World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ガザからの報告/学校再開初日

Category: 未分類  
********* 転送可 **********

ガザからの報告――アブデルワーヘド教授

【メールその40】
日時:2009年1月24日18:38
件名:学校再開初日


ガザ市内の学校が再開された初日、精神的外傷を負った生徒たちのさまざまな物語が新たに分かった!たとえば私の末の息子は学校に行きたがらない。イスラエルが新たに攻撃を仕掛けてくるかもしれないと言って恐がっているのだ。息子は、もと治安警察の複合ビルに対するF16による奇襲攻撃に遭遇していた。その場で5人の市民がーー通りがかりの者たちだったーー即死した。うち3人は、息子がスクールバスを待って立っていた場所からほんの数メートルのところで亡くなったのだった!大丈夫だからと、学校当局は今日一日まるまる、子どもたちを楽しく遊ばせようと心を砕いているからと、息子に納得させるのは至難の業だった。

ところで、12歳になる息子のカリームは、クラスの優秀者名簿の筆頭で、学校や先生たちのことが大好きだ!その息子が学校から帰って、侵攻によって傷ついた他の者たちの話をいろいろ聞かせてくれた。どの生徒にも新たな恐怖の物語がある;誰もが心に傷を負っている!

長男のハルドゥーン(16歳)は、アメリカのパスポートを持っているのだが、彼から聞いたのは、一人の生徒が空襲で殺されたこと、また、ほかの生徒が手を負傷して病院に担ぎ込まれたことなどだった。その生徒は、病院に着くやいなや、手を切断された。学校もぞっとするような話で満ち、悲しみに沈んでいた。

17歳になる娘ソムード、彼女もアメリカのパスポートを持っている。彼女は私と長時間にわたる話し合いの末、学校に行った。学校が再開された初日のようすを見てくるようにと、私は娘を説得した;それは問題なかった。学校で、彼女は、イスラエル兵による拷問について微にいり細を穿った話を聞いてしまったのだった!娘が学校を出て歩いていると、彼女の同級生が地面を強く蹴った。砂が燃え上がった。爆弾の破片があったのだ:イスラエル軍が撤退して8日たっても、白燐弾が残っていて、ある状況のもとで発火するのだ。

昨夜はゆっくりと眠った。この30日以上ものあいだで初めてことだ。だが、子どもたちのことがなおも心配だ。子どもたちのうち2人は依然、自分のベッドで眠ることができない。 子どもたちがふつうの生活に戻れる
よう、ケアし続けなければ。


******転載・転送歓迎******

【東京】CAPPディアスポラ研究会シンポジウム「ディアスポラの力を結集
する──ギルロイ、スピヴァク、ボヤーリン兄弟」

---------------------------------------------------------------------------
ユダヤ・ディアスポラの思想経験から近代世界を乗り越えることを試みた
画期的な一書、ジョナサン・ボヤーリン&ダニエル・ボヤーリン著『ディ
アスポラの力──ユダヤ文化の今日性をめぐる試論』の翻訳刊行(2008年)
を機に、ボヤーリン兄弟と問題意識を共有するポール・ギルロイ、G・C・
スピヴァクらの訳者・研究者を迎えて、「ディアスポラ」をめぐる多角的
なディスカッションを行ないます。(案内文より)
-----------------------------------------------------------------------------

2009年2月6日(金)午後1:00-6:00

■会場:東京麻布台セミナーハウス大会議室(東京都港区麻布台
1-11-5/Tel:03-5545-7789/地下鉄神谷町駅3分)
http://www.keiho-u.ac.jp/research/asia-pacific/access.html

■プログラム:
第一セッション:「ユダヤ・ディアスポラとブラック・アトランティック
の出会う形」
  鈴木慎一郎、浜邦彦、合田正人、赤尾光春(=司会兼)
第二セッション:「ディアスポラとサバルタンの位相」
  本橋哲也、鵜飼哲、上野俊哉、早尾貴紀(=司会兼)

■参加費:無料/一般公開

■詳細情報:
http://hayao.at.webry.info/200901/article_8.html

■主催:CAPP(アジア太平洋研究センター)ディアスポラ研究会
 コーディネート:赤尾光春・早尾貴紀(CAPP研究員)

アル・ガド掲載ページ:
http://d.hatena.ne.jp/al-ghad/20090206/1232845413

********************

******転載・転送歓迎******

【石巻】イスラエルはなぜガザを攻撃するのか?──『レインボー』上映+
早尾貴紀講演

2009年2月8日(日)午後2:00-4:30

■会場:石巻文化センター2階研修室(宮城県石巻市南浜町1-7-30/
Tel:0225-94-2811)
http://www1.odn.ne.jp/~adf53200/center/bun_c/root/map.html

■ 『レインボー』上映

■講演:早尾貴紀(社会思想史研究。東京経済大学非常勤講師)

■参加費:無料

■主催・問い合わせ:いずみ文庫
 Tel:0225-22-0508(日下)

アル・ガド掲載ページ:
http://d.hatena.ne.jp/al-ghad/20090208/1232758514

********************

******転載・転送歓迎******

【横浜】「ガザで何が起きているのか ~パレスチナに生きる人びと~」
『ガーダ パレスチナの詩』上映+ゲストトーク

2009年2月7日(土)午後1:30-5:00(1:00開場)
 映画上映:午後1:30-3:20/ゲストトーク:3:30-5:00

■会場:県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)5階映像ホー
ル(横浜市栄区小菅ヶ谷1-2-1/JR本郷台駅すぐ)
http://www.k-i-a.or.jp/access/index.html

■ 『ガーダ パレスチナの詩』 撮影・監督:古居みずえ(2005/日本)上


■ゲスト:土井幸美(パレスチナ子どものキャンペーン ボランティ
ア)

■対象:高校生以上

■参加費:無料

■定員:130名/事前申し込み制(当日参加も可。定員を超える場合
は先着順)

■問い合わせ・申し込み:県立地球市民かながわプラザ 学習サービ
ス課(担当:天沼) Tel:045-896-2899/Fax:045-896-2299(祝日を除く
月曜休み)/メール:gakushu@k-i-a.or.jp(件名【2/7地球市民ひろ
ば】)
※申し込みの際には、名前・連絡先のほか、いくつかの事項を伝え
る必要があります。以下の詳細情報のページでご確認ください。

■詳細情報:
http://www.k-i-a.or.jp/plaza/news/20090207_ghada.html

■主催:地球市民かながわぷらざ(かながわ国際交流財団)

アル・ガド掲載ページ:
http://d.hatena.ne.jp/al-ghad/20090207/1232848168

********************


 1986年、イギリスの新聞「サンデータイムズ」が、イスラエルが、200発
あまりの核弾頭を持っているというスクープ記事を掲載しました。世界を騒然と
させたイスラエルの核武装を暴露したのが、イスラエルのディモナにある地下の
秘密核開発施設で技師として働いていたモルデハイ・バヌヌでした。
 
 彼がイスラエルの核武装を暴露し、お尋ね者になり、逮捕されて投獄されるま
でをドラマで描いた番組がNHKBS1で放送されます。
 
“核”の内幕 第4回 イスラエルからの告発 ~地下核施設を暴露した男~
 http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/080725.html
 
 放送日:1月29日 木曜日 後9:10~10:00
     2月6日 金曜日 前10:10~11:00
     

==============================
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。