World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


農家で働こう!

Category: 未分類  
nouk.jpg

私は、3年ちょっと、骨のないイソギンチャクみたくふわふわと海外を旅してた。日本へ戻って4カ月ぐらいがたったが、今もこれといってなんら生活に締まりなくふらふらしいる。ただ、帰って来て不思議に感じるのは、私自身がまったく焦っていないのに、周りが私の生活を見て焦ることだ。そして「あーだ、こーだ」言いたいことを親切にもいってくれる。

今は、大阪にいるけど、ここにも私の生活を見て「どうのこうの」と言ってくれる親切な方々が多い。中には丁寧に進路相談まで勝手にしてくれる。しかし、なぜにまあ、そんなに人の生活をカウンセリングしたがるのか?私に色々言ってくれる「カウンセラー」たちは、日々まじめに「労働」していない人間を見ると不安に駆られるのでしょうか?「人間は、まじめに働かなくてはいけないのだ」っていう幻想が揺らぐと、彼・女ら自身の生活になにか支障でもあるのでしょうか?それとも、「本当は自分も働きたくない」ってだけじゃないのかなんて思うけど、どうなんだろ。「ほんまは、働きたくないんや!」っていうのが本音なら付き合いやすくていいんだけど。
しかし、まあ、私も毎日、金にならない労働はしてるんだけど、このカウンセラーたちはそれを「労働」とは認めてはくれません。仕方有りません。

あんま金にならない労働といえば、最近まで、大阪の河南町にある無農薬農業をしている共同農場で働いていた。とにかく有機農業・無農薬農業はおもしろかった。なんといっても野菜が甘くてうまい。うまさの秘訣は、独自の堆肥と肥料らしいんだけど、説明を受けてもよくわからなかった。
しかし、本当に無農薬は骨が折れる仕事だった。一日中、腰を曲げて小さな葉っぱについた虫を手でつぶしたり、小麦粉を水で練ったものを串につけて取ったり、小さな雑草を一本一本手で抜いたりした。思わず、農薬や除草剤をぶちまけたくなった。農薬を使わない分、労働量が多かった。だから人件費の分、野菜自体の販売値段が高いのかと思っていた。でも、ここの農場の野菜は普通のスーパーの野菜と同じぐらいか、それ以下の値段で売っている。誰でも継続的に無農薬野菜を食べて欲しいから、手ごろな値段にしていると言っていた。

nouk1.jpg

日本に帰って来て、無農薬だ、有機農業だ、田舎暮らしだ、農家レストランだ、自給自足やなんやかんや、やってる場所を巡った。おもしろいところもあったけど、ビジネスの臭いがきつかったり、ボッタくりだったり、新興宗教ぽかったり、ボランティアを異常に酷使してたりってのが多かった。しかし、金があればいい物が手に入って、安全安心なスローライフが過ごせますっていうのも、なんだか、エコならぬエゴな感じがする。河南町の共同農場みたいに金がない奴らでも、安全でうまいものが食えるっていう精神の方が断然素晴らしいと思う。(ちなみに、素人の乱界隈の松本くんの母上がやっている「気楽庵」って古民家の宿は安くて最高。)

で、さっそく、ここの農園のミニコミ「あおぞら通信」に「サパティスタ民族解放軍」のことを書かせてもらった。普段、まったく政治的なことが書かれないミニコミにサパティスタが紹介できてよかった。以下は農家ミニコミ「あおぞら通信」より。

対談「ふらふら旅。へとへと研修。」 ▲石原野恵 ■志賀直輝

nouk2.jpg


■野恵ちゃん、お母さんから「あおぞら通信」の原稿依頼きましたよー、なに書く?せっかくだから、旅のこと話してよ。
▲じゃあ、そうさせてもらいますわ。私は、食品会社を辞めて2008年7月から1年間、世界旅行へ行ってん。アジア、中東、ヨーロッパ、北米、中米と14カ国を旅した。韓国で有機農業の学校でボランティアしたり、フランスでは有機農業でベジタリアンのコミュニティでボランティアした。で、キューバでは漁師をした。色んな国で、色んな人に会って、めちゃめちゃ色々考えたやけど‘食’は改めて大切やと思った。一言では語られへんわ。で、真っ先に自分の周りでの‘食’ということで結びついたのが、うちの母親が10年くらいしている‘あおぞら農場’やった。大阪に帰ってきて、すぐに母親に研修させてほしいと頼んで、今に至るよ。そういう、直輝はどんな旅してたん?

■俺?俺は、3年ちょっと、海外ほっつき歩いてたよ。アジアじゃ、出家志して仏教修行してたよ。もちろん、出家はやめたけど(笑)。それからパレスチナじゃあイスラエル軍や入植者がパレスチナ人に毎日暴力振るったり占領しててね、それを身体で止めるいうNGO活動してた。それからヨーロッパじゃあ、金ない若い奴らとかアーティストたちがみんなで空き家を占拠してて、そこを共同空間にしたり、有機農業やってたりっていう場所で生活してたよ。あとは、超貧乏な国でスラムいわれる貧民エリアでボランティアしてた。そんでもって、中南米いってグアテマラで、野恵ちゃんと運命的に会ってね。無理いって、一緒にメキシコはチアパス州のサパティスタ民族解放軍の自治区でボランティアしようって誘ったんだよね。

▲そうやね、行ってほんまにいい経験になったわ。

■うん。サパティスタ民族解放軍っていうのを説明しないといけないよね。サパティスタを簡単にいうと、メキシコに元々住む、先住民たちの農民運動なんだよね。1994年にね、米国、カナダ、メキシコの間で自由貿易協定ってのが結ばれて、三カ国間で関税なしで自由に貿易ができるようになった。そのせいでメキシコ国内に米国から大量生産の安い農作物が流れこんできた。だから農薬も買えない小規模農業してる先住民たちが更に貧乏になった。白人がアメリカ大陸に侵略してからさ、ずっと貧乏や差別から抜けにくいシステムの中で暮らしてる先住民・農民たちがさ、こんな生活は「もうたくさんだ!」いって、94年に武器をもって立ちあがったんだよね。彼・女たちは、米国や政府、大企業の介入を拒否して自治区をつくって自分たちの生活と食を守ってるんだよね。

▲村は全体的に貧乏やった。ぼろぼろの服に素足の子どもがよくお菓子ほしいとかねだってきたな。なんで、こんなにも貧乏なんやろっていっぱい考えたわ。そんな環境の中で、自分たちの土地や地域の生活、自分たちがつくる栄養価が高くて安全な食べ物を守ろうっていう動きが素直に「素晴らしい」って思った。サパティスタの農民たちは当たり前のことを率直に主張してる。だから彼・女たちは貧乏やけど、子どもも大人もすごい、みんなが明るくって健康的やった。

■そうなんだよね。自分たちの食べ物とかさ、土地を守ろうっていうのが本当に強かったよね。そこで思うのが日本の農業だったり、食べ物だったりするんだけどさ。

▲そう、そこやねん。だから、あおぞら農場に真っ先に来たかってん。あおぞら農場は、地域密着で出来るだけ薬も使わないで、食べる人と会話しながらやってるやん。でも、その自然なことを続けていくのって、ほんまに大変やなって研修来て思ったわ。この前、にんじん葉の虫取りをやっててん。山ほど、いも虫がおって「ぶゎーって農薬かけたい~」って衝動に駆られたで(笑)。こんな大変な作業ををずっと続けてるんやから、あおぞら農場のみんなはやっぱりすごいわ。安全で美味しい食べ物を作って土地の物を守る、自然で当たり前なことを続けていくってことは、ほんまに大変なことやって思った。

nouk3.jpg

■ほんとだね。自分たちの食い物と土地・地域を守るってことが大事だよな。大型スーパーとか大企業からよくわからん食べ物買うよりも、安全でさ、地元のもん買って、地元で繋がる方がいいよな!っていうかさ、出来ることなら自分でつくるのがいいよね!やっぱり、DIYだ!

nouk4.jpg

以上

PS
それから最近、社会問題にまったくかすりもしないイベントとか、社会運動とか政治にまったく興味のない人と話す機会がある。人に聞かれもしないけど、サパティスタやパレスチナ問題、グローバリゼーション、ベジタリアン、大阪には野宿者が異常に多いこと、石原都知事とオマワリは糞だとか、あんま働かないで生きてゆく方法はないのか、教えてくれませんかね?なんて話をしている。あるシンポジウムの主催者には「訴えないでくれ」なんていわれたり、おばちゃんにパニくられたりもしたが、なんとなくみんな同じ方向を向いて、空気を壊しちゃいけないなんていう空気は、壊した方がいいと思うし、やっぱり、壊すことはおもしろい。みんなに理解されるのも大事かもしれないけど、オブラートに包み過ぎてたら、言いたい事もいえなくなるし、やっぱりありのままにハードコアにいきたいと思う。
ってのもあって、マシな求人があったから自己主張する政治的な履歴書を送ったら、そのまま送り返された。さらにある面接では、職務経歴にパレスチナで活動してたこととか、サパティスタとかについて書いたら、「そんなもんは書くもんやない」なんて言われた。じゃあ、いったい、なにを書けばいいのか?あっ、そうか、マスでもかいて、面接官の顔面に飛ばしてやればいいのか。忘れてた。

で、浦島太郎的な気分で帰り道、ぼーっとしてたら、知的障がいをもった兄さんに「兄ちゃん、元気かっ?」ってスポニチを渡された。だから、いろいろ立ち話をした。すると、そこへ兄さんの介助者のおっさんがやって来た。私は、兄さんに「あのおっさん(介助者)は、なにしてる人なの?」って聞いたら、その兄さんは「ギターと三味線をしてる人」と答えた。
私は、なんだかほっとした。「なにをしてる人?」っていう質問の答えが「職業とか仕事」じゃなかったことに。面接官に「今はなにをしてるの?」って聞かれて、金になる仕事以外は「なにもしていません」なんて答えるのが当たり前なんいうのは、いかれてると思う。今度からは、面接官に「なにをしているの?」と聞かれたら、顔射した上で「暴動の準備ですよ」と、にっこり答えようと思う。

nouk5.jpg
▲こどもぼうどう
スポンサーサイト


パレスチナ オリーブ収穫ボランティア募集

Category: 未分類  
Palestinian-olives-for-ol-001[1]

ただ今中東をご旅行中の皆様へ

パレスチナでは、イスラエルによる規制、閉鎖、ユダヤ教徒の過激派による
嫌がらせによりオリーブの収穫が困難になっています。
オリーブの収穫のこの季節に中東をご旅行中の方で、
ボランティアにご興味のある方は是非、エルサレムの美恵子までご連絡ください。
行き先は毎回異なりますが、主にナブルス方面、ベツレヘム周辺、ラマーラ周辺に行きます。
交通費は自費となりますが、現地での昼食は農家のほうで用意されます。

日程: 10月24、31日、11月7日。尚、雨天の場合は延期となります。

ご連絡はメールにてお願いします。

miekotav@gmail.com

エルサレムでの宿泊場所をお教えいただけると助かります。

日本アラブ未来協会
現地代表

美恵子


パレスチナの日常

Category: 未分類  
イスラエルでは9月、10月にユダヤ教の祭日が多いため、パレスチナ・西岸地区やイスラエル国内のアラブ人(パレスチナ人)への管理・監視が激しくなっているようです。以下は、東エルサレムからのメールです。


9th,_October_015.prayer_6


9月、10月はユダヤの祭日がたくさんあります。ユダヤ暦の正月、絶食日、スコート。今日は1週間続くスコートの最終日を祝う日でした。

そのため、イスラエル国内に住む(住まわされてる)、アラブ人(パレスチナ人)だけが旧市街(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地)への出入りの規制、歩行中の尋問、身分証明書のチェック、道路閉鎖、チェックポイントの閉鎖などあからさまな人種差別的行為が眼につきます。また、イスラエル兵はイスラム教徒にとって神聖な金曜日の礼拝にくる人達の出入りを禁止しました。これは、よくあることです。

また、旧市街に住んでいるという証明書を持っていないとアラブ人男性は旧市街に入れて貰えません。入れて貰えるのは、45歳以上の男性のみです。そのため、アクサモスク(神殿の丘)にお祈りにいけず、みなそれぞれ、通行禁止になった道路上で、お祈りをしました。

イスラエル兵隊達が叫んでいます。
『(パレスチナ人が)ひとつでも石を投げてきたら、撃て。』
兵隊たちはきっかけを待っているのです。

9th,_October_030.prayer_3


ダマスカス門前では多くのアラブ人が集まり、演説をしました。

演説の内容はこうです。

『神は、この世に一つである。神は天に存在し、その神のみが私達の仕えるものである。今日、ユダヤ人たちが来て私たちのお祈りを邪魔した。しかし祈りの邪魔は誰にもできない。彼らは神ではないのだから。アクサで祈るのも、この道路上で祈るのも、同じ天の下だ。


神が望めば、今日闘いが起こるであろう。神が望まなければ、闘いは起こらない。
ユダヤ人達は、発砲の理由になるきっかけを待っている。彼らは闘いたくてうずうずしている。彼らの思いを叶えてやるな。』

9th,_October_034.prayer_1


写真
ビア・ドロローザとオーストリアン・ホスピスの角
ビア・ドロローザ
ライオン門付近

美恵子


へんたいよいこのタイ刑務所だより

Category: 未分類  
へんたいよいこのタイ刑務所だより!

vol 14

http://irregularrhythmasylum.blogspot.com/2009/09/vol-14.html

最新号! vol 15

http://irregularrhythmasylum.blogspot.com/2009/10/vol-15.html


佐藤レオさん 訃報

Category: 未分類  
kantoku_photo[1]


佐藤レオさん 訃報

9月の半ばに、佐藤レオさんが亡くなった。レオさんは、パレスチナ西岸地区・ビリン村の非暴力抵抗運動を描いたドキュメンタリー映画『ビリン・闘いの村』をつくった。最近は、ビリン村でイスラエル兵に殺されたパレスチナ人・バッセムの追悼DVDの日本語版を作り、私と一緒にバッセムの家族へのカンパ集めや上映会をしていた。

レオさんがやってる「HAMSAFilms」の「ハムサ」は、パレスチナ人とイスラエル人が共通して使っている魔除けのお守りだ。レオさんは、この「ハムサ」が好きだった。パレスチナ人もイスラエル人も双方が使ってるから好きだった。

REO2.jpg


レオさんは、俺がつくったまずい蕎麦を「うまい」いって、うれしそうに、すすっていた。 

レオさんは、本当にやさしい人だった。やさしすぎる人だった。そんな人が生きられない社会なんてあっていいわけがない。そんな社会なら、わたしは喜んで全身で反逆しつづけたいと思う。本当に悔しい。彼の意思も勝手についでいこうと思う。

news23とレオさん
http://www.youtube.com/watch?v=buJ9DQA6TpI&feature=player_embedded

「ビリン・闘いの村」公式サイト
http://hamsafilms.com/bilin/index.html

REO.jpg



▼レオさんが書いた文章。

私とパレスチナ、そしてイスラエルとの関わりは2004年に遡ります。当時、長期旅行中だった私は、ヨーロッパ各地を転々とし、トルコ・シリア・レバノンを経て、聖地エルサレムへと向かいました。
 まず、イスラエル入国で待っていたのは過剰なセキュリティでした。レバノンやシリアのビザを持っていた私は半日ほど待たされ、ようやくイスラエルに入国できました。

 たまたま泊まった安宿には、普通の旅行者だけでなく、ジャーナリストや活動家がたむろしていました。そのなかに、八木健次さんという写真家がいて、ちょうど分離壁に関するドキュメンタリーを作っているのだと聞きました。

 私自身、日本を旅立つ前にビデオ編集を仕事としていましたので、そのプロジェクトに興味を持ち、同行取材するようになりました。そこで目にしたのが、美しい旧市街とは対照的な、パレスチナとイスラエルを分断する壁やチェックポイントでした。

 それまで40以上の国を見てきましたが、ここまでの紛争を目の当たりにすることはなく、少なからず衝撃を受けました。
アザウィア村の壁建設反対デモの取材では、初めて催涙ガスを経験しました。
パレスチナ人に混じって兵士たちに涙ながらに抗議するアメリカ人女性に心を動かされました。

また、ヘブロンの元兵士たちが主催した写真展「ブレイキング ザ サイレンス」も取材し、元イスラエル兵士の中にも自分たちの行いに疑問を投げかけている人々がいるのだな、ということを知りました。
 そうして私は、このプロジェクト「THE WALL」の編集・助監督をすることに決め、日本に帰りました。それが2004年7月のことです。

 「THE WALL」が数ヶ月をかけて完成し、小規模ながら上映を何度か手伝ったりもし、そして一年以上が経ち、今度は自分で何か出来ないかとカメラを買って、2006年の5月から6月にかけて、パレスチナに再訪問しました。

現地の人々の協力と、半年ほどの翻訳と編集を経て出来たのがこの作品「ビリン・闘いの村」-パレスチナの非暴力抵抗-です。

彼らの非暴力の闘いはすでに3年以上続いており、2007年9月には村の分離フェンスのルートを変更するようにとのイスラエル最高裁の判決がありましたが、それが本当に実行されるのかどうかはまた別の問題だと聞いています。

 イスラエル政府は、国際社会が決めたグリーンラインを無視し、パレスチナに与えられたはずの西岸の土地に120以上の入植地を建設し、主な入植地を分離壁・フェンスでさらに囲み、チェックポイントを設けてパレスチナ人たちの行動を制限しています。この政策は、国際司法裁判所から停止勧告を受けています。そういった見えにくい土地収奪、水資源の確保などが民族浄化の一手段として継続的に行われており、そういった日常が、パレスチナ人の困難をさらに難しいものとしているということを、この映像を通して広く理解されるきっかけになればと思います。



▼追悼文   

レオさんへ
以前も直接お伝えしましたが、レオさんに会えてよかったです。
初めて会った年、テルアビブでレオさんと喧嘩しましたね。
それももう懐かしいばかりです。

レオさんがサポートしてくれたおかげで、バッセム追悼映画の上映が実現しました。
レオさんはいつも自分のことを犠牲にして私の願いを実現してくれました。
感謝しています。そして心痛いです。
これからもずっといいパートナーでいてくれることを祈っていました。
レオさん、さようなら。安らかに眠ってください。

10月5日 エルサレムより 美恵子

img_1493700_55644796_5[1]


▼今後も、佐藤レオ監督作「ビリン・闘いの村」とバッセム追悼DVDの上映と販売をしていきたいと思います。東京では、IRAや模索舎で購入できます。売上は、バッセムの家族にカンパします。


プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。