World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝鮮学校への高校授業料無償化を求める緊急集会

Category: 未分類  
こんなんあります。大阪周辺の方はぜひ!


朝鮮学校への高校授業料無償化を求める緊急集会

とき  :6月18日(金)午後6時30分
内容 :講演(丹羽雅雄弁護士)
     アピール(宗教者、教育現場、朝鮮高校生徒など)
     集会終了後、デモ行進
ところ:北区民センター(JR天満/地下鉄扇町下車すぐ)
主催 :「朝鮮学校の高校無償化を求める緊急集会」実行委員会
事務局:全港湾大阪支部( 06-6575-3131 )・女性会議大阪( 090-4565-0303 )


 私たちの強い反対の声にもかかわらず、4月1日から、朝鮮学校(朝鮮高級学校)だけを除外したまま、「高校授業料無償化」が実施されました。
 当初、「無償化の対象は、すべての子どもたちである」として予算化されていましたが、中井治・拉致担当大臣が、「子どもの学ぶ権利」とは関係のない、拉致問題や国交の有無などを理由に「無償化」対象からの除外要請をすると政府は方針を変えました。
 橋下大阪府知事はこれに便乗して、府独自に実施してきた朝鮮学校への補助の見直しを打ち出すだけでなく、民族の尊厳を踏みにじる悪辣な差別的言動を繰り返しています。

 朝鮮学校は都道府県から認可されており、日本の高校の課程に相当しています。

 「無償化」対象から除外するのは、明らかな民族差別であり、国連からも「子どもの権利条約」「国際人権規約」「人種差別撤廃条約」に違反するものであるとして、改善勧告を受けています。
 「無償化」除外は、私たちがこれまで、大阪の地で実践し、実績をつくりあげてきた人権教育を覆すものであり、日本の民主主義にかかわる問題です。本来市民の人権をまもる立場にある国や自治体による差別行政を、今、糾さなければなりません。

 橋下知事による暴言、差別扇動を許さず、政府には国際諸条約に基づいて、すべての子どもの教育権の保障と、「高校無償化」の適用を求めます。

スポンサーサイト


BOYCOTT MUJI GOOD DAY・無買良日

Category: 未分類  
5635310_8011716_122large[1]


無印良品のお偉いさん、イスラエルにゆくならば、わてらはもう買わんのよ、涙乾かぬパレスチナ人が怒ってはる。あんたも人の子、わかるやろ?


ボイコット無印良品!

Category: 未分類  

Continue


「イスラエル軍によるガザ・フリーダム運動に対する攻撃から考えること」

Category: 未分類  
▼イスラエル軍によるガザ・フリーダムの船への襲撃
http://www.youtube.com/watch?v=pn-l_JltCB4&feature=player_embedded

israeli-soldier-flotilla[1]


清末愛砂さん「イスラエル軍によるガザ・フリーダム運動に対する攻撃から考えること」

友人のみなさま

こんにちは
清末愛砂@島根です。

すでにニュース等で耳にされておられる方もいるかもしれません。
本日の未明、ガザ包囲に反対し、ガザ住民へ支援物資を運んで
いたガザ・フリーダム運動の6艘の船(世界中の市民活動家約600人
が乗船。1万トンの支援物資を運ぶ途中)が、イスラエル軍(海軍)
に襲われました(公海上)。複数のニュースによると、10人以上
の市民活動家が殺され、60人以上が負傷している模様です。
フリーダム・ガザ運動は今回、アイルランドから船を出し、その後、
ギリシャとトルコで他のフリーダム・ガザ運動の船と合流し、ガザに
向かう途中でした。陸から64キロ離れた地点で起きたようです。
亡くなった心ある、勇気あるシャヒードを心から追悼したいと思います。

イスラエルによる厳しい封鎖により、ガザには正式なルートでは
物資が入らず(トンネル経済が動いていること自体、その異常性を
示している)、また、人がガザを出入りすることも厳しく制限されて
います。2008年年末から2009年初頭にかけてのガザに対する
攻撃から約1年半。ガザはいまだに封鎖され、人々は窒息状態にあり
ます。世界がこのような状況を許しているなかで。90%にものぼる
ガザ住民が貧困線以下の生活を強いられ(それはあまりにも屈辱的な
こと)、国際機関からの援助に頼らずには(その物資にも大幅な制限が
かけられている)生活が成り立たないなかで、フリーダム・ガザ運動は
物資を届けようとしたのです。

5月26日にもガザでイスラエル軍による空爆がありました。ガザでは、
散発的にイスラエルが軍事攻撃をかけています。封鎖した上に攻撃をする
という信じがたい卑劣な行為を繰り返しているのです。今にいたっても。

ガザだけではありません。ヨルダン川西岸地区も壁や入植地やユダヤ人
専用道路や検問所や道路ブロックやトンネルにより、小さく小さく分断
され、人々はその分断された中で生きることを余儀なくされているのです。
ヨルダン川西岸地区内のヨルダン渓谷は、95%にも及ぶ土地を完全に
イスラエルの支配下に置かれているのです。西岸には完全にアパルトヘイト
体制が確立されたといっても過言ではない状態です。渓谷の住民たちは
家を破壊され、土地を奪われ、水源を奪われ、テントや小屋ですら壊されて
いる状態におかれているのです。

イスラエルによって勝手に併合された東エルサレムも同じです。
入植地の建設が進むと同時に、パレスチナ住民は激しい家屋破壊の被害に
あっています。

イスラエル政府はさっそく、今回のフリーダムガザ運動への攻撃に対し、
いろんな言い訳を始めています。「活動家たちが斧やナイフや棒で襲って
きた、船の中から武器が見つかった、フリーダム・ガザ運動側が実弾を
発した、挑発してきた」等。そんな見え透いた言い訳が通るはずがありま
せん。覆面をして船に乗り込んできたイスラエル兵たちの映像を観るだけで、
挑発うんぬんの言い訳が嘘だということがはっきりするにもかかわらず、
ここまで厚顔な言い訳をするとは。

イスラエル政府は世界で徐々に盛り上がってきているBDSキャンペーン
(ボイコット、イスラエルからの資本の引き揚げ、イスラエルへの
制裁を求める運動)に敏感に反応し、脅威に思っています。そのなかで
今回の攻撃が起きたと考えるのが自然でしょう。占領者はそれに反対する
人々を怖がっているのです。脅威に思うのなら、さっさと占領をやめれば
いいのです。

今回の事件を含め、私(たち)は、イスラエルによる国際人権法・人道法
にすら違反する不正義(犯罪)をただし、責任をとらせるよう、動かなければ
なりません。

一刻も早くガザに対する封鎖が解かれるようイスラエルにプレッシャーを
かけるだけでなく、パレスチナが解放されるよう、運動を進めていかな
ければならないと思います。

そうしなければ、占領下で殺されたシャヒードも、ガザ・フリーダム運動
に参加して亡くなったシャヒードたちも浮かばれることはありません。

ロンドンでは緊急抗議デモが予定されています。ヨルダン川西岸地区でも
各地で抗議行動が計画されています。ヨルダン川西岸地区の壁の建設に
よって大きな影響を受けているビリン村の人民委員会の委員長から世界中で
抗議行動を行うようにと呼びかけるメールが届きました。

パレスチナで起きていることを多くの人々に知らしめるとともに、イスラエル
大使館、イスラエル政府に抗議することが求められています。また、同時に
日本政府にもイスラエルの占領や軍事攻撃に抗議するよう呼びかけていきたい
と思います。

今こそ連帯を。パレスチナ解放を求めて。

長いメールになりました。失礼します。
清末愛砂 拝


▼イスラエルのガザ自由船団に対する攻撃と平和活動家の殺傷に関し、、調査と責任者の説明責任と封鎖解除を求める請願のネット署名が、集められています。

http://www.avaaz.org/en/gaza_flotilla_1/?vl

ガザ:襲撃について調査士、封鎖を終わらせろ ガザ人道船団に対するイスラエルの殺人的襲撃は世界じゅうの怒りを招いています。今回、私たちは、私たちの指導者の口先だけの言葉を受け容れることはできません。行動を起こす時です。この署名は、20万筆に達したところで国連および世界の指導者たちに送られます。あなたも署名して、真実と説明責任とガザに正義を求める世界的な要請に参加してください。

~~~~~~~~~~
請願の内容;諸政府ならびに国際機関への請願私たちは、船団に対する攻撃について直ちに独立した調査と、責任者による十分な説明責任、そしてガザの封鎖解除を求めます。

~~~~~~~~~~

Sign the Petition の欄の空欄に、名前、メールアドレス、電話番号、国、郵便番号を記入して、Sign Petition をクリックしてください。


プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。