World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鍋の底のインド人

Category: 未分類  
インド男に学ぶ色即是空

ブッタガヤを訪れる人々の多くはチベタン、タイ、ブータン、ビルマなどからの坊さん、仏教巡礼者、団体、家族たちだ。日本からは俺のような個人旅行者がちらほらしている。俺は修行中だけあって常に旅行者を視姦(目で犯す)している。
 だが,ここに来る邦人旅行者のタイプはアベ・マリア(処女マリア)系や皇室系(皇室アイドル・ノリピー系)が多い。もちろん,全国の皇室ファンや処女マリアファンには大そうなご馳走であろう。ただ、俺の日本で作られた美意識はどうもそれとは違う。あらためて自分の美意識が、造形された日本の広告アイドルやAV女優的であることに気が付かされる。この美意識はどう考えてもテレビやマスコミ、街に貼られたポスターなどのサブリミナル効果、ドンキーホーテー効果(同じ音や映像を繰り返し垂れ流す)が原因であるとしかいえない。その証拠に多くの人は巨乳が流行れば巨乳に飛びつき、ロリコンが流行ればロリコンがもてはやされる。これはテレビや広告のチャンネル次第でいかようにも変わる。

話がそれたので少し戻す。俺はこのアベマリアや皇室系の旅行者を見ても股間の膨張率があがらなかった。かつて巨人の顔であった
クロマティーの打率のようには上がらない。どっちかというとチャンスに弱い原辰則といったところだった。
しかし、インドの男タチは違う。相手がアベマリアだろうとノリノミヤだろうと60後半のおばちゃんだろうと血気盛んに激突してゆく。

(これはまさしく、石原慎太郎のいうところの美しい日本の象徴であった特攻隊のようではないか!
それから、アベはアベでもマリアでもサダでもないシンゾウの方は「美しいクニ」とかいっているらしいですね。そこで、我が友の杉山J太郎くんは「美しいクニ」の「ク」と「ニ」の間に「ン」をいれようと提案を出しました。「美しいクンニ」。なんという素晴らしいフレーズなんだろう。「今日、我が国日本に足らないのは、美しいクンニであります!なめろや!なめろ!一億三千回!!男性優位なセックスから脱却せよ!」)

また、話がそれたが、このインド男のこだわりのなさ、差別のない美意識、これこそまさに「空」の精神、色即是空、空即是空であります。ここに日本仏教の一番ポップな経典「般若心経」の実践があった。俺はインド男に恐れおののき、チベタンが地に這いつくばって拝み伏せる五体倒地をせずにはいられなかった。

それからというものの、インド男の色即是空を学ぼうとしたせいか、禁欲生活がこうをそうしたのかどんな子が私の前を通ろうともただで返すことはなくなりました。これぞ、まさに空。差別のない曇りのない、こだわりのない生き方。あるがままに。すばらしい!

(といいつつも、やはりインドの社会構造から見ると結婚前のインド人カップルのセックスは容易ではないだろうし、結婚できない人やチャンスのない人にとっては誰であろうとやりたいという願望がそうさせてるという面もわすれてはいけない。)


期待と幻滅もまた空なり

こういった生活の中でますます仏教が身近なものになってきた。さらに仏教のすごさにも酔いしれていた。
しかし、酔いなどいつまでも続くはずもない。翌日来るのは二日酔い。そう相場じゃ決まっております。

ブッタガヤは数年前に世界遺産に認定されたらしい。世界遺産と同時に街の整備化も進められている。そのため、まずは汚い物売りを強制的に移動させるらしい。その後、昔からここに住んでいる住民たちを強制的に移動させてしまう予定だという。ブッタガヤのおもしろさは地元民の村と世界各国の仏教の寺が混在しているところにある。
さらに確かかどうかわからないが、地元の人の話ではブッタガヤの新しい地図が作られている。だが、その地図には住宅地はおろかヒンドゥー寺院やイスラム寺院も載っていないという。また、一連の整備化を行っている州政府をタイ仏教やチベット仏教など仏教関係者が支えてるとも話していた。真相は全くわからない。が、もしも確かなら相当な問題をはらんでいる。
どちらにしても街が整備化されればもっと観光客は増える。各寺にはホテルがあり、土産物屋もできる。そうなれば、各寺は潤う。これが、本当ならかなり幻滅する。

でも、待てよ、と思い返してみる。人間ひとりとして完璧な人がいるのか? と、、、、、んなもんいるわけがない。不完全な人間たちが群がって完璧なことなど到底できるわけない。どんなにすばらしい思想、考え方であろうとそれを完璧に実践するなどできるわけない。仏教だろうとなんであろうと金の癒着は絶えない。数の力で弱者を切り捨てるのも絶えない。

かといって、それで話を終わりにしてもなにも始まらない。どんな思想、宗教、考え方の中にはいい面が多分にある。完璧になれない人間だからこそ、思想や宗教の文学的には完璧な教えが必要なのかもしれない。そして、実践してゆく。よりよく生きてゆくためにも。まずは、自分の弱さ、人の弱さをしることが大切なのかもしれない。

それから、おかしなものに対しては断固食いつかなきゃいかんと思う。たとえ自分の好きな仏教徒や坊さんだろうと、政府だろうと主義だろうとバンドだろうと、金や権力との癒着を許しちゃいかんと思う。それがまた仏教の教えでもあると思う。

そもそも俺は勝手に仏教に期待してた。で、勝手に幻滅していた。ただそれだけのことだった。
んなに理想的な集団であっても、必ずそこには不の面があると思う。それらを知った上で自分やみんながよりよく生きられるために、いろんなこと勉強して実践してくのがいいと思った。やっぱり、人間は完璧じゃないですからね。


※写真は青空学校のこどもたちと一緒につくった学校案内パネル。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。