World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 未分類  
7月26日夜6時から27日朝方にかけて、ヘブロンの Deir Bahaaというエリアでイスラエル兵がパレスチナ民家二軒をブルドーザーで破壊した。また、この家の男性が「法的」に一人殺された。夜中、爆発音と破壊音が薄気味悪くなり響き、照明弾がこの村を美しくも飾っていた。
 殺された男性はハマスと関わりがあるというふうにイスラエル側はいってる。たとえこの男性が、ハマスだろうとハマスでなかろうといったい誰に「法的」に人を殺すことができるだろうか?イスラエルはいつもなにか殺したい人や破壊したい建物があると「テロリスト」だと一言で片付け殺したり破壊する。

この晩、わたしたちはこの村に飛んでいった。村は兵隊によって囲まれ動くことができなかった。でも、なんとかギリギリのラインまでいった。そこからパレスチナ人民家がイスラエルのブルドーザーで破壊する瞬間をじっと見ていた。なにもできない無力感と理不尽な行為に対する怒りだけが空しくそこにあった。深夜に兵隊が村の中を調べにきた。わたしたちは息を殺して時間をまった。


そして翌朝破壊された家へゆくと、そこにはシャベルで倒壊した家を掘ってる人たちがいた。彼らは生き埋めになったパレスチナ人仲間を助けようとしていた。彼らの表情は凍っていた。多くのパレスチナ人はいつも明るくて冗談ばかりいっている。ここにはそんな空気がまったくなかった。若者の顔からは怒りが浮かび、子どもの顔からは悲しみが浮かんでいた。

わたしたちはなにもできずにこの村をたった。そして記事を書いていると、すぐに電話がなった。近所でイスラエル入植者がパレスチナ人民家を破壊していると。すぐに飛んでゆくと、パレスチナ人の民家の水道パイプが切られ、ブロックが壊されていた。入植者はこのパレスチナの家を壊したくて仕方がない。なぜなら、この家を手に入れると、入植地と入植地をつなぎひとつの入植地にすることができるからだ。

わたしたちが、この家に着くとすぐに兵隊がきた。そして怒りながら、パスポートをよこせといってきた。「法的」に警察と国境警察以外には見せなくていいことになっているので拒否すると、わたしの友人の手や足をそのまま引っ張り逮捕しようとしてきた。わたしたちはすぐにスクラムを組んで寝た。そして数分後、警察がきて、あっさり逮捕された。入植者の行為は「法」に反せず、わたしたちの行為は「法」に反する。警察署でいわれた。ここの「法」は兵隊だと。そして1週間の立ち入りを禁止された。しかし、そうもいかないのでこっそりと活動している。こんな「法」しったことではない。

そろそろ、また逃げる時間がやってきた。逃げてはまた立ち戻り、逃げてはまた立ち戻る。

動画
http://video.mixi.jp/list_video.pl?
スポンサーサイト


へんたいよいこのタイ刑務所だより VOL-6

Category: 未分類  
タイの刑務所よりタブーのK点を越え読者のG点を刺激する!待望の第6段!ハードコア・アナーキー終身刑者だより!

keimusho.jpg

keimusho2.jpg

KEIMUSHO3.jpg

KEIMUSHO4.jpg

皆様からの感想、メールお待ちしております。珍宝さんはすごく首を長くして感想をまっています!よろしくおねがいします! osasimi-ichiban@hotmail.co.jp 志賀直輝



DO OR DEAD

Category: 未分類  
最近、ヘブロン周辺ではイスラエル兵によるパレスチナ人への管理・監視が激しくなっています。パレスチナ人地区にある無数のイスラエル兵の検問所(CHECK・POINT)では検査を受けるパレスチナ人の列ができたり、長時間無意味に拘束されたり、検問所を封鎖して交通できなくさせています。兵隊はときに罵声をあげ少しでも抗議したら壁に押し付け全身検査されます。また妊婦や年寄り、子どもでも容赦なく検査されます。

また、同時にイスラエル入植者も急激に活発化しています。ヘブロン(パレスチナ)の街の中心部には大小合わせてイスラエルの入植地が5ヶ所あります。今、入植者の若者がパレスチナ人の土地でテントを張って、この近くの道路をパレスチナ人が通るとき、襲撃や投石したりしています。

hebro2.jpg
▲パレスチナ人の土地の違法で張る入植者テント

昨日、入植者がパレスチナの若者を襲撃しようとしていたので、わたしたちのグループが止めに入ろうとしたら、覆面した入植者や若者たちが殴りかかってきました。さらに投石されわたしの仲間の手に当たりました。また小学生ぐらいの入植者がペッパースプレーなども撒いてきました。しかし、このとき、逆風に煽られてスプレーは入植者たちにもふりかかっていました。これには笑いました。でも、もちろん仲間の目はやられました。さらに、仲間のカメラも壊されました。

覆面した入植者たちに「お前はナチスだ」と何百回も繰り返しいわれました。だからその都度「俺は反ナチだ、ナチと闘ってるANTIFAだ」って何度もいいました。それでも「お前はナチだ、殺してやる」といい返してきました。あまりにひつこいし、いい加減頭にきたので「お前がナチ」だと言い返してやると、この入植者は憤激してもっと殴りかかってきました。

hebro.jpg
▲パレスチナ人地区を徘徊する覆面イスラエル入植者

本当はぼこぼこに殴り返したいのですが、まわりには兵隊や警察がいてもしもこちらが手を出すと即逮捕されるのでなにもできません。それにわたしの団体が非暴力っていうのもあってただ殴られるだけです。まわりにいる兵隊はいつもただ、入植者を見守るばかりです。

これはパレスチナ人の場合だともっとひどいです。入植者に手を出さなくてもイスラエル兵に逮捕される場合が多いです。パレスチナ人には入植者に対してなにもできません。

また、南ヘブロンのスシヤという羊飼いの村では、毎日兵隊や入植者が羊飼いを妨害してきます。羊飼いは毎日、羊が餌を食べるため遊牧しないといけません。そこに兵隊や入植者がきて、パレスチナの土地にもかかわらず「ここはイスラエルの土地だ、ここから出てゆけ」といいます。そして翌日、前日いった境界線をさらに越えて「ここはイスラエルの土地だ、ここから出てゆけ」といいます。こうやって少しづつパレスチナの土地を奪ってゆきます。今週、ただ羊を遊牧させていたパレスチナ人が何もしていないのに逮捕されました。

攻撃的な入植者はいつもいいます。「ここは神が我々に与えてくれた土地だ。4000年前から住んでいる。アラブ(パレスチナ人)にただ貸してやっていただけだ。平和に暮らしたい。パレスチナ人はどこか他の国へゆけばいい。」

しかし、アラブ人は何百年、何千年もこの地に住み続けています。この事実をアラブ人を追い出そうしている入植者たちは聞く耳をもちません。

もちろん、イスラエルの中にはこういった入植者に疑問を持つ人が多いです。もちろん入植者を守る兵隊の中にも多いです。それでも社会の構造がこういった入植者たちを支える仕組みになっているため、なかなか打ち砕くことができません。

今はたしか2008年だったと思います。人間は少しは進歩したのかと思っていました。そして、世界各地で行われたかつての虐殺や「人権」まがいの行為は昔の話だとおもっていました。しかし、いまだ、現在進行形でこの「人権」を無視した行為が行われています。「人権」なんて言葉は嘘臭くて好きじゃありません。それでも本当にここパレスチナには「人権」がまったくありません。きれいごとも現実もすべてひっくるめて「人権」がない。

一体、わたしたちは今までなにをして、なにを見てきたのでしょうか?どうしてもわたしにはなにもわかりません。そして、その構造の一部がわたしでもあるという、なんともいてもたってもいられません。

DO OR DEAD

hebe3.jpg
▲警察・兵隊に抗議するISM


settelers vs antifa
http://www.youtube.com/watch?v=5W6rp_64x7k

PS 最近、インターナショナルのアクティビスト仲間が相次いでイスラエル警察に逮捕されている。非暴力活動にも関わらず、あっさりと逮捕される。心配なのはイスラエルへの再入国ができなくなるかもしれないこと。こうなるとパレスチナでの活動ができなくなる。アクティビストの特権は、パレスチナ人と違って逮捕されても長時間拘留はされないこと、警察・兵隊・入植者を側から撮影できること、デモではパレスチナ人よりは攻撃されないこと、などいろいろある。パレスチナでの非暴力運動にはインターナショナルや海外メディアが欠かせない。


タイ刑務所からの手紙

Category: 未分類  
タイの刑務所に14年服役しているアベさんから初めて手紙をいただきました。ぜひよんでください。

tai.jpg


プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。