World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウォッカと縛りと別れ

Category: 未分類  
P3042730.jpg


P3042729.jpg


P2182731.jpg


パレスチナを離れて一ヶ月ぐらいが経った。わたしはエジプトでただ毎日ウォッカを飲んだ。そして裸になって、体を友人たちに縛ってもらった。または、叩いてもらった。

今日、長いこと旅をともにしていた連れと別れた。そのちょっと前も旅を共にしてきた親友たちとも別れた。恋しい彼女とも一時的に別れた。

思い出すのはやっぱり、あの言葉。わたしの教え子たちに飽きるほど聞かせたあの言葉。花に嵐のたとえもあるさ、さよならだけが人生だ。

 旅はつらい。ひとりになりたくない。と思った瞬間、また新たな出会いがある。そしてまた別れる。そんな感じでこの2年間、ひとりになった時間なんてほどんどない。これも仕方がない。自分が求めた道だ。

 明日はアムステルダム。憧れの地。しかし、一年いたイスラム圏を離れるのはつらい。薄暗い朝もやの中、スピーカーから爆音で流れるアザーン。最近は、自分の名前をムスタファ(イスラム教徒名)と名乗り、イスラム教徒たちと仲良く歩いた商店街。

 イスラム教徒はものすごく親切だ。もちろん、嫌なやつもたくさんいる。けど、夜中は安心して歩ける。道に迷ってるといつもだれかが助けてくれる。金のない人がいれば分け与える。腹が減っているとすぐにご飯をくれる。そんな人たちのところを離れるのはさびしい。

 これから、ヨーロッパ。日本のアナキストたちの反G8宣伝ツアーに参加する。みんなとヨーロッパ各地を巡業する。そして、各地のアナキストやスクオッターたちに会える。それに、大好きな彼女にもポーランドで会える。

まだまだ、新しい出会いが待っている。


我が友たちと我が同志モスリムたちの健康をねがって。
アッサラームマーレコン(PEACE ON YOU)。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。