World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


上京します

Category: 未分類  
今月末1週間だけ上京しますんで、友人のみなさん、遊んでください。っていうか、11月25日に高円寺で上映会やるんで来て下さい。

最近、わたしは、相方のノエさんと大阪の西成に越してきた。西成の釜ヶ崎ってとこは日本で一番、野宿生活者が多かったり、日雇い労働者の安宿が多いエリアだ。2008年には暴動がおきてる。この暴動は、オマワリが日雇いのおっちゃんを監禁して、殴ったり、首絞めて、逆さづりにしたのが原因らしい。日常的にオマワリの暴力がよくあるらしい。ちなみにオマワリはこのエリアの人間を「ヨゴレ」って呼ぶって言うんだから、最悪だ。で、この暴動のとき、この辺のおっちゃん、兄ちゃん、ねえちゃんたちが怒って、警察署の壁をぶっこわしたらしい。これはすごい!みんなで一人の機動隊を捕まえて、ボコボコにして、機動隊の装備をみんなでつけて遊んだり。それから、機動隊へ投石、花火の祭りが3日間つづいて、最後は放水車がでたっていうから、今後も暴動の期待ができる。というか、怒って当然だ。


私は仕事を探してるふりはしてるのんだけど、やる気があんまりないせいか面接に受からない。で、今週からは、相方のノエさんが仕事に行き出したので、私は念願の専業主夫になった。朝、ノエさんを送りだしてから、掃除や洗濯、家事なんかやって、読書をしたり。主夫はけっこう忙しい。読まなくてはいけない本がたくさんある。

それから、大阪は意外とデモが多い。だから、よくデモへゆく。デモの趣旨は、反天皇や反レイシズム(反人種差別)だ。で、最近、「在日特権を許さない会(在特会)」っていう市民運動型の右翼がいて、デモや集会の妨害にやってくる。彼・女たちは「日本から朝鮮人やシナ人や反日左翼はでていけ!」とか叫んだり、在特会に文句いう人を集団で襲ったりしている。今年のいつだったか、在日フィリピン人家族が強制送還になったときに、在特会がそのフィリピン人家族の子どもが通う学校の前で「日本から出てゆけ!」などと大勢の大人が叫んだりとか、デモしたらしい。この学校はいろいろな国の両親を持つ子がいるっていうのに。

「日本人」以外は日本からでてゆけとか、「日本」で生まれ育った人間に日本から出てゆけとか、っていったい、どこへ行けばいいのか?じゃあ、死ねってことなんかなんて思う。この在特会、意外と若い奴が多い。けど、あんまり人気が伸びないせいか、日に日に言ってる内容が過激になっている。

そもそも、日本はいろんな人間が住んでなりたってるわけだし、特定の人間しか住めないというのはあまりにも恐ろしい社会なんじゃないかと思う。それに、この辺の格安スーパーのレジのねーちゃんたちは中国から来た子ばかりで、さんざん安い労働力として使うだけ使って、それで出てゆけか。お前、ユニクロの中国産の服きてるんじゃねーのかとか、まったくもって、エゴじゃないのかと。いくら世の中不景気だからって、自分より立場の弱い人間に当たるのは非常にかっこ悪いと思うし、最悪だと思う。

私は、在特会の人に、お前も貧乏なんだから、政府とか強い奴とやりあえよって、言ってる。在日の人とか左翼とかアナキストに文句いうのは簡単だし、なにも変わらんと思う。それに、レイシズムはナチスや南アフリカのアパルトヘイトやシオニズムと同じなんだから、もう時代に適してないし、将来がない。

自暴自棄になるなら、やっぱり政府や企業にそのエネルギーをむけた方がいいと思う。


それから、こんなイベントがあるのでよかったら来て下さい。

☆ビラビラ
http://cubaentaku.web.fc2.com/sub/091129.pdf




08 年~09 年 キューバ体験者 大いに語る!

会場 パルシステム生活協同組合連合会本部5階会議室
(東京都文京区小日向 4‐5‐16 地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅下車)
連絡先(フォーラム当日) 090-9208-6452

参加費 1000 円 ※円卓会議の会員は500円

11 月29 日(日) 13 時~16 時30 分

【第1部】 講演
講師(予定)
伊高浩昭さん 「社会主義の現状と展望」
ジャーナリスト・立教大学講師。
訳書に『フィデル・カストロ後のキューバ』など

志賀直輝さん 「そうだ! 楽しいかくめい生活をしよう!」
29 歳。アナキスト(支配や強制がない社会を望む人)・アクティビスト。3年間海外放浪。
今年4月~6月キューバ青年の島で日系移民の家庭で漁師体験

大森ちえさん 「キューバには愛があふれている」
「あ~す農場」(兵庫県朝来郡和田山)。有機農業で自給自足の縄文百姓。08 年5月~2か月間、2度目のキューバでメーデー体験!

★ほか交渉中

【第2部】 トークセッション
国際ブリガーダ2009 の参加者による報告会

芳賀法子さん&息子たち
大学生、高校生、中学生の3人の息子と親子4人!で参加

内田 舞さん 大学院の聴講生。日本文学を専攻。
友達の紹介でキューバを知り参加。

森澤具範さん 東京の建築現場で働いている。
「キューバに自転車を送る会」の案内を
友人からもらったのがきっかけで参加。

会場:パルシステム
東京メトロ丸の内線「茗荷谷駅」下車徒歩4~5分
お問合せ先 ★ キューバ友好円卓会議
FAX 03-3415-9292
e-mail cuba_entakujp@yahoo.co.jp
〒157‐0073 東京都世田谷区砧 8‐15‐14‐101
スポンサーサイト


Comments

もう半年ぐらいしてません
気軽に会える方って居ませんか??あんまり経験のない人は少しお断りかなぁ・・・。 happy-my.life@docomo.ne.jp

Leave a Comment

プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。