World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こたえ

Category: 未分類  
わが友の、うれしきアドバイス、しかと受け止めました。
本当にありがたき幸せでございます。やはり、もつべきものは友であります。お金ではけして買うことができないであります。

ということで、気持ちよく返事をしました。やっぱり、亀頭精子は死にましぇん。亀頭精子は永遠に不滅です。と返事を出しました。

今後も旅をつづけることにしました。その後、禁欲和尚になるか、泡風呂和尚になるかならないか考えたいと思います。

わたしの修行していた寺は、昔、ヒッピーたちの溜まり場だったようです。だからそこのお坊さんの大半は元ヒッピーだったようです。自分たちで田を耕し、そして自分たちで寺を作って、孤児たちと共に学び生活してゆく。そもそも、お坊さんというのは、なにも所有しないで、自然のリズムでいきてゆくとい点でヒッピーの走りなんでしょうね。

今回、本当におもったことがあります。自分の我を捨てて、ただひたすら、人のためになろうとしてゆく、犠牲バカがいるということに。それは、キリストさんの牧師にしてもそうです。世の中にはそんなバカもきっと必要なんだと思いました。みんながみんな同じである必要はないわけですし。オレは、こんなバカに心底惚れました。オレも同じようなバカになりたいとも思いました。やっぱり、こんなバカや変態が今の社会には必要なんではないかと思いました。

今は、インドのバラナシにいます。ここはご存知の通り、ガンジス河があります。このガンジス河には、インド全国から死ぬ寸前の人が集められてきます。ヒンドゥー教徒の多くはガンガーで死ぬことを望んでいるようです。確か、輪廻転生から解脱できるからとか、そんな理由だったと思います。(違うか?)一日、200から300の死体が焼かれれようです。

ということでガンジス河で沐浴したあと、ガンジス河の火葬場にいってきました。人が気持ちよく燃えていました。率直に思いました。あら、ローフトビーフそのものじゃんかと。
ということで、その後、連れの子と一緒にイスラム教徒街にいって牛肉を食いました。いつかは、オレもローストビーフだ。坊さんもいいけど、ぎょうさんセックスしないとなぁ。ということで、さっそく、連れの子に原爆を落としたいと思います。
文字通り、やりたいことは、死ぬ前にやっとかないといけません。

それと、ひとつ。自分が死にたいと思う場所があるのはうらやましいなとおもった。したら、死の恐怖がすこしは和らぐのかね。どう考えても、行政の火葬場で事務的に焼かれるのは嫌ですね。まさに、市の恐怖。うまくない。

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。