World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


緊急!!

Category: 未分類  
以下転送します

20110222_2094170.jpg

みなさま
現地に行けなくてもなにかできること、声を上げることと考え、抗議文をつくりました。

ぜひ、賛同してください。

◆賛同は、個人(所属もしくは居住市町村つき)でも、団体でも、お願いします。
◆締め切り 2月28日(月)朝10:00まで(整理して、28日中に出す予定)
◆宛先は、以下のメールアドレスまでお願いします。
「上関原発の問題を知る」全国有志の会
grugru@ma.comco.net  
◆呼びかけは、「上関原発の問題を知る」全国有志の会と
虹のカヤック隊応援団@北海道です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2011年 2月 日
内閣総理大臣 菅直人様
経済産業大臣 海江田万里様
環境大臣 松本龍様
山口県知事 二井関成様
山口県上関町町長 柏原重海様
中国電力株式会社 取締役社長 山下隆様

◆山口県上関原発建設計画地の一方的な埋め立て工事に伴う
現場での危険かつ強引な作業に強く抗議いたします◆  

「上関原発の問題を知る」全国有志の会
虹のカヤック隊応援団@北海道

私たちは、山口県上関町の上関原発計画地埋め立てに関して中国電力が説明を求め
る地元住民を全く無視した形で一方的に工事を着手し、現場海上及び陸上で危険な作
業を強行している事に強い憤りを感じています。

2月21日から中国電力は多数の作業員や警備員を動員して強引な埋め立て工事を
再開しました。この一方的なやり方に危機感を持った人達が現地に集まり抗議活動を
していますが、それを全く無視する形での強硬な作業の進め方により、昨日(23
日)、ついに祝島の高齢者を含む2人が負傷し、救急車で搬送される事態が起こりました。
現地の人達の抗議活動は現場に駆け付けられない私たちの意志を代表するものであ
り、中国電力のこのような非人道的で不当な暴力を認めることはできません。

原発問題に限らず、一般市民との十分な論議の場も設けず一方的に力ずくで押し進
めていくやり方が、日本社会のあらゆる矛盾を生み出してきたと言っても過言ではあ
りません。それを軌道修正し、問題点を洗い直し、対話と協調を重んじる中から持続
可能な社会に育て直したいと願う民意を背負って政権交代は実現したはずです。

私たちは、上関原発計画地の対岸わずか4km先にある祝島の住民9割が30年近く
反対の意志を表明していることや祝島の漁師が10億円以上におよぶ補償金を受け取
らず、豊かな自然と共に経済的自立と地域活性化を目指して取り組んできたことを
知っています。

また、埋め立て予定地の田ノ浦周辺は豊かな漁場であると同時に、スナメリクジラ
や天然記念物のカンムリウミスズメの生息が確認されるなど、世界的にも希少な動植
物の宝庫です。昨年開催されたCOP10では、貴重な生物たちの多様な生態系を育んで
きた田ノ浦の海が世界的な評価を受けました。このように世界からも注目されている
独自の生態系を育む海を埋め立てることが、取り返しの付かない環境破壊を招くとい
うのは衆知の事実であり、環境アセスメントは何のために為されたのでしょうか。
これら、解決できていないたくさんの問題や対話の数々を置き去りにし、祝島島民
の会が通産省へ提出した署名80万筆以上の民意を全く無視して埋め立て工事を強行
する中国電力の強引なやり方、そしてそれを黙認している行政側の姿勢に対して、私
たちは強く抗議を表明すると共に作業の即刻中止を求めます。
スポンサーサイト


世界中とぶっとい連帯を!

Category: 未分類  
taisikan.jpg

2月20日のアメリカ大使館前で不当逮捕された人たちを支援する救援が立ち上がったようです。今後とも、高江や祝島で抗議するおっちゃん、おばちゃんや、中国でデモする兄ちゃんや、インドやビルマでデモする坊さんや、中東各地やパレスチナでデモする兄弟や、メヒコ南部の先住民のサパティスタたちや、中南米でアメリカやイスラエルを蹴散らすアミーゴたちに、ぶっとい連帯を送りつづけたい!やっぱ、デモやるしかない!やっちまえ!

★★★★転送・転載お願いします★★★★

2.20アメリカ大使館前での弾圧に対する抗議声明

2月20日15時45分ごろ、アメリカ大使館申し入れ行動の参加者2名を赤坂警察署
が不当逮捕しました。私たち救援会は主催者から事態を以下のように把握し、
強く抗議したいと思います。

沖縄・高江では昨年末から米軍ヘリパッド建設工事が強行され、2月は連日
沖縄防衛局が押し寄せ座り込み参加者がケガをする事態にまでなりました。
そこで主催者の「沖縄を踏みにじるな!緊急アクション実行委員会」らは1月から
3回に渡って東京のアメリカ大使館へ抗議申し入れ行動を行い、2月20日当日は
大使館の目の前を通り申し入れするデモを計画していました。
http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/

しかし東京都公安委員会が直前になって集合場所・デモコース・解散場所を全て
変更する暴挙を行い、当日も異常なまでの警備体制をしき参加者への妨害や挑発
を繰り返していました。そこで主催者は大使館への申し入れ行動のみに切り替え
ました。申し入れのアポイントは大使館に当日16時で取れており、赤坂警察も
「大使館手前のJTビル前まで全員行って良い」と合意したからです。

taisikan2.jpg
▲不当逮捕に抗議する人たち

ところがJTビル前に到着したところ、赤坂警察が参加者の行く手をふさぎ、
いきなり「解散しろ」と圧力をかけてきました。そして参加者に襲いかかって2人を
不当逮捕しました。映像を見てください。1人目は道に押し倒され、髪の毛をつかんで
引きずりまわされるなどの暴行を受けました。2人目も強引に引きずられて全身に
擦り傷と打撲を負いました。その際2人目が逮捕容疑を問いただした所、赤坂警察
は「理由なんて後で良いんだ」と法治国家を根底から否定する暴言を吐きました。
市民の正当な権利である申し入れ行動を暴力で弾圧することは絶対に許されません。

不当逮捕後も赤坂警察は差し入れと抗議に行こうとした参加者を赤坂警察署の
手前で何の法的根拠もなく2時間以上も止め続けました。ここでも赤坂警察は
「また持ってっても(さらに逮捕しても)いいんだぞ」と脅しをかけてきました。
そして弁護士が来ても、取調べは終わっているのに「取調べ中」とウソをついて
1時間近くも弁護士の接見を妨害しました。そして差し入れすらさせませんでした。

アメリカ大使館は今回の申し入れ書の受け取りを拒否しました。これまでアメリカ
大使館は赤坂警察と緊密に連携しながら、「申し入れの警備は全て赤坂警察に任
せている」と発言しています。この不当逮捕の責任は赤坂警察とアメリカ大使館、
ひいては沖縄に基地を押し付けて反対する全ての声を押さえつける日米両政府に
あります。何が何でも沖縄・高江に注目を集めさせないための弾圧であることは
明らかです。

私たち救援会は不当逮捕に断固抗議し、二人の仲間を今すぐ釈放することを求めます。
追って救援カンパのお願いもお送りしますので、みなさまへの幅広い連帯を呼びかけます。

2011年2月20日 「2.20アメリカ大使館前弾圧救援会」
連絡先:ametaiq@gmail.com
blog:http://d.hatena.ne.jp/ametaiQ/

2mc.jpg
▲ラップする2MC+ジャンべ+α

▼これは必見!!不当逮捕の瞬間!!
http://www.youtube.com/watch?v=OnwiaVSQ1ig&feature=player_embedded#at=285



祝島でも強行工事か

Category: 未分類  
mphoto-2009-11-17T19_41_27-2.jpg


高江だけではなく、原発に反対し続けている山口県の祝島でも強行工事がはじまりつつあるようです。以下から詳しく読めます。


http://blog.shimabito.net/

以下転送

20110214_2077818.jpg


【緊急】中国電力、週明けにも数百人規模の動員で埋め立て工事を強行か

島民の会より緊急の状況報告です。
中国電力が週明けの2月21日(月)から数百人規模の動員をかけ、埋立て工事を強行しようとしているそうです。


海では祝島を除く近辺の推進派漁業者の船数十隻を自主警戒船として雇って漁業者同士を争わせ、その混乱の中で作業台船を工事海域まで入れようとしているようです。
また陸上では、中国電力の社員や警備員、作業員など数百名が建設予定地海岸(上関町田ノ浦)を封鎖し、浜への立ち入りをさせないようにして作業を進めようとしているとみられています。


真偽のほどは不明ですが、社員、警備員、作業員、警戒船の漁業者など、中国電力の今回の動員数の合計は、祝島の人口(500人弱)を超えるのではないか、という話もあります。


これまで中国電力は、祝島をはじめとした上関原発計画に反対する上関町の住民に対し、理解を求める努力も満足にすることなく、裁判、あるいは直接的な力でもって原発建設をむりやり推し進めようとしてきました。
そしてそれは今回も同様のようです。


島民の会としては、中国電力がどのような形で作業を強行しようとしてきたとしても、これまでと同様に決して暴力などを使うことなく、そのうえで原発建設に反対し、自分たちの生活を守り、豊かな海や自然をつぎの世代に残す意思を示していきます。


中国電力が2月21日に実際に作業を強行しようとしてきた場合には、このblogをはじめとしてさまざまな人がさまざまな形でその状況を発信することになるかと思います。
その際には、各メディアやblog等でその情報を広め、中国電力の暴挙を多くの方々に知っていただけるようご強力をお願いしたいと思います。


また上関原発問題については、ざっと挙げただけでも下記のような現状・問題点があります。
中国電力や山口県、経産省にぜひ抗議、また疑問の声を届けてください。
(経験者の方によるとメールよりもFAXの方が相手方にきちんと読んでいただけるとのことです。ただ相手方の業務に支障がでないよう十分ご留意ください)


・地域住民、とりわけ予定地対岸に住む祝島島民の同意や理解もない中での工事の強行

・中国電力は約30年もの間、祝島島民など上関原発建設に反対する人たちへの理解を求める活動を満足にしてこなかったこと、また現状でもできていないこと

・中国電力が地元住民を裁判で訴えて反対運動を止めさせようとしていて、SLAPP訴訟(嫌がらせ訴訟)だと指摘されていること

・祝島の漁業者が約10億8000万円もの漁業補償金の受け取りを拒否して原発建設に反対していること

・推進派の漁業者を電力会社が大量に雇って、地元の漁業者同士を海上で争わせようとしていること

・カンムリウミスズメなど希少な動植物の調査が不十分であることを学会等に指摘されていること

・予定地の陸・海域はCOP10(生物多様性国際会議)でも注目されたほどの「奇跡の海」で、なおかつ日本は2012年までCOP10の議長国であること

・原子炉設置の許可も出されていないうちに埋め立て工事をしようとしていること

・埋め立て許可免許の期限の3年間のうちすでに1年4か月が過ぎ、期限内の埋め立て工事の竣工が事実上不可能な状況であること、しかしそういった状況にもかかわらず工事を強行しようとすること

・上関原子力立地プロジェクトが山下中国電力社長の直轄になったとたんに、上記のような状況を無視して工事を強行しようしてきたこと


中国電力本社
TEL 082- 241-0211
FAX 082- 523-6185
メール
https://ccwww.energia.co.jp/faq/1024/app/servlet/ext_inquiry_a?linkid=904&linkstr=%8C%B4%8E%71%97%CD%8F%EE%95%F1

中国電力 上関原発準備事務所
TEL 0820- 62-1111

山口県知事への提言
TEL 083- 933-2570
FAX 083- 933-2599

メール https://cgi01.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/koho/chiji-teigen/3teigen.htm


経産省
経済産業省大臣 海江田万里
TEL.03-3508-7316
FAX.03-3508-3316
e-mail: office@kaiedabanri.jp


原子力発電立地対策・広報室
03-3501-1873

上関原発計画を止め、次の世代にこの豊かな瀬戸内の海を残すため、多くの皆様のご協力をどうかお願いいたします。

また長文ではありますが、この呼びかけをblogやML等に転送、転載して広げていただけると助かります。


祝島島民の会
iwaishima@gmail.com


東京の沖縄・高江デモで逮捕者2名

Category: 未分類  
ame.jpg

2月20日、東京の新橋駅前で、今、沖縄・高江で強行工事されている米軍ヘリパッド基地に反対する集会があるからいってきた。もともと、新橋からアメリカ大使館前にデモする予定だった。しかし、デモ申請が通ったはずなのに、警察は急きょ、デモコースを変更し、米大使館前が外された。米大使館に抗議しに行くのが目的だったから、デモ参加者(200人以上)は、しゃーなしで歩道を歩いて、米大使館まで行った。

しかし、大使館付近に行くと、大量の機動隊に取り囲まれた。大使館には事前に抗議文を渡しにいくとアポをとっていたにも関わらず、機動隊は、抗議者を羽交い絞めにして、抗議者2名を逮捕した。そのうちの一人は、わたしのすぐそばにいて、機動隊にボコボコに蹴られ、引きずられた。だから、機動隊からこの抗議者をひっぱりあったが、取り返せなかった。

そして、さらに、大使館前には数人の代表者しか通してもらえなかった。だからみんなで大使館に抗議するのはできなかった。

その後、50人ぐらいで2人が捕まっている赤坂署に差し入れをしに向かった。しかしその途中、まともや道路で警察に取り囲まれた。そして、通行はできない、帰れと言われた。

一体、この国はなんなんだろうか?そもそも、沖縄や高江の人たちの生活は、米軍基地によってめちゃくちゃに壊されている。人間の生活だけじゃなく、動物や自然もぶち壊されてる。さらに米軍基地から、どっかの国の人を殺しに行ってる。

だから、米軍のその行為は、おかしいだろ、高江の人の生活を壊すな、人を殺す米軍を支援すんなって、ただ言ってるだけなのに、どうして、こうまっとうなこと言ってるやつが逮捕されて、ボコされて、何日入るかわからんけど、10数日やら23日やら留置場にぶちこまれないといけないのか?

そんで、毎日のように密室で警察に脅されて、嘘いわれて、監禁されて。
どう考えても、おかしいとしかいえない。

はなから、多数決で選挙でだれか選ぶ「民主主義」なんて糞だとおもってたけど、結局、力があるもんが、強いわけでしょ?憲法も味噌も糞もない。

ふざけるのも、いい加減にしてほしい。オマワリもありえない。もう、だまってられるか。


20110110031128.jpg



随時状況を伝えるツイッター
http://twitter.com/#!/domannakademo

ライブ映像。
http://bit.ly/dTcMgf

不当な逮捕に引き続き、抗議の声を!!
赤坂警察署へ抗議の声を 03-3475-0110

c0194764_2282139.jpg


高江路上文庫 in 酔っ払い天国

Category: 未分類  
takae3.jpg

2月6日に、大阪の京橋駅前で「高江路上文庫」ってのをやった。今、沖縄・高江で、米軍のヘリパッドが強行工事されている。これができたら、高江の人の生活がもっと厳しくなる。ということで、俺らもなにかできないかって話になり、友人たちと、沖縄の本を持ち寄ったり、ガスコンロにやかん、ビニールシートやら、ビラやらビールを持ち寄って、酔っ払い天国・京橋の路上に集まることにした。

take1.jpg

そんで、ビラをひたすら巻いたり、路上文庫を読む人にコーヒーを配ったりして、通行人と高江の話をした。けっこうな人と話ができた。みんな辺野古とか普天間は知ってるけど、高江は知らないって人が多かった。中には、「尖閣諸島はどうすんねん?」っていう兄ちゃんもいた。だから「あれは国同士の話で、どだい俺ら金のねえやつらには関係ねぇ、まずは高江の人の生活を守るのが大事だべ」言うと納得していた。それから、高江の強行工事を知ったおっちゃんは「これはおかしい!テレビ朝日に電話する!」言ってた。また、アメリカから来てたドレッド兄ちゃんは「俺はアメリカ人だけど…」って苦い顔してたから「何人とか関係ねぇべ、政府や権力が問題だべ」言ってビールを手渡し乾杯した。そして、彼は「日本から米軍は出てくべきや!」言っていた。

takae2.jpg

それから、沖縄のおばちゃんが来たり、ジャンキーっぽい兄ちゃんが来たり、10代のギャルが来たり、ぺレッド使いが来た。さらにジャンべ叩きの友人が来て、駅前に爆音が響き渡った。そのおかげで、人だかりができて、ビラは千枚近くはけた。さらに、中止しろというオマワリも来て、もっと人だかりができた。そこへ酔っ払いおっちゃんがオマワリにからんで、もっと人が集まった。ぐちゃぐちゃになったところでビラも配り終えたから、オマワリを追っ払って、カセットコンロに火をつけ熱燗で宴会をはじめた。

takae6.jpg
▲ゆかいな仲間たち 初期高齢者から乳児まで

takae7.jpg
▲高江の地図

takae4.jpg
▲いろんな人たち

takae5.jpg
▲酔っ払いおっちゃんとPUNK兄ちゃん


ということで、今後も自分のいる場所で自分たちにできることをしていこうと思う。

▼以下はビラ
5635310_987382238_240large.jpg
▲はーぴーさんのとこからパクった図柄

5635310_987382245_249large.jpg
▲saitoonのフライヤー






高江のために今すぐ!

Category: 未分類  
201102011054000.jpg
2月1日午前、沖縄・高江で沖縄防衛局が押し寄せ、ヘリパッド建設作業を強行…

高江のために今すぐ!
(「やんばる東村 高江の現状」より)

高江を助けてください!
今、いる場所からすぐに出来る方法。

1)内閣、防衛省、防衛局、県知事公室、東村村長にTELやFAX。
「すぐにやめさせて下さい」と。
沖縄防衛局 098-921-8131
防衛省03-5366-3111
内閣官房 03-5253-2111
沖縄県知事公室基地対策課 TEL:098-866-2460 FAX:098-869-8979
東村役場 TEL:0980-43-2201 FAX:0980-43-2457 

2)あなたの応援している、議員・政党にTEL。
選挙で代表として選んだ人に、責任持ってこの工事をやめさせるよう、
「今すぐに防衛省、防衛局に要請しなさい」と申し入れてください。
たぶん形式的な受け答えがかえってくる、それでも電話が沢山あつまれば、それは有権者の声を具体的な姿にして現すことができます。
電話の相手はきっと「負担軽減」と言うと思います。「地元の人がちっとも軽減ではない、負担増大と言っている、裁判で争うんでしょ、裁判まじめにやりなさい」と言い返してください。


大雑把にわかる『高江ヘリパッド問題』
(「ゆんたく高江」より)

初心者向けに『高江ヘリパッド問題』の概略をば。

 沖縄本島北部「やんばる」の豊かな森の中に、高江(たかえ)という小さな集落がある。
 水も空気も星もきれいなところ。たくさんの生き物がすんでいる。
 ↓
 一方やんばる地方には広大な在日アメリカ軍施設「北部訓練場」がある。
 今でも場内では戦闘訓練が行われ、隣接する高江集落でも昼夜問わず軍用ヘリコプターが民間地上空を飛び交ってる。
 ↓
 そんな高江を取り囲むように在日アメリカ軍の「ヘリパッド」(軍用ヘリが離着陸する施設)を6箇所建設する計画がもちあがる。
 ↓
 もちろん高江の人たちは建設に反対! うるさい、あぶない、環境破壊、戦争に加担するのはイヤ。。
 ↓
 しかし国(防衛省沖縄防衛局)は話し合いを求める住民らを無視して、ヘリパッド建設工事を強行する!
 ↓
 高江住民らはやむなく建設予定地で「座り込み」による非暴力の説得・監視行動を開始(2007年7月より)。
 「ヘリパッドいらない住民の会」を結成。以降、工事はほぼ進まず。
 ↓
 そこで国は「座り込み住民らが工事を邪魔してる」として(民事)裁判に訴えるという暴挙に出るが、申立ては裁判所にほぼ却下される。
 しかし裁判の一部は現在も継続中。
 ↓
 国は今年2010年7月から強行工事を再開する意向。住民らの座り込みは1日も休むことなく今日も続く。。



★☆★☆★☆★☆★☆★転送・転載大歓迎★☆★☆★☆★★☆★☆


「◎◎沖縄・高江にヘリパッドはいらない!連続アクション◎◎」

★パート1:新宿東口アルタ前広場でマイクアピール
1月30日(日)14時~16時 デモと上映会の宣伝をします。
チラシ配り、音楽、トークで協力してくれる方は大歓迎です!
またその後にデモスタッフのかんたんな説明会を行います。準備も当日も、
私たちはみなさんの協力を切実に求めています。ぜひ来て下さい。


◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


★パート2:上映会「いま、高江で何がおこってるの?」

日時:2月6日(日) PM2:30スタート
場所:国立・地球屋 http://www.chikyuya.info/
(国立市東1-16-13 B1 JR中央線国立駅 南口から徒歩5分
「大学通り」沿い左側、バーミヤン向かいのビル地下)
入場:無料(カンパをよろしく!)
内容1:高江の普段の映像とヘリパッド問題のおさらい
2:高江の最近の動きの映像
3:1/7 住民の会の沖縄防衛局への要請行動映像
主催:ゆんたく高江 http://helipad-verybad.org/

【よびかけ文】
沖縄本島北部のやんばる地域にある高江は、人口約160人の小さな
集落。豊かな水に恵まれた深い森には、天然記念物のヤンバルクイナ
やノグチゲラをはじめ、数多くの希少動植物が生き、人々は何の心配
もなくのどかに暮しています…あの米軍北部訓練場さえなければ。

高江は今までもずっと、米軍北部訓練場の基地被害に悩まされて
きました。その高江がいま、国という大きな力によって、さらなる暴力に
さらされています。

政府は辺野古への新基地建設とセットで、高江集落を囲むようにし
て6ヶ所の米軍ヘリパッド(ヘリ着陸帯)の新設を計画。防衛省は
住民との対話を一貫して拒み、ヘリパッド建設に反対する住民を
「通行妨害」で提訴し、さらに座り込みが手薄になる早朝や、公判
で住民が那覇地裁に出かけている隙を狙って、ヘリパッド工事を
強行してきています。昨年末、米軍ヘリによるホバリングで座り込み
のテントが破壊された事件のときも、防衛省は住民の安全を守るど
ころか、米軍をかばう発言に終始する有様でした。

住民を無視しなりふりかまわず強行される工事と、基地被害のさら
なる押し付け。一体、これのどこが「負担軽減」なのでしょうか。高江
の人々はいまこの瞬間も、24時間体制でこれらの暴力に抗っている
のです。

高江の「ヘリパッドいらない住民の会」では、このかんの動きをつぶさ
に記録し、インターネット上で公開しています。私たちは急遽、これら
の映像をみんなで見る機会を設けることにしました。上映会の最後に
は、防衛省に向けてのメッセージをみなさんに書いていただこうと考
えています(おてがみ、抗議文、何でもOKです)。

沖縄高江からの悲鳴にも似たような思いを、ぜひ一緒に共有して下さい!

※次の日の「防衛省正門前 毎月の抗議行動で提出しましょう!
2月7日(月)18時半~防衛省正門前(JR・地下鉄「四ツ谷」「市ヶ谷」駅から徒歩7分)
主催:辺野古への基地建設を許さない実行委員会
http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html


◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


★パート3:「高江にヘリパッドを造らせるな! 沖縄に基地はいらない!~アメリカ大使館デモ~」

2月20日(日) 13時半~トーク&アピール 15時~デモ出発 ともにJR新橋駅前SL広場にて
デモコース:JR新橋駅前SL広場~外堀通り~アメリカ大使館前~虎ノ門JTビル前ゴール(予定)
呼びかけ:沖縄を踏みにじるな!緊急アクション実行委員会(新宿ど真ん中デモ)
協力:辺野古への基地建設を許さない実行委員会、ゆんたく高江
連絡先:no.base.okinawa@gmail.com  090-5344-8373(茂木。19~22時の間でお願いします)  
ブログ:http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/
twitter:http://twitter.com/domannakademo


沖縄県北東部の東村・江地区で住民の座り込みによって食い止めら
れていた米軍ヘリパッド建設工事が、昨年12月22日に再開されました。
今年に入っても急ピッチで進行中であり、住民は24時間体制で監視・
抗議行動をおこなっています。

昨年12月の米軍ヘリによるテント損壊事件の真相は究明されていません。
更に沖縄防衛局長がこの事件の調査のために江に来訪する直前に
作業が強行されました。江はヤンバルクイナやノグチゲラなど絶滅が
心配される希少な生き物がたくさん住む豊かな森です。そこにヘリパッド
(ヘリの離発着場)が新たに建設され、事故の多さで有名なアフガニスタン
でも侵略戦争に使われている軍用ヘリ「オスプレイ」が配備されようと
しています。こんなことは許されない!

私たちは昨年末からの工事強行に抗議し、日本各地、アメリカ、韓国など
から集まった計140通もの抗議申し入れ書をアメリカ大使館に渡しました。
しかし大使館が受け取りを拒否したり、大使館の意を汲んだ日本の警察が
道を封鎖するひどい妨害を続けました。東京でも民意が踏みにじられたの
です。大使館前は誰でも通れる公道です。1月の抗議申し入れに続き、今
度はより大勢で集まり、声を伝えましょう!

日本政府と防衛省、その意をくんだ沖縄防衛局も何が何でもと工事を強行
しています。国が自ら住民を訴えた裁判の日だった1月26日、何と座り込
みの住民が法廷に出かけたスキをねらって工事強行しました。ありえない
卑怯さ、最低さ! そして防衛大臣や外務大臣が今まで無かったほど次々
東京から沖縄入りし、県民や知事に「基地を作るぞ!」とドーカツを繰り返し
ています。彼らを止めることも東京からやれることです。

江の住民は全国からいっせいに声をあげることを求めています。名護市
辺野古でも、沖縄の多くの人々が反対している米軍普天間基地の県内移設
に向けた準備が進められています。阻止の座り込みは2400日を超えました。
人殺しのための米軍基地、住民の生活と豊かな森を壊すヘリパッドはいらない。
沖縄への基地押しつけを今こそ終わらせよう。人殺しの戦争に協力したくない
すべての人は集まろう。みんなで直接アメリカに抗議しよう!

高江はどんな所か、米軍基地とヘリパッドの問題、住民を訴える国のひどさ…
問題の詳細は、住民ブログ「やんばる東村 高江の現状」:http://takae.ti-da.net/ 
「ゆんたく高江」:http://helipad-verybad.org/
日本語・英語の解説:http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/20110110
朝鮮語:http://nobasestorieskorea.blogspot.com/2011/01/petition-fwd-please-join-action-for.html

★デモの際、アメリカ大使館に申し入れ書を渡します。みなさんの声をぜひ紙で持参
してください。当日来られない方はメールでお送りください。全国・全世界から、ぜひ。




1. 宛先:no.base.okinawa@gmail.com
2. 以下の点をご記入ください。
・氏名(個人の場合)または団体名(団体・組織の場合)、地域
・申し入れ文(短い一言でも、長い文章でも、ご自由に。和文・英文どちらも可です)




・ブログへの公表(可/不可)
3. 締め切り:2011年2月18日(金)


★抗議文+ワンプッシュactionお願いします!
Blogやtwitterで知らせる他に、沖縄防衛局、防衛省、日本政府への抗議電話をぜひ!




これは工事阻止に確実に有効で、誰でも空き時間にできます。
沖縄防衛局TEL:098-921-8131 防衛省:TEL03-5366-3111 内閣官房:TEL03-5253-2111

★国際連帯の呼びかけ:http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/20110127
http://twitter.com/#!/domannakademo/status/30648440010571779
An Open Call: Stop the Violent Construction of Military Helipad! What the
U.S. Marine Corps and Japanese Officials Are Doing in Takae, Okinawa

私たちはアメリカの議会や世論に対して、各国のアメリカ大使館や日本大使館に
対して、2月20日の東京デモとの連携など、世界各地の人々へ行動を呼びかけます。
1月10日のアメリカ大使館抗議では、英文の呼びかけを見た各国から申し入れ
文がたくさん集結! 全てアメリカ大使館に渡しました。だけど日米政府も沖縄
防衛局も止まりません。そこで上記の英文をみなさまのアメリカ国内や世界各
地の友人知人に広めて下さい。英語のネットコミュニティにも転載してください。
より広く積極的につながり、行動し、戦争と軍事基地を終わらせましょう。




★★★★転送・転載大歓迎★★★★

高江・国際連帯の呼びかけ――An Open Call: Stop the Violent Construction of
Military Helipad!
What the U.S. Marine Corps and Japanese Officials Are Doing in Takae,
Okinawa

私たちは、沖縄高江の問題をアメリカ国内を始め世界各国に伝え、行動を呼びかけます!

1月10日のアメリカ大使館抗議では、英文の呼びかけを見たアメリカ、韓国、カナダ、ハワイ、
イングランド、ウェールズ、オーストリアなど各国から申し入れ文がたくさん集結!
全ての英文:http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/20110113
韓国からの連帯メッセージと122の賛同個人・18の賛同団体:http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/20110107/1294420385
全てアメリカ大使館に渡しました。だけど日米政府も沖縄防衛局も止まりません。
そこでより広く積極的に協力と行動を呼びかけます。以下の英文をみなさんの
アメリカ国内や世界各地の友人知人に広めて下さい。英語のネットコミュニティ
にも転載してください。私たちも前回申し入れの方々や新たな方々に呼びかけます。

★この英文はこう書いています。「暴力的なヘリパッド建設をやめろ! いま沖縄・高江で米海兵隊と日本の当局がしていること」
――沖縄高江はとても自然豊かな場所です。それを米軍が軍事利用しています。
去年末から住民無視の工事強行や米軍ヘリの座り込みテント破壊が続きました。
そして「JEGS」という米軍内の環境基準すら守ってないし、新たな戦争への道を
準備することでもあります。だから世界中のひとびとにこの件への抗議を呼びかます。





アメリカに住んでいる方へ:この呼びかけを、反戦活動家に、非活動家の市民に、
マスメディアあるいは独立、草の根メディアに、政治家や政府役人に、あなたが
コンタクトを取れる人に広めてください。沖縄での基地やヘリパッド建設への反対
を呼びかけてください。私たちは2月20日に東京のアメリカ大使館へ抗議デモを
します。みなさんの国で連帯アクションをするか、私たちに反基地のメッセージを
くれれば、デモの時に渡します。
他の国に住んでいる方へ: この呼びかけを、あなたがコンタクトを取れる人に
広めてください。もしくは、わたしたちに反基地のメッセージをくれれば、アメ大への




申し入れの時に渡します」。そして最後に参考リンクを載せています。
2月20日のデモ、6日の上映会、1月30日のアルタ前アピールはhttp://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/20110128


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

An Open Call: Stop the Violent Construction of Military Helipad! What the
U.S. Marine Corps and Japanese Officials Are Doing in Takae, Okinawa


We, anti-war and anti-base collectives in Tokyo, appeal to all those who
read this open call, no matter whether having already known Takae in
Okinawa, Japan, or not yet: Please spread the ongoing situation of the
violent construction of U.S. military helipad there!
Just before dawn on 22 December, 2010, some 100 members of the Okinawa
Defense Bureau barged into the site without warning to restart the U.S.
helipad construction. On the next night, 23 December, a U.S. helicopter
hovered only 15 meters above the sit-in tent of protesting local residents
and blew it down. This manifestly shows that U.S. Marine Corps and Okinawa
Defense Bureau have decided to coercively construct U.S. military helipads
regardless of the will of residents of Takae.


The Yambaru Forest, where Takae is situated, is known as a region rich in
biodiversity which inhabit endangered species such as Yambaru Kuina
(Okinawan Rail) and Noguchi Gera (Okinawan Woodpecker). The U.S. Marine
Corps, however, has been using the Yambaru Forest for combat training. There
are already 15 U.S. helipads in Higashi Village (Takae is one of its local
areas). Residents of Takae have constantly suffered from the noise and the
risk of helicopter crashes. To make matters worse, the Japanese and U.S.
governments decided to build 6 new helipads, surrounding the residential
neighborhood of Takae. Construction of new helipads will not only further
endanger the livelihood and lives themselves of Takae residents, but also
further destroy the precious environment with its wealth of species, forest
and rivers (U.S. and Japan relevant authorities don’t even keep JEGS: Japan
Environmental Governing Standards, the standards regulated by U.S.
Department of Defense). New military facilities also pave the way to the
possibility of a new war.

Residents of Takae have protested against the helipads construction for the
above reasons. In 2006, we passed a resolution against the new helipads, and
demanded of the relevant authorities that they review the construction plan.
Takae residents and their supporters from across Japan and from around the
world have continued to sit-in, monitoring the site and trying to persuade
the government against the construction. The Japanese and U.S. governments,
however, have neither listened to the voices of opposition by the residents
nor provided sincere explanation. The Japanese government even decided, all
of a sudden, to prosecute some of the local protestors for obstructing
traffic. And ignoring the ongoing court proceedings, the Okinawa Defense
Bureau restarted to prepare for the construction of helipad. Also in Tokyo,
U.S. Embassy and Japanese Defense Department ignore the voice of protestors.

Not only in Henoko, where construction of a replacement base for Marine
Corps Air Station Futenma has been located since 1997, but also in Takae,
U.S. and Japan governments are trampling Okinawan people under foot.
Allowing to construct of new bases or helipads also leads to assist further
military operations of U.S. and Japan. So we appeal to all those who read
this open call to spread this open call, and to oppose construction of
military helipads in Takae and also of a replacement base in Henoko.


To those living in America: Broad this open call to anti-war activists,
non-activist citizens, mass or grassroots media, politicians or government
officials, to anyone whom you can contact. Call for opposition in America to
construction of U.S. base or helipads in Okinawa. Or send us your anti-base
message, and we will hand it to the U.S. Embassy when we petition.

To those living in other countries: Broad this open call to anyone whom you
can contact. Send us your anti-base message, and we will hand it to the U.S.
Embassy when we petition.

"Demonstration around U.S. Embassy: No Helipad in Takae, No Base in
Okinawa!" is on 20 February, 2011, starting from 13:30 at SL (steam
locomotive) Square in front of Shimbashi Station.


No More Trampling on Okinawa! Urgent Action Committee
Yuntaku Takae (in Tokyo)
★ January 27, 2011


Email to us: no.base.okinawa@gmail.com


プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。