World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イスラエル兵に左目を撃たれた薫さんからの近況報告

Category: 未分類  
0 8年1月25日、パレスチナのビリン村のイスラエル占領フェンス反対非暴力デモで左目をイスラエル兵に撃たれて重傷をおった岸田薫さんから近況報告がきました。支援してくださった方々へのメッセージです。

前略、みなさまへ
ご無沙汰しております。いかがお過ごしでしょうか?

エルサレムでの手術、治療のあと、旅を一時中断することに決めて3月5日に帰国し、4月半ばに地元の広島で再手術を受け、さらにひと月あまりが経ちました。

その後の経過は順調で、最近の診察では担当の医師も「予想以上に」というくらいに左眼の視力は回復しています。
全体に薄っすらと白く濁って見える感じや、除去しきれなかったシリコンのカスが常に視野のなかで動いているのは元には戻らないようですが、それにもずいぶん慣れました。最初の手術時に角膜を人工のものに換えてあるのですが、それ自体に度が入っているため、数値上の視力は怪我の前よりUPしています。遠近感もだいぶつかめるようになってきて段差でコケそうになることもなく。いまでは日常にほぼ支障はありません。

一時は「失明か?」などとも報道され、大勢の方々、直接見知らぬ方々からまでもご心配いただき、またご協力、暖かいメッセージなどもいただきました。
異国での事故で、病院に運ばれ、手術台に乗り、当時は不安に陥ることも少なからずありましたが、そういう中、みなさまの気持ちがとても支えになり、人の暖かさが身に沁みて感じられました。

ずいぶん時間が経ってしまいましたが、以上、簡単にその後の報告と、あらためてみなさまに深く感謝を申し上げます。

ありがとうございます。

草々

岸田薫

PS わたしは、今月上旬よりパレスチナのヘブロンに戻り平和活動に参加しています。パレスチナの現状はいぜんとして改善はなくイスラエル政府や入植者からの激しい暴力と管理がつづいています。ひきつづき、世界各地からの支援と連帯が必要な状況だと思います。WE ARE EVERYWHEREということでどこにいてもやれることはあるとおもうし連帯できるとおもいます。団結がんばろー!と叫ばずにはいれません。YES! しが なおき

kisida.jpg
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。