World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


運を動かすために

Category: 未分類  
israel2.jpg

パレスチナへの占領を続けるイスラエル政府に反対するのはパレスチナ人だけではない。イスラエルの人々の中にも、もちろん反対している人たちはいる。6月7日イスラエルのテルアビブでパレスチナへの占領・隔離政策へ反対するデモが行われた。若者から年寄り、アナキストからコミュニストまでいろいろな人があつまっていた。

israel1.jpg

デモ隊の中で特に勢いがあったのが、太鼓を叩く集団・ピンクブロックのアナキストたちだ。イスラエルでもっとも活動的なのが、アナキスト・アゲンスト・ザ・ウォール(Anarchists against the wall http://www.awalls.org/)。彼らはすべての権威を否定するアナキストたちで、イスラエル政府が行うパレスチナへの占領・隔離壁などに真っ向から非暴力直接行動で抗議活動を行っている。パレスチナ各地で行われるデモや直接行動にいつもパレスチナ人の活動家や農民たちと一緒になって第一線にいる。彼らがたとえどんなに少数であっても、パレスチナ人からの信頼と連帯は強い。

israel3.jpg

また、この他にも様々なイスラエル人の団体がある。たとえば、イスラエル人女性の団体でパレスチナ各地にあるチェックポイントにゆく。そこでパレスチナ人に対して人権を無視した検査をする兵隊たちのCHECKをしたり直接兵隊に話しかける。もちろん兵隊は嫌がる。中には、怒りだす兵隊もいる。それでも彼女たちはめげずに占領反対を語りかける。

パレスチナとイスラエル入植地をツアーする団体もいる。この団体はイスラエルの若者たちを連れて、イスラエルから被害を受けているパレスチナ人民家を訪れたり、無数に点在する検問所を巡る。このツアーを妨害する兵隊や入植者がたくさんいる。それでも、彼らはこのツアーを続ける。

このイスラエル国内からの抗議はものすごく有効だと思う。パレスチナや海外からの抗議以上に重要な役割をもっているような気がする。イスラエル政府のやり方を変えてゆく力がイスラエルの人々には誰よりもあると思う。

israel4.jpg

デモにゆき、いろんなやつと話して思った。パレスチナ問題だけではなく、世界各地でおきている問題を同じように考え、悩み、なんとかせにゃいけないと考え、一緒に行動する仲間たちがどこにでもいることがわたしはうれしくてたまらない。そしてつながれること、これに勃起せずにはいられない。

ゆっくりだけど、ずっしりとした草の根運動。100年後かもしれない、500年後かもしれない。それでもいつか殺し合いがなく共存できる日がくることを願って、運を動かすために運動する。

israel7.jpg
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。