World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トルコの農場でただ働きしよう!

Category: 未分類  
トルコにギョレメという観光地がある。ここにはたくさんの観光客がいる。もちろん、日本人もたくさんいる。
 ある日、バス停で20代ぐらいの日本女性に会った。彼女はこの街の喫茶店の手伝いをしているという。私は下心から彼女の店へついて行くことにした。そこには、経営者のトルコ男性がいた。愛想は悪かった。彼の奥さんは、日本人女性だという。

私は、どんな奥さんか興味をもった。さらに手伝いをしている女の子にも性的に興味があった。だから奥さんを待つという名目で、4時間ぐらい一番安いお茶を飲みながら彼女と話をした。ようやく奥さんが来た。話してみると、気さくで明るい女性だった。彼女も昔、世界を旅していたらしい。そして、旅の途中、ここギョレメで今の旦那と出会い、数年交際して結婚したとの話だった。これには、ますます興味が湧いた。彼女は結婚のためにイスラム教に改宗したなど、習慣の違いなど、様様な愚痴を語ってくれた。さらに、彼女と「日本人女性救済の地」(ひとつ前の日記参照)について話をした。どうやら、カッパドキア(この街ギョレメも含む広域)には、トルコ男性と日本女性カップルが40組いるとのことだった。日本女性以外でも、オーストラリアや欧米の女性とトルコ男性のカップルもたくさんいるようだ。さらに、イスタンブールにはカッパドキア以上に、もっと日本女性とトルコ男性のカップルがいると話していた。なんだか、トルコが女性たちに人気があるのもわかる気がした。

 後の話になるが、ある旅友達の女性と一緒に町を歩いていたら、彼女は半端ない数のナンパにあっていた。ちなみに彼女は101回目のプロポーズに出ていた浅野温子をマネしたウッチャンナンチャンのナンチャンに似ている(ネット上の日記は怖いもので本人が読むかもしれない、読んだ時のために一言、あんたは最高の女だ!俺と寝てくれ!)。これには、羨ましいの一言につきた。私もトルコ女性にいっぱい声をかけられて、一晩中、マットプレイをしたいものだ。
 
それと、余談だが、喫茶店の手伝いをしていた日本女性は、毎年、カンボジアのシェムリアップに通ってるとの話だった。これからシェムリアップに住むともいっていた。トルコに、カンボジアのシェムリ。どこかで聞いた覚えのある名だ。

話は最初から余談で、わたしは、奥さんに誘われて、旦那の家族が経営する農場の手伝いをすることになった。農場は、ぶどう畑。乾いた土地に一面、ぶどうの木が広がっていた。ひさびさのきつい労働に、性欲が増した。しかし、性欲が増しても、ナンパしてくれる人もいない、する度胸もない。トルコはムスリム国なので、トルコ女性に触れるのは結婚までは厳しい。それにこっちが望んでもあっちがねえって話もある。そんなわけで、ひたすら、疲れマラを水で冷やした。冷えたての冷え冷えのマラはいかがかねーって、ミネラル麦茶のトラに襲われた女優の口に突っ込んでやりたい気分だった。

仕事内容は、単純、ぶどうを狩る。バケツに投げる。トラックに乗せる。トラックで走って出荷しにゆく。その反復だけだった。ほんと、自然の中で働くのは、気持ちよかった。それに、飯も3食食わしてくれるし、ただ働きでもいうことない。

ちなみにトルコは今月の中旬からラマダーンの時期に入った。この時期は、ムスリムは日が出てる時間帯、断食する。熱い農作業の中、おばちゃんや娘たちは、水も飯も口にしなかった。ただ、ここのおっさんは、怪我しているということで、飯をくっていた。そんなおっさんは、わたしと友人にコカコーラをだしてくれた。コカコーラを注ぎながら、おっさんはいった。

「これは、アメリカ製品だ!広島、長崎を覚えてるか!アメリカが支援するイスラエル軍は最低だ!コーラはNO、GOODだー!」

 と自分で買ったくせに文句をいっていた。全く同感したが、このおっさんもコカコーラ飲んでいた。
さらに、おっさんに「どれぐらいの休みなのか?」と友人が聞かれていた。友人は「2年」と答えた。するとおっさんは、「このキャピタリスト!」と毒づいていた。キャピタリストは資本主義者を意味するわけで、確かに、2年間も旅ができるのは、資本主義国家の一員だからこそ可能なわけで、日本や欧米諸国のように第三世界の経済力を搾取している国の人にしかできない。だから、冗談ながらに言っていたけど、やっぱり冗談でもない本音な気がした。だいたい、おっさんたちが、2年間も旅するのはかなり無理な話だ。

そんな会話は、ラマダーン中でムスリムの意識や政治意識が高くなっていたのかもしれない、が、どうだかわからない。それとあとの話だけど宿の兄さんが、必死になってムスリムやラマダーンの話をしてくれた。ラマダーンは、食欲や欲求をコントロールするためだといっていた。これは、仏教の断食も同じだ。それから、スーダンに2年間住んで一ヶ月間ラマダーンを一緒にしていたという旅友だちは、ラマダーンは「飯を抜くことで、飯の食えない人の気持ちを味わうため」だともいっていた。どちらも話を聞く分には、すごくよいことのように感じた。

しかし、トルコのラマダーンは、朝方、日が登る前、3時とか4時に起きて朝飯を食う。そしてまた寝る。起きてからは、日中、一切なにも口にせず夜7時になったら飯を食べる。その後、こまごまと、間食をしたりする。なんだかんだで結局、3食か、それ以上ご飯を食べている人もいる気がする。これを一ヶ月間行う。

欲をコントロールすることや、飯の食えない人の気持ちになることは大事なことだと思うけど、結局、普段と同じ量の物くってるしなー、いや、むしろ、それ以上食ってるんじゃねえのかーって思ったりする。でも、街は夜7時になると人が消え花火があがる、そして家族揃ってご飯を食べる。そんなお祭り的な時間と考えるとなんだかラマダーンがあったかいものにも感じた。

それにしても畑仕事が楽しい。2週間ぐらい畑で働きたいと思った。おっさんも自分の家に泊まりにこいという話になった。宿代もうくし、ちょうどいい。最近、ホテルで働かないかという話もあったけど、おっさんの畑で働く方がいいと思った。だから、おっさんちに連れて行ってもらうのを待った。が、おっさんはいっこうに現れない。数日たってようやくおっさんに会えた。しかし、畑仕事はもうないと言われた。そんなこんなで、結局、ただ働きですら仕事にあぶれてしまった。まぁ、よいではないか、といいつつ、今日もこうして長いマスをかく。ここギョレメにもうじき3週間もいることになる。そろそろ動こうと思う。

スポンサーサイト


「日本人女性・五大救済聖地」

Category: 未分類  
 あるサイトで「日本人女性・三大救済聖地」というのを見たことがある。ここでいう「救済聖地」という意味は、日本で「もてない女性」が海外にゆくと大ヒィーバー(オオモテ)する土地を指している。つまり、大げさにいうならビギナー(処女)が初めてパチンコ(チンコ)して大確変(オーガズム)を当ててパチンコ依存症(チンコ依存症)になってしまったということだ(依存症まではいかなくても、はまる人は多いような気がする)。

 で、その三大聖地はどこかというと、言わずと知れたインドネシアのバリ島、アンコールワットで有名なカンボジアのシェムリアップ、ヒッピーやバックパッカーの沈没有名地・ネパールのポカラ。

 私はバリ島に行った事はないが、「日本人女性」とバリニーズの恋の話はよく耳にする。よく聞くパターンとして、恋に落ちて、バリ島に店か宿を建て、できあがったら、はい、さようなら。カンボジアのシェムリアップに長期滞在する日本人女性もたくさんいた。カンボジアに滞在するあるNGO関係の人が、そんな彼女たちのことを「SEX・NGO」と呼んでいた。セックス未発達男性に色の48手を教えてくれるということなのか。それなら未発達の私もご支援していただきたい。さらに、地球の歩き方・シェムリアップ編には、「日本人女性」をターゲットにしたカンボジア人男性のインタビューが紹介されていた。その中で、『「日本人女性」をレイプすればバイクを買ってもらえると思っている男もいる』などと書いてあった。が、そんな奴は実際にはいないだろう。ネパールのポカラは救済現場をあんまり見たことないが、確かにネパーリーは男前だし、納得できる。

 それから、私としては三大聖地に付け加えて、仏教の聖地インドのブッタガヤ、ヒンズー教の聖地ガンジス川のバラナシもいれたい(宗教の聖地としての「聖」、金とセックスを目的とする性地としての「性」、ふたつの共通する韻が実に興味深い。それに韻の問題を抜いたとしても、宗教は性をいやってほど題材(執着)にしているし、金もたくさん集まる、その辺りはナンパ男と変わらないかもしれない)。インドのブッタガヤとバラナシにはやはり「日本人女性」をターゲットにする射精戦士たちがたくさんいる。一攫千金の夢を抱いて、日々硬くなった剣を握っている。

 それから、これは、実感でもあるのだか、やはり「救済聖地」の中にトルコがもれているのもおかしい。ナンパ好きの一部のトルコ男性から苦情が来そうだ。そこで私は、EUに加盟したいけど加盟できないトルコを「日本人女性・五大救済聖地」に認定したいと思う。

 残りのひとつは、ブッタガヤよりバラナシの方が救済件数も多いだろうし、バラナシには、元祖「日本人女性救済」を受けた久美子ハウス(日本人沈没宿のひとつ、朝から晩までヒッピー化した旅人たちが草を吸っていることで有名な宿)の久美子さんもいる。ということで、五大聖地は、ジャワ島、シェムリアップ、ポカラ(又はカトマンズ、議論の余地あり)、バラナシ、そして、イスタンブール(トルコも議論の余地ありで、ナンパの多いカッパドキア説もあり)に認定したいと思います。

 ここでこれから海外に進出しようと思う大和ナデシコたちにアドバイスを授けたい。ある日本人熟年女性旅行者(68歳)がこんな言葉を残していた。
 
「あんた、やられたくなかったら、もっと、日本でやってからきなさいよー!」

確かに、ある程度、遊びをしっていれば、海外でもうまいことのりこなせるかもしれない。それに、生まれたてのヒヨコは初めて見た物を親だと思うっていうだから要注意!

また、ある日本人20代女性旅人が、こんな名言を残していた。

「海外に逃げた女はみんな負け組みなのよ、わたしもその1人、でもね、日本にいる負け組みよりは、積極的負け組みなのよ…。」

この開き直りは、ある種かっこいいと思った。「汝我を知れ」って言葉もあることだし、自分を知るってことは大切なことですしね。それに、この開き直り方が、勝ちも負けも超越している気がする。そもそも勝ちも負けも自分の頭が勝手につくりだした妄想に過ぎないわけだし、ブスも美人も開き直って、世界を飛び回る方がどんなに楽しいだろうか。そして、タマタマ、世界の男のマタの上を飛び回ることもあるかもしれない。それもマタ楽しいではないか!!大和ナデシコよ、思う存分、ナデナデ、シコシコするがいい!!



フルチンTシャツ取り扱い店舗+バンド紹介

Category: 未分類  
新宿IRAより販売されたフルチンTシャツ(売上金インドの孤児院兼フリースクールカンパTシャツ)は多くの方々の協力によって様様な場所で買うことができます。順をおって、取り扱ってくれているところを紹介したいと思います。

●新宿・IRA 
知る人ぞ知るアナキスト、アクティビスト、パンクスが集うアングラな店。IRAはベトコンのように地下に穴を掘り、世界中のアナキストたちと地下交友を結ぶ。フルチンTシャツを製作・全面サポートしてくれている成田くんが働いています。フルチンTシャツの在庫数残りわずか。1枚1600円。

http://a.sanpal.co.jp/irregular/
http://irregularrhythmasylum.blogspot.com/
http://a.sanpal.co.jp/u-do-sha/
http://a.sanpal.co.jp/u-do-sha/eol/

●高円寺・素人の乱5号店 
高円寺を始め、各地でシャレと嫌味の効いた反乱を起こしている、レペゼン・ロストジェネレーション反乱世代(朝日新聞がいうところ)こと貧乏人大反乱集団の松本くんが経営しているリサイクルショップ。高円寺の商店街に再び放たれた復興の火は、大手巨大ショッピングモールに闘いを挑みつづける全国の商店街に飛び火するか(否、しろ)!!LL、L、M、S、SS、各種1枚づつ。値段はお店への置き賃を含むため、1枚1800円。

リサイクルショップ「素人の乱5号店」
東京都杉並区高円寺北3-9-11/℡03(3330)2939
北口を出て左手にある「中通商店街」の奥にある「北中通商店街」の中にあります。
http://koenji-kitanaka.com/secondhand/

●バンド「狂乱村」
高円寺の無力無善寺で活動するバンド。ライブに「ええじゃないか」を取りいれているらしい。ライブ活動しながらフルチンTシャツを売っているが全く売れないため、最近は路上で販売している。ルサンチマンからの脱却を目指す、パンクス界の遅れてきたジョニーエースこと加藤氏が販売担当。フルチンTシャツ4枚販売中。1枚1600円

http://mixi.jp/show_friend.pl?id=565588

●バンド「manta(マンタ) 」

mixiコミュニティー「青空学校」の副管理人・モモさんの実姉のバンド。京都で活動中。東京以外でも買えます!M1枚、S2枚、SS2枚。各種1600円。

MANTA公式WEBサイト
http://sound.jp/mannta/index.html


●水口プロダクション
アングラ変態バンドを取り扱う自主レーベル。代々木公園など野外での無料ライブイベント、チャリティーライブを主催する傍ら、変態バンドの発掘調査をしている。今回のフルチンTシャツ販売計画は、水口社長の協力なしではなりたちませんでした。配送から販売、問合せすべてを引き受けてもらいました。
水口プロダクションのフルチンTシャツはおかげさまで全て売れました。フルチン通販も終了させていただきます。

水口プロ・オフィシャルサイト
http://www.mizupro.com/
水口プロダクション
http://mixi.jp/view_community.pl?id=150853

●8月15日The★Charge企画 パンクイベント
今年で10年目を迎える8月15日の叛戦記念日ライブイベント。365日、叛戦であり、叛人種差別であり、叛商業主義を叫び続けるThe★Chargeが企画する。胸くそ熱いパンクスたちによる狂わしいライブが見物。わたしも毎年参加させてもらっている。フルチン売上枚数は、5枚。PUNKSに感謝。

http://www.at-iroha.jp/the-charge/

●シガ家
わたくしの母親が販売しています。元・共産主義活動家にして太極拳の使い手。残り枚数はあと1枚。

●キトウセイシ(英語名SPERM・GLANS)による手コキならぬ手売り

日本版フルチンTシャツをトルコの日本大使館に送ってもらいました(これから受取予定、お怒りの電話が実家へきたらしい)。今後は、海外版フルチンTシャツと共に東ヨーロッパで販売してゆきます。日本版は2枚、海外版は残り3枚。

●旅人Dくん
海外版2枚販売しながら旅してくれています。今ごろは、ヨーロッパか、アフリカか?



Tシャツを取り扱ってくれた友人、買ってくれた友人、カンパしてくれた友人、興味をくれた友人、改めてお礼をいいたいと思います。ほんとうにありがとうございました!!

現在、フルチンTシャツがサポートする青空学校は、経営難をむかえています。以前も話したように、青空学校には継続的な支援者・団体がいません。その上、最近、学校に寝泊りしている孤児のうち、一番年長の子が重い病気になって入院してしまいました。青空学校には更なる借金が加算されたようです。
 
 そこで一刻も早く、水口プロダクションに集まったTシャツ売上金を送金したいと思います。青空学校の使用する銀行、ウエストユニオンが振り込み手数料が10%かかります。かなり高額ですが、これを使うしかありません。せっかくの協力を馬鹿みたいに高い手数料に取られるのは大変心苦しいです。
 また、今後とも青空学校へのドネーション活動は続けてまいりますので、ドネーションをご希望される方はご連絡ください。osasimi-ichiban@hotmail.co.jp シガナオキ+キトウセイシ

皆さんから預かったサポートをしっかりと届けられたら、改めて、また報告いたします。

シガナオキ+キトウセイシ 改め スパーム・グランス





tahatu-shasin.jpg

テーマ : 日記    ジャンル : 日記


旅人自己批判論

Category: 未分類  
グルジアからトルコに入った。トルコはオリエンタルなバブルな風を感じます。殿方、バブルといってもトルコ風呂のマットの上の泡ではない。物価が上がっているマットなバブルの方だ。

トルコはグルジアよりかなり物価が高い。公衆便所が一回60円。思い出すとネパールの寝床が70円。便所と寝床がほぼ同じ値段。私は驚愕しました。

なんとか金を払わずにトイレに入ろうと、飛び切りのぶりっ子でトイレの管理人に泣きをいれてみた。すると意外とタダで入れてくれる。マーケットでもかわいい顔で、お金これしかないのーというと渋々まけてくれる。ホテルや安宿は1000円とか1500円近くする。だから、バス停のベンチで寝る。

しきりに東南アジアやインドなどの物価の安い国はよかったなぁなんて思い始める。

しかし、よーく考えてみると私は、日本の物価の高さと、東南アジアなどの物価の低さ(一歩的に日本から見た場合)の格差を利用して旅しているに過ぎない。

例えるなら日本ではジュース一缶が100円だとする。東南アジアでは30円とする。私はこの差額70円で旅している。

トルコもそうだけど、東南アジア、中央アジア、コーカサス、どこへ行っても「TOYOTA」「HONDA」「ISUZU」「NISSAN」「YAMAHA」「SONY」「TOSHIBA」「PANASONIC」「CANON」「NIKON」「FUJI」「AJINOMOTO」エトセトラ、、、日本企業がどですかでーんと腰を下ろしている。おそらく日本企業を一番目にする。

単純に考えたする。地元民が日本企業の製品(MADE IN CHINA)を買えば、その分地元民は自分の国の物を買わなくなる。

よって、その分日本経済は伸びて、地元の経済や産業はその分伸びない。

常に経済格差、貧富の差、多国籍企業による経済的な侵略に疑問を持ち、なんとかならんのかいと模索している私は、私の嫌うところの経済侵略の恩恵を受けて長旅している。

その証拠に、悠々自適に旅しているのは、一番多いのが「日本人」続いて「欧米人」か「韓国人」など世界中に企業を拡散している国の人々だけだ。

この矛盾のお陰で旅ができている。そう考えるとなんだか、私の旅はいい気なもんだ。アホ面さげて、世界各地でオナニーばかりしてやがる。

ということで、わたしは、わたしを自己批判いたしまして、今月から始まる、ラマダーン(イスラム教徒の断食、禁欲期間)とともに日中のオナニーを禁じようと思います。

かといって、日本に帰ればたいした収入のない、しがないフリーターでございます。安酒に安酒を重ね、すねをかじるばかりが能でございやす。
日本社会はピンハネがピンハネを呼ぶ格差社会。どこへいっても資本主義のカベ、またカベ。

仕方ない、オナニーでもしてぶちやぶるかぁ。

ズボンをおろし股座を漁る。

(決起まで5秒前)

おお、大量じゃー!!粋がいいのが泳いどるわい。

(落ちなし、注意)

これから東ヨーロッパへ向かいます。そこで、この矛盾にもがき、どう変えてゆくか、どう壊すかと活動をするアナキストたちを訪ねようと思う。まだまだ、アカルイミライ、ミライはアカルイのであります。


追伸 

しかし、こうして日本で貯めた金を世界中に落として、数年も働かないっていうのも、微力だけど、日本経済を下げるわけで、ある意味では各社社会を狂わすひとつかもしれない。なんて射精後に思ったのであります。隊長!


プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。