World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5・30 Antifa Action in Osaka

Category: 未分類  
3594433415_3d53ffdae4[1]

5月30日(日曜日)14時から大阪・扇町公園で糞みたいなレイシズム(人種差別)に反対する集会、デモがあります。最近、日本のあちこちで、「朝鮮人や中国人は出てけ!」とか、暴言を吐きまくったり、朝鮮学校に襲撃をしているレイシスト集団、「在特会」や「主権回復の会」に対抗して、超セクト・宗派・民族で、雑多な雑種な人間で反排外主義デモします。当日は、サウンドシステムを積んだリヤカーも出します!ぜひともおこしやす。

以下転送

排外主義を許さない5・30関西集会

********************************

   ■ ■ 排外主義を許さない5・30関西集会 ■ ■ 

~「在特会」「主権回復を目指す会」等の暴力を許さない街頭行動~

********************************

日時:5月30日(日)14:00~15:30(集会)
          16:00~(デモ出発)
場所:扇町公園(地下鉄堺筋線「扇町」・JR環状線「天満」下車すぐ)
   ※雨天の場合は隣接する北区民センター

http://www.mapion.co.jp/m/34.7007222_135.51185_8/v=m2:%E6%89%87%E7%94%BA%E5%85%AC%E5%9C%92/

主催:排外主義を許さない5・30関西集会


連絡先:〒550-0021 大阪市西区川口2-4-28
    [FAX] 06-6582-6547 [TEL] 06-6583-5546
    [e-mail] shukai_530@yahoo.co.jp

なお、5月20日15時現在で賛同人が346人、賛同団体が117団体となっています。
http://shukai530.blog21.fc2.com/blog-entry-28.html



排外主義を許さない5.30関西集会への賛同呼びかけ
 「在特会」=「在日特権を許さない市民の会」を名乗る排外主義集団による襲撃や暴力行為が横行し、見過ごすことのできないものとなっています。

 埼玉・ 蕨市 では、在留特別許可を得ることができたフィリピン人の中学生の通う学校へとデモをかけ、「外国人を叩き出せ」と叫びました。

 京都では朝鮮学校に押しかけ、学校の校門前で拡声器で「あなたたちはスパイの子だ」「こんなものは学校ではない」と叫びました。

 日本軍「慰安婦」の問題への取り組みに対する襲撃は全国で行われ、西宮「水曜デモ」への襲撃では負傷者を出しています。

 カトリック玉造教会で開かれた「カトリック正義と平和協議会」の集会にたいして攻撃もしています。今、日本社会は大きな岐路に立たされていると言えるでしょう。長引く不況と未来に展望が見いだせない閉塞感の中、在日外国人を虐げ、差別することで自らの居場所を確認しようとする人々が、全国的に拡がってきています。

 こうした動きに対し、ここ関西においても多くの人々が対峙し続けています。私たちは5月30日に大阪で排外主義に反対する集会・デモを開催する準備を進めています。排外主義の動きを封じ込めるために、多くの、多様な人々と繋がり、社会的な包囲網を関西において形成していきたいと考えています。

 一人でも多くの個人、団体がこの趣旨に賛同し、実行委員会に加わっていただき、その集会をそうした場にしていきたいと思います。関西から全国へと繋がる反排外主義運動の大きなうねりを創り出す、その第一歩を共に踏み出しましょう。

【主催】 排外主義を許さない5・30関西集会実行委員会
【連絡先】 〒550-0021大阪市西区川口 2-4-28「連帯ユニオン内」
 FAX: 06-6582-6547  TEL:06-6583-5546
 メール shukai_530[@]yahoo.co.jp
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。