World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ寺で修行しよう

Category: 未分類  
一週間ほど滞在させてもらった孤児院の紹介で、タイの寺へ行くことにした。孤児院の最寄の街からバスに乗った。そして、なんもないところで下ろされた。地理がまったくわからなかったから、近くにいた兄さんを捕まえてバイクに乗せてもらった。ちょっと進むとへんぴな森の中に大きな寺があった。

 この寺の住職は、日本国籍をもったお坊さんだ。そのほかにも3人邦人のお坊さんがいる。みんな、国や家を捨てて寺で修行している。彼らを○○人というより、ブッタの弟子っていった方がよい気がした。

 中に入ってちょっと話だけでも聞こうと思っていた。したら、邦人のお坊さんに「はい、修行者ですね。ここに名前書いてください。」「はい、じゃあ、今日から修行ということでいいですね。」と有無を言わずに修行することになった。坊さんに強引に押されるのも満更悪い気もしなかった。

 彼に寺の各所を案内してもらった。彼はトータルで10数年坊さんをしている。彼は日本で23回仕事を辞めて、坊さんも4回辞めたと語っていた。仕事を辞めた理由は毎回、深酒が原因だったようだ。みるからにアル中だった感じがした。坊さんを辞めた理由は、すべて性問題が原因だったらしい。ちなみにタイは上座部仏教のため出家者は、結婚、セックス、オナニー、男色、酒、タバコ、音楽、その他もろもろが禁止されている。さらに女性と二人きりになるのもだめだ。
 そんな状態で瞑想するから、やはり脳裏に出現するのは、裸の女だったんだろう。こうして、彼は、瞑想中に現れる女性との絡みの結果、在家と出家の出戻りを繰り返したようだ。

 慣れるまで寺の生活厳しかった。上に書いたように、酒やタバコの禁止はあたりまえ。ご飯は午前中に一日一回。なにより、オナニーの禁止は堪えた。しかし、次第になれていくと、オナニーを止めることによって集中力が増して行くんじゃないかとも思えるようになった。まぁしかし、破壊が大好きなアナキストとしては破戒せずにはいられなく、しっかりオナニーをさせてもらった。ご馳走様でした。合掌。
 
 朝は、3時に起床。本堂へいって、立つ瞑想、歩く瞑想、座る瞑想をする。鼻からゆっくりと意識して呼吸する。この呼吸が実に重要らしい。鼻からゆっくり息を吸うことによって、神経は交感神経に入る。また、ゆっくりと息を吐き出すことによって副交感神経に入る。朝は目を覚ましたいから、吸う方を長くしてみる。また、リラックスしたいときは、吐く方をながくする。これを極めてゆくと、ものすごい集中力が得られるらしい。
 不良坊さんから、もしも草やケミカルでバットトリップに入ってしまったら、寝てゆっくりと鼻から呼吸をすることだとアドバイスをいただいた。また、マントラを唱えるといいともいわれる。

 毎日、瞑想してゆっくりと呼吸するため、あんまりイライラしなかった。また、考えも気持ち悪いぐらいポジティブになる。それに免疫力が上がるらしいのでいろんな病気にも効果があるようだ。とにかく、金がかからずどこでもできる健康法だから、これはお勧めできる。

 瞑想、お経を唱えた後は、托鉢にでかける。裸足になって街の人々から食べ物をもらう。タイは本当に仏教への信仰があついことがわかる。市場にゆくとトラックに積みきれない程、食べ物が集まった。ちなみに、このお寺は修行者が多いため、けしてあまらなかった。もしもあまったら寺に雇われてるモン族の人々へ配られるらしい。

 托鉢の後は、ご飯の準備。時計の針は9時前ぐらい。もう6時間ぐらい起きてるから、お腹がきゅるんきゅるんいってくる。準備が終わると、ようやくご飯を食べられる。一列に並んで托鉢でもらった食べ物をビュッフェ形式でよそる。これには、泣きたくなるぐらい、ご飯をくれた人やご飯自体に感謝した。普段、ご飯が食えて当たり前だと思ってる自分にはいい薬になった。
 ご飯を一日分詰め込んだ後は、眠気が襲ってくる。しかし、その後、洗濯や掃除をしなくてはいけない。終わってホッとしていると、毎回お坊さんに誘われて、木こりの仕事をしにゆく。木こりは実におもしろい。この寺の森はすべて植林だから、定期的に間伐を行う。長い日は昼過ぎから、夜中まで作業した。
 
 そのとき、坊さんたちといろんな話をした。
 元アル中の坊さんは中学生の時、三里塚の闘争に参加したと語ってくれた。彼は新空港建設のために農民の土地を奪う政府が許せなかった。だから、親父に電車賃をもらって一人で上京したらしい。彼は、未だにそのときの気持ちを忘れてないといっていた。むしろ、俺は今でも活動家なんだと熱く語っていた。彼はこういっていた。「仏教徒は世の中に対するテロリストなんだ。まさにゲバラのようなゲリラなんだよ。この寺はゲリラの基地、聖域だ。ゲリラは常に大衆から支持を受けなくちゃいけない。托鉢はその物資支援。また、ゲリラは大衆にお返しをしなくたはいけない。だから、寺を開いて修行や説法するんだよ。」
 さらに、いろいろ語っていくうちに、寺のシステムと社会主義やアナキズムの共通点が会話にあがってきた。

 寺は、徹底した貨幣制度を禁止している。お坊さんはお金を触ることすらできない。また、どんな坊さんも在家も同じ飯を食べる。仕事をしようとしまいが、すべて配給は同じ。だれかに特別の力はない。いるとしても住職=リーダーぐらい。また、お寺のイベントで評議会が行われる。これは全会一致の徹底討論らしい。これには、驚いた。まさかマルクスやバクーニンはブッタの本を読んでいたんじゃないかって話になった。

 その後、ここの住職と話がすることができた。彼はタイで5本の指に入るほどの人気坊さんらしい。活動家坊さんから、住職はむかし重信房子に会いにいったことがあると聞いていたのでそれを聞いてみた。しかしあっさりと濁された。
 次は「世界から戦争を無くすにはどうしたらいいか?」とたずねてみた。そしたら「金」だよ。といわれた。思わず爆笑してしまった。彼は続けて語った。
 「まず金を1000万ぐらい作って組織を作りなさい。それをアメリカにおきなさい。そしてアメリカのこどもたちに訴えなさい。」と。
 さらに俺は戦争反対の原動力が怒りだと伝えた。しかし、仏教では、どんな怒りももつものではないといっている。彼も同じようにいった。
 「怒りは必要ない。ブッシュを愛しなさい。ブッシュには戦争もできるし、やめさせることもできる。」と。
 なんだかとんでるなーと思った、でも彼の顔つきはシニカルだった。どちらにしても、できいことをやるなら金が必要だろうし、アメリカのこどもに訴えろってのはいいと思った。
 そんな彼は、寺に入るお金(お布施)を手元にはおかずに、すべて財団に流している。そして、お寺の財団はタイ国内の経済的に恵まれない子たちに無償で奨学金をだしている。トータルで4000人近くに出している。また学生にブッタの教えも教えている。
 ブッタは、徹底した無戦主義だ。また、カースト制度を否定した平等思想だ。
 勉強をしたい学生へお金を出し、教育を与える。そして、ブッタの無戦主義で平等思想が伝わる、たしかにこの寺はひそかなゲリラだと感じた。
 また、タイは政教一致のため、この住職に首相や大臣が相談に来るらしい。彼は、そのつど、仏教を元にアドバイスをだしている。タイのクーデター以前、タクシン首相は「首相をやめたい、やめたい」と愚痴をこぼしていたらしい。しかし、クーデターが起き、国民が「タクシン、やめろ!」と言えば言うほど、タクシン自身は「絶対やめねーよ!」と言い出したらしい。住職は、もしも国民が「タクシン、一生首相をやってください!」といえば、彼はすぐに首相を辞めてただろうと語っていた。だから、ブッシュにもおなじようにしなさい。とつなげてた。

 最後に、住職に「ブッタはアナーキストですか?」と聞いてみた。そしてら「そうです。」とかえってきた。これには笑った。


 上座部仏教の国で、お墓を見ない。なぜかというと、輪廻転生が信じられているからだ。輪廻転生=死んだら生まれ変わるなら、別に墓は必要ない。
 それとこちらの仏教徒は、カルマ(業)という考えが強い。たとえば、俺が売春婦に殺されるとする。しかし、家族は俺のカルマだから仕方ないと復讐はしない。さっぱりと諦める。このカルマというのは、俺が前世で行った行為。俺は前世で買春する男を殺したことがあるって考える。前世で人殺しをした者は、現世で誰かに殺されると考える。だから、それを断ち切るために、復讐は一切しない。
 戦争で殺されるこどもたちも、前世でこどもを殺していた、という例えをお坊さんがしていた。これには、腹がたった。しかし、戦争がずっと復讐として連鎖しているのは事実だ。この連鎖が断ち切れない限り戦争は終わらない気がする。もしも、カルマという考えに従ったら、この復讐の連鎖は切れるかもしれない。そう考えると、あながち、カルマや輪廻転生が悪いものではない気がした。
 
 仕事がない日は、哲学書ばっかり読み漁り山頭火みたく悲観的なことばっかいってる坊さんの部屋にいた。そこでは、いつも禁止されているはずのタバコを接待してくれる。
 彼は、もう15年ぐらい坊さんをしている。オナニーも15年していないと語っていた。これには尊敬した。なんだか尊い人にみえた。オナニーしない性欲が彼を不思議なオーラでつつんでいる気がした。いや、そう考えたほうがおもろい気がした。
 そんな彼は40代半ばだ。彼いわく、40代は最後の性の足掻きがあるらしい。だから、40代の坊さんはみんな性問題に悩まされいるらしい。そんな激しい性欲を抑えるために、彼らは死体写真を見る。写真は内臓がとびちってる物からミイラ物まで。一瞬、死体趣味なのかたと思った。死体写真を自分と照らし合わせて、自分も死体と同じように気持ち悪い存在と考えるらしい。でも「死体写真も見慣れますよね?」って聞いたら「見慣れますよー。」ってかえってきた。そりゃ、そうだ。
 このお坊さんには俺に対する口癖があった。お坊さんの部屋へゆくたびに「シガさん、インドに行ってはいけないよ、いったら僕みたいなゴミになるよ。日本へ帰ってかあちゃんとだけやってなさい。」これは彼の後悔にも聞こえた。
 
 お寺でお坊さんたちと様々な話をした。宗教、政治、革命、エロス、戦争、超常現象、カルト、ドラッグ、売春、殺人、犯罪。ここの邦人のお坊さんたちは、はっきりいってしまえば、日本の資本主義社会からみたら、無生産なゴミなのかもしれない。しかし、タイという仏教国で坊さんになったとたん、社会貢献し、政治に参加し、貴族と同等に見られ、みんなに拝まれる。これは本当に不思議だ。しかし彼らが人々に拝まれるぐらい修行をつんでいるのも確かだ。二年間、小屋に閉じこもって誰とも話をしなかったり、金を持たずにインドを放浪したり。
すさまじい。変態にもほどがある。
 
 今回、俺は一銭も金を使わなかった。そして、無償でいろんなことを教えてもらった。これこそが、活動家坊さんがいっていた、ゲリラ活動なのかもしれない。
 今後俺は、アナキストとしてテロリストとして仏教徒として、釈迦の教えを学んで生きたいと思った。怒らず、焦らず、執着せず、ゆっくりと、ひとつひとつ手放してゆく。これができたら、相当気持ちがいいでしょ。
 禁欲の果ての極上の快楽がまっている気がする。わたし、もう、濡れてます。
スポンサーサイト


Comments

okane tamatta?
軍隊は勝たなければ負け
ゲリラは負けなければ勝ち。聖者はまけるが勝ち。またお会いできます日を楽しみにしています。    アキ。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a Comment

プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。