World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『バヌヌを救おう。バヌヌに自由を!』キャンペーン 

Category: 未分類  
=====================================
『バヌヌを救おう。バヌヌに自由を!』キャンペーン 

images.jpeg


もし、あなたが働いている職場が世界人類の命を脅かす可能性のある原子力兵器の開発を行っていることを知ってしまい、しかもその開発は刻々と進められていることを知ってしまったらどうしますか?

その科学兵器保持は国際法に違法しており、量的、質的に近隣諸国を一気に絶滅させるだけの威力を持っていることに気がついてしまったら
どうしますか?

ただ黙って給料をもらって働いていくことに疑問点を感じるかも知れません。。
バヌヌ氏は元イスラエルのトップクラスの科学者でした。イスラエルのディモーナという砂漠の小さな町に、核兵器の開発センターがあります。そこでバヌヌ氏は、科学者として勤めていました。そして内部の様子がわかればわかるほど、イスラエルが開発し続けている兵器は、世界滅亡につながるほどの威力を持っていることに気がつきました。

モルデハイ・バヌヌ氏は、死ぬ覚悟で、このイスラエルの核兵器と科学兵器開発計画にストップをかけようとしました。22年前、彼自身が撮った写真も含めるイスラエルの核兵器開発計画の詳細をイギリスの一大新聞社(サンディタイムズ)に提出しました。このニュースは世界を驚愕と脅威にふるわせました。そして、世界中の非難をイスラエル国は一気に受けました。
彼の報告は、イスラエル国を裏切った行為だったのです。写真による証拠があるにもかかわらず、イスラエル国はバヌヌ氏が提出した書類に記されている化学兵器保持及び開発計画を否定しました。

しかし、イスラエルは、モサドというイスラエルの海外向け秘密諜報機関を使って、身の危険を感じ海外に潜んでいたバヌヌ氏を見事見つけ出し、
逃亡中だったイタリアから、暴力と強度の睡眠薬を利用して無意識のままイスラエル国に連れ戻し、18年間の懲役に服させました。殺されなかったことが幸いだったとも言えます。
18年間の監獄生活を終えたバヌヌ氏は、現在に至るまでアラブ人地区である東エルサレム内に滞在しています。バヌヌ氏は出獄の際、今後一切外国人に本国のことを話さないように申し渡されていましたが、バヌヌ氏は日本を含む海外からの訪問者のインタビューに答え続けました。常に携帯電話の波長を利用して、監視されています。外国人と会って話しているだけで何度も警察に押し入られ、連行、拘束を繰り返しています。

外国人と話した罪で、現在再度の6ヶ月間の懲役を申し渡されています。
裁判の決着はまだついておらず、現在もバヌヌ氏は、言動の自由、行動の自由を許されないまま東エルサレムに生きています。イスラエル国の出国さえも許されておりません。

『広島に行って、皆さんと語り合いたい』と熱く語るバヌヌ氏に日本訪問の自由を!

去年のクリスマスには、ドイツ人の女性とイブの夜を過ごしていた理由で、
イスラエル警察に部屋に踏み込まれ、女性ともに2日間拘束されました。

バヌヌ氏によりますサイトは、こちらをご覧ください。
http://www.vanunu.com/

別途サイトにて詳細もご確認頂けます。
http://en.wikipedia.org/wiki/Mordechai_Vanunu

命をかけ、一生をかけてイスラエルの化学兵器から世界を守ろうとしたバヌヌ氏に、言動の自由、行動の自由を!
『広島を訪ねてみたい。』と希望するバヌヌ氏に日本訪問の自由を!

世界唯一の被爆国である日本の皆様に、
バヌヌ氏の行った勇気ある行為に対する応援とご理解をお願い致します。
つきましては、『バヌヌに自由を!』キャンペーンにご署名をお願い致します。

氏名:
住所:

I wish Freedom for Vanunu!

NAME:
ADDRESS:

重なる裁判費用のため、募金をお願いいたしております。
募金はこちらにお願い致します。
POBox 20102.Salah adin post office.East jerusalem.91384. Vanunu

郵便局以外からの場合は、銀行からの海外送信(Wire Transfer) となります。

PCU BANK
St.Paul MN, USA,
account number: 8732622
Mordechai Vanunu

メールでのお問い合わせはこちらへ:miekotav@gmail.com
国際電話でのお問い合わせは美恵子宛てでこちらへ:972 54 659 7415

ご理解とご協力に深く感謝致します。

平井美恵子
東エルサレム、イスラエル
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。