World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


壁反対運動への弾圧 

Category: 未分類  
転載・転送歓迎!!

パレスチナ反アパルトヘイト・ウォール草の根キャンペーン

jamal520[1]

ストップ・ザ・ウォール・キャンペーンの事務所が襲撃される。

2010年2月8日 昨晩、ラマッラーにあるストップ・ザ・ウォール・キャンペーンの事務所が襲撃された。10台ほどのジープや軍用車両、武装バスが建物を取り囲み、兵士達は、部屋を捜査し、オフィスのなかをひっくり返し、コンピューターのハードディスクやノートパソコン、ビデオカメラ、さらに、書類やCD、ビデオ・カセットまでも押収した。

キャンペーンに対するこの攻撃は、強められつつある反「壁」運動への弾圧の一環であり、ジャマル・ジュマとムハンマド・オスマン――二人とも、強い国際圧力によって釈放された――の逮捕に続くものである。逮捕作戦は今も継続しており、現在約40名の反「壁」運動の活動家が、彼等の草の根の大衆運動や国際的な啓発活動のために、イスラエルの監獄に拘束されている。

彼等の多くは、「壁」に対する激しい抵抗で有名な、ニイリーン村の住民である。強化されつつある逮捕作戦の一環として、先月、20名が逮捕されており、これは、この村における草の根の反「壁」運動を標的とした逮捕作戦のなかで、最も厳しいものであった。

占領軍は、また、外国の活動家も標的としている。国際連帯運動(ISM)で活動していた二人の外国人が[2月7日に]ラマッラーで逮捕されている。その数日前の晩、占領軍は、彼らが滞在していたアパートを襲撃していた。先月、同じグループのもう一人の活動家がラマッラーで、夜中に急襲され、逮捕・国外追放されている。

草の根の大衆運動に対する攻撃が続いているが、「壁」に反対するパレスチナ人の闘争を屈服させることはできないであろう。現地における、そして、国際的な場における抵抗運動は、「壁」の撤去を要求した国際司法裁判所の決定が履行されるまで、止むことなく続けられるであろう。

※原文は下記のサイトhttp://stopthewall.org/latestnews/2177.shtml

抗議先: ニシム・ベンシトリット
駐日イスラエル大使Ambassador Nissim Ben-Shitrit
駐日イスラエル大使館Tel: 03-3264-0911
(代表)/ 03-3264-0561(広報室)FAX: 03-3264-0792
(広報室)E-mail: information@tokyo.mfa.gov.il

ベンヤミン・ネタニヤフ首相
Prime Minister Benjamin Netanyahu
Tel: +972-2-670-5555
Fax: +972-2-566-4838
Email: pm_eng@pmo.gov.il / bnetanyahu@knesset.gov.il

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。