World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ刑務所に減刑恩赦

Category: 未分類  
5月18日にバンクワン刑務所で恩赦減刑がありました。
この恩赦によって、ドラックによる受刑者たちに
9分の1の 減刑がつくようです。

珍宝さんの場合だと、2年の減刑になります。
残り判決18年から2年減刑すると、16年。現在14年10カ月
服役されているので、後、1年2カ月となりました。

ちなみに、現在の政府だと9分の1の減刑。タクシン時代は
6分の1の減刑だったようです。現在の政府の方が、俄然、
受刑者には厳しいようです。
スポンサーサイト


5・30 Antifa Action in Osaka

Category: 未分類  
3594433415_3d53ffdae4[1]

5月30日(日曜日)14時から大阪・扇町公園で糞みたいなレイシズム(人種差別)に反対する集会、デモがあります。最近、日本のあちこちで、「朝鮮人や中国人は出てけ!」とか、暴言を吐きまくったり、朝鮮学校に襲撃をしているレイシスト集団、「在特会」や「主権回復の会」に対抗して、超セクト・宗派・民族で、雑多な雑種な人間で反排外主義デモします。当日は、サウンドシステムを積んだリヤカーも出します!ぜひともおこしやす。

以下転送

排外主義を許さない5・30関西集会

********************************

   ■ ■ 排外主義を許さない5・30関西集会 ■ ■ 

~「在特会」「主権回復を目指す会」等の暴力を許さない街頭行動~

********************************

日時:5月30日(日)14:00~15:30(集会)
          16:00~(デモ出発)
場所:扇町公園(地下鉄堺筋線「扇町」・JR環状線「天満」下車すぐ)
   ※雨天の場合は隣接する北区民センター

http://www.mapion.co.jp/m/34.7007222_135.51185_8/v=m2:%E6%89%87%E7%94%BA%E5%85%AC%E5%9C%92/

主催:排外主義を許さない5・30関西集会


連絡先:〒550-0021 大阪市西区川口2-4-28
    [FAX] 06-6582-6547 [TEL] 06-6583-5546
    [e-mail] shukai_530@yahoo.co.jp

なお、5月20日15時現在で賛同人が346人、賛同団体が117団体となっています。
http://shukai530.blog21.fc2.com/blog-entry-28.html



排外主義を許さない5.30関西集会への賛同呼びかけ
 「在特会」=「在日特権を許さない市民の会」を名乗る排外主義集団による襲撃や暴力行為が横行し、見過ごすことのできないものとなっています。

 埼玉・ 蕨市 では、在留特別許可を得ることができたフィリピン人の中学生の通う学校へとデモをかけ、「外国人を叩き出せ」と叫びました。

 京都では朝鮮学校に押しかけ、学校の校門前で拡声器で「あなたたちはスパイの子だ」「こんなものは学校ではない」と叫びました。

 日本軍「慰安婦」の問題への取り組みに対する襲撃は全国で行われ、西宮「水曜デモ」への襲撃では負傷者を出しています。

 カトリック玉造教会で開かれた「カトリック正義と平和協議会」の集会にたいして攻撃もしています。今、日本社会は大きな岐路に立たされていると言えるでしょう。長引く不況と未来に展望が見いだせない閉塞感の中、在日外国人を虐げ、差別することで自らの居場所を確認しようとする人々が、全国的に拡がってきています。

 こうした動きに対し、ここ関西においても多くの人々が対峙し続けています。私たちは5月30日に大阪で排外主義に反対する集会・デモを開催する準備を進めています。排外主義の動きを封じ込めるために、多くの、多様な人々と繋がり、社会的な包囲網を関西において形成していきたいと考えています。

 一人でも多くの個人、団体がこの趣旨に賛同し、実行委員会に加わっていただき、その集会をそうした場にしていきたいと思います。関西から全国へと繋がる反排外主義運動の大きなうねりを創り出す、その第一歩を共に踏み出しましょう。

【主催】 排外主義を許さない5・30関西集会実行委員会
【連絡先】 〒550-0021大阪市西区川口 2-4-28「連帯ユニオン内」
 FAX: 06-6582-6547  TEL:06-6583-5546
 メール shukai_530[@]yahoo.co.jp


世界中から米軍基地をなくせ!

Category: 未分類  
鳩を観察してみると面白い。鳩の雄は雌をひたすらおっかけて、交尾してるか、飯をあさってるか、寝ている。よは、三大欲求を謳歌している。だからか、鳩は「平和の象徴」といわれているのでしょうかね。

鳩は鳩でも、鳩山の方は、もうタカなんだかよくわからんけど、いいかげん殴りたくなる。沖縄の基地だけじゃなくて、なんで、世界中から米軍基地をなくすと言えないのか。

沖縄は日本から独立して元々の琉球へ。わたしの住む街、西成も大阪から独立へ!

ということで、みなさま、沖縄にも徳之島にもキチガイな米軍基地をつくらせないためにインターネット署名協力どうぞ。以下のアドレスから飛べます。


okinawa[1]



〔転載・転送歓迎〕

◆鳩山首相に徳之島への米海兵隊基地移設を断念することを求める署名運動にご協力を!

奄美・徳之島にも、沖縄・辺野古にも、米軍基地をつくらせない市民の会

呼びかけ人    福元洋子 奄美・徳之島
         吉玉誠一 奄美・徳之島 
         浦島悦子  沖縄・名護市
鈴木雅子  沖縄・名護市 

事務局 加賀谷いそみ(男鹿市) 奥田恭子(松山市)
井上澄夫(新座市) 廣崎リュウ(下関市)

鳩山首相は「最低でも沖縄県外」という自らの公約をかなぐり捨てて、名護市辺野古(へのこ)に普天間基地(米海兵隊の飛行場)を移設しようとしています。そしてその案は「徳之島に普天間の航空部隊の一部、もしくは訓練の一部をもっていく」案とセットになっています。

しかし徳之島では4月18日、住民の6割、1万5千人が参加して米軍基地移設反対郡民大会が開かれ、鳩山政権に「移設NO!」を突きつけました。それでも鳩山首相は移設を断念しようとせず、4月28日、地元に影響力を持つといわれる元衆議院議員の徳田虎雄氏に会い、移設への協力を求めましたが、徳田氏は「無理だ」と断りました。さらに徳之島・天城・伊仙の3町長は5月7日、首相官邸で首相と会談し、「普天間の機能の一部を引き受けてほしい」という首相の要請をきっぱり拒否しました。その際3町長は島の人口の約8割に当たる移設反対署名を鳩山首相に手渡したのですが、首相は今後も移設を求める姿勢を崩しま
せんでした。

その姿勢は、9万人以上が参加した4月25日の沖縄県民大会で示された「県内移設反対」の固い意思、沖縄の民意をあざ笑うかのように、5月4日、沖縄を訪問して仲井真県知事らに辺野古移設を通告した動きと軌を一にしています。

徳之島は行政上は鹿児島県ですが、奄美諸島はもともと琉球文化圏に属します。鳩山首相は徳之島は沖縄県外と考えているようですが、沖縄と奄美は一体です。沖縄・辺野古で座り込みを続けるヘリ基地反対協共同代表の安次富浩さんは「徳之島は、琉球弧の兄弟島である。琉球史を知らぬ官僚どもの提案は、断じて許せない。徳之島は琉球圏内であり、県外ではない。新たな闘いを徳之島の皆さんと沖縄県民、全国の人々とともに立ち上がっていきます」と明確にのべています。

戦後8年間、日本から切り離されて米国の施政権下にあった奄美諸島の人びとは沖縄の苦しみをよく知っています。4月18日の郡民大会決議文は「米軍基地移設問題は、沖縄県民の基地の整理・縮小・撤去の意思に反するもので、文化を共有する沖縄県民と奄美の人々を愚弄する、基地のたらい回しに他なりません」と鮮明にのべています。

私たちは鳩山首相に対し、「奄美と沖縄の民意」に応えるよう強く要求するため、下記の署名運動を始めます。全国のみなさんがご協力下さるよう、心から訴えます。

◆ 鳩山首相に奄美・徳之島と沖縄・辺野古への米軍基地移設を断念するよう求める署名

内閣総理大臣 鳩山由紀夫様

私たちは、あなたが進めている米軍普天間基地の移設計画に反対し、あなた自身の「最低でも沖縄県外」という公約の実現を要求します。沖縄・名護市辺野古とともに米軍基地の移設候補地に挙げられている奄美諸島の徳之島は沖縄と同じ琉球文化圏にあり、奄美と沖縄は一体です。徳之島が鹿児島県大島郡であるから

とりあえず「県外」と考えるのは、一体感を共有する奄美と沖縄の人びとの生活感覚、歴史と文化への無理解に基づいています。私たちは以下のことを、あなたに強く要求します。

●徳之島への普天間基地の移設および訓練の移転を行なわないこと
●沖縄・名護市辺野古への普天間基地移設案を撤回すること
●米国政府に「世界一危険な」普天間基地の即時閉鎖・返還を毅然として要求すること

■以下にメールによる署名の要領を記します。

【メール送信による署名の方法】

◆署名は個人・団体(グループ)を問いません。
○ 署名していただける方は、氏名と住所をお知らせ下さい。
○ 団体(グループ)署名の場合は事務所の所在地ないし連絡先を記して下さい。

● 署名の送付先
tokunoshima.isetsu.no@mbr.nifty.com
※ 署名送付の際に「賛同します」とご明記下さい。

◆賛同の期限
5月31日(月)です。署名簿の提出は賛同期限の直後を予定しますが、徳之島移設をめぐる政治情勢の変化に応じて5月内に鳩山首相に届けることもあり得ます。しかしその場合も、署名運動は5月31日(月)まで続けます。

【ご協力のお願い】 この署名運動に賛同される方にお願いします。米軍徳之島移設反対の声は徳之島以外では、まだそう大きくありません。このメールをできればみなさんの友人やお知り合いの方々にご転送下さい。またご関係のメーリングリストやそれぞれのブログ、ホームページでご紹介下さい。どうか、よろしくお願いします。

◆〔個人情報の保護について〕
署名者の氏名と住所および署名団体名とその事務所の所在地や連絡先をインターネット上で公表することはありません。ただし署名の件数については、署名簿の提出後、みなさんに報告します。

● 「奄美・徳之島にも、沖縄・辺野古にも、米軍基地をつくらせない市民の会」の連絡先 当会の活動はメール署名運動ですので、連絡先は署名の送付先と同じです。  
 tokunoshima.isetsu.no@mbr.nifty.com

※ なお本メール末尾の「署名のタイトルと趣旨および要求項目」をプリントアウトして、お名前とご住所を記し、首相官邸に郵送したり、FAXで送ることも歓迎します。首相官邸のご意見募集コーナーにメールで送信することもできます。
  
■首相官邸 〒100-0014 千代田区永田町2-3-1
Fax: 03-3581-3883
Tel:03-3581-0101/03-5253-2111
ご意見募集 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

【鳩山首相に奄美・徳之島と沖縄・辺野古への米軍基地移設を断念するよう求める署名】

内閣総理大臣 鳩山由紀夫様

私たちは、あなたが進めている米軍普天間基地の移設計画に反対し、あなた自身の「最低でも沖縄県外」という公約の実現を要求します。沖縄・名護市辺野古とともに米軍基地の移設候補地に挙げられている奄美諸島の徳之島は沖縄と同じ琉球文化圏にあり、奄美と沖縄は一体です。徳之島が鹿児島県大島郡であるからとりあえず「県外」と考えるのは、一体感を共有する奄美と沖縄の人びとの生活感覚、歴史と文化への無理解に基づいています。私たちは以下のことを、あなたに強く要求します。

●徳之島への普天間基地の移設および訓練の移転を行なわないこと
●沖縄・名護市辺野古への普天間基地移設案を撤回すること
●米国政府に「世界一危険な」普天間基地の即時閉鎖・返還を毅然として要求すること

--------------------- Original Message Ends --------------------


転載・転送歓迎

〔普天間基地の「沖縄県内移設」を阻止するための行動のお知らせ〕

辺野古への基地建設を許さない実行委員会(略称・辺野古実)

●5・10(月)防衛省前へ、5・21(金)と5・28(金)首相官邸前へ

みなさん 鳩山首相は5月4日、沖縄を訪問して仲井真県知事や高嶺県議会議長に普天間基地の県内移設を表明し、稲嶺名護市長をはじめ県民の激しい批判にさらされました。首相は政府案の詳細をまたも明らかにしませんでしたが、普天間の移設先が沖縄と徳之島であることは漏らしました。

しかし5月7日、官邸で首相と会談した徳之島の3町長は普天間のヘリ部隊の移設も訓練の移転もきっぱりと拒否しました。これで政府案は「県内移設」だけになったと各紙が報じています。しかもそれは、2006年日米で合意したキャンプ・シュワブ沿岸域案を焼き直して、クイ打ち桟橋方式で滑走路を建設するというものです。その工法が埋め立て同様、サンゴ礁を含む海の生態系を決定的に破壊してしまうことは明らかで、まさに鳩山首相自身が言う「自然への冒涜」に他なりません。

稲嶺名護市長は4日、鳩山首相と会談した際、これ以上の基地の負担は「沖縄に対する差別」ではないかと糾弾しましたが、首相はどこまでも「沖縄の皆さま方にも、またご負担をお願いしなければならない」という方針を貫くつもりです。


みなさん ここは正念場です。5月7日夜の首相官邸前行動には、雨にもめげず103人が参加し「県内移設反対」の大きな声を官邸に届けました。辺野古実は行動を続けます。下記の行動にふるってご参加下さるよう心から訴えます。どうか、一人でも多く!!

◆ 5月10日(月) 防衛省行動 午後6時半、防衛省正門脇に集合
交通アクセス JR・地下鉄:有楽町線・南北線「市ヶ谷駅」下車7分

◆ 5月21日(金) 首相官邸前行動 午後6時半、
国会記者会館前に集合
交通アクセス 
地下鉄:丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」下車すぐ


◆ 5月28日(金) 首相官邸前行動 午後6時半、
国会記者会館前に集合

交通アクセス 地下鉄:丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」下車すぐ

▼ 連絡先 辺野古への基地建設を許さない実行委員会(略称・辺野古実)
電話 090・3910・4140
http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html

--------------------- Original Message Ends --------------------


プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。