World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イスラエルでビリン村弾圧への抗議デモ!

Category: 未分類  
こんにちは。
4月17日・パレスチナ・ビリン村の分離壁反対デモの最中にパレスチナ人Basem Abu Rahmeさんを殺したイスラエル政府に抗議するデモがイスラエル・テルアビブで、4月18日、土曜日に行われました。

主催者は、イスラエル・アナーキストたち、イスラエル兵役拒否団体などです。
デモには、約500人ほどが集まりました。デモ隊は、ラビン広場から出発し、イブン・グビロール通りを行進しました。

ユーチューブにアップされております。こちらをご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=VXRoAZkKqik
簡単な訳をつけました。

抗議バーナー:
『イスラエル軍は軍服をきたテロリストだ』

シュプレヒコール:
『1、2、3、4 市役所を追い出せ! 。。。』

スピーカーで話す男性:
『彼が昨日ビリン村で殺されたことを知った際、まず私たちが最初に感じたのは、悲しみでした。
男性は、今まで石を手に持ったこともない無謀力抵抗の意思をもつ青年でした。平和を愛し、分離壁建設以来、4年半にわたって、抵抗運動を行ってきました。風の強い日でも、彼は先頭に立って、兵隊達や隊長にヘブライ語で、なぜ反対しているのかを説明しようとし、分離壁建設反対を訴えてきました。
彼が撃たれた時のビデオで見たと思いますが、誰かが近くで怪我をしたので、『隊長!待ってください。怪我人が出ています。待ってください。』とイスラエル軍に呼びかけ、その呼びかけている最中に胸を撃たれて倒れました。胸に受けた催涙弾は、心臓に穴を開けました。死因は出血多量ではなく、胸に受けた弾による怪我です。

ビリン村での抗議デモに参加していた我が友達は彼と知り合い、彼のことをよく知る機会があったか
と思います。私たちの国は、パレスチナの人々の私有地を没収し、彼らに対して理由のない暴力をふるっています。
この事件は、今まで私たちが歩いてきた抵抗運動に傷を付けられた気持ちでいますし、今回の事件は、私たちの現在の状況を物語っています。。。。ありがとう。』
美恵子
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。