしい、転送します。

ーーーーーーーーーーーーー
学習会 私たちの言論・表現活動の自由が危ない!
すべてのインターネット通信が監視される?
コンピュータ監視法とは何か

■と き 4月29日(金)午後6時30分~
■ところ かながわ県民センター709号室
     (横浜駅西口から徒歩5分、ヨドバシ・カメラ裏)

■お話し 山下 幸夫さん(日弁連国際刑事立法対策委員会委員長)
「ウィルス作成罪・コンピュータ監視法の危険性」

 法務省は、今通常国会にウィルス作成罪をふくむコンピュータ監視法
を提出し、制定しようとしています。
 共謀罪は法律に違反することを実際に行わなくとも、話しあうだけで
処罰するものですが、コンピュータ監視法の中のウィルス作成罪は、同じ
ようにそれが使用もされていない、ウィルスかどうかもわからないプログ
ラム作成の段階で処罰しようとするものです。そのためには、インターネ
ットによる私たちの通信のすべてが監視されることになるでしょう。共謀
罪とコンピュータ監視法は、いずれも言論・表現行為の段階で、市民に対
する監視を強め、規制しようというものです。

 コンピュータ監視法には、捜査当局が裁判所の令状もとらずに、プロバ
イダーなどにパソコン、携帯電話のメールやホームページへのアクセスな
どの通信履歴を90日間保全要請できるという規定もあります。
 コンピュータは、現在市民生活に重要な情報技術であるとともにに、民
主主義に必要不可欠な真実の情報を知り、世界の人々とともに平和をつく
る通信手段となっています。

この法案ができれば、通信の秘密が侵害され、市民の自由な言論・表現活
動が規制されて、民主主義を危うくするでしょう。
 学習会で詳しく学び、コンピュータ監視法の制定に反対しましょう。
お誘いあわせてご参加ください。

■参加費 500円

■主 催 盗聴法(組織的犯罪対策立法)に反対する神奈川市民の会
 連絡先:045-241-1179(石下)090-2669-4219(久保)
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。