World advance 

シコシコアナキスト日誌

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


青空学校 インド・ブッタガヤ

Category: 未分類  
わたしの友人が運営するインドの孤児院兼フリースクールです。
今後、Tシャツのドネーションする学校です。
興味のある方、ぜひ一報ください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1842688


◎インド・ブッタガヤ・スジャータ村(セーナー村)

    ボランティア・見学随時歓迎!!

◎ 私たちは、ブッタが悟りを開いた地、ブッタガヤのスジャータ村で青空学校というフリースクール兼孤児院を運営しています。

 この学校にはストリートチルドレンや経済的に貧しいために公立の学校に通えない子どもたちが総勢111人通っています。また11人のストリートチルドレンが暮らしています。

 ブッタガヤのあるビハール州はインド国内で一番貧しい地区です。そのため州政府・インド政府からの援助は一切ありません。運営は地元の人々のサポート、海外からのボランティアや援助で行っています。

 こどもたちの成長を育むためには様々な国の人々との交流がとても大切だと考えています。
 
 私たちは毎日、ボランティア・見学を歓迎しています。是非、お気軽に遊びにきてください。


◎ INDIA BUDDAGAYA 
  AOZORA SCHOOL

 We manage Free School and Orphan's home in Buddagaya. This school is For Poor and Orphan Children.
Our School has total 111 Students and 11 Orphan's.

Buddagaya is most important Bussist Place.but This area is Most Poor State in india. So Goverment
doesn't Support to our School.
Our School is Supported By local People and Volunteers.

Please Visit to AOZORA SCHOOL!!!
Always We welcome to Visiters and Volunteers!!
Let's play Life Ourself!! Do it yourself!!!

◎行き方

 ブッタガヤ・マハボディー寺院を出たら、まっずぐガヤ方面へ歩く、途中ミャンマー寺が左手にある。そこを右折。スジャータ村に向かう橋を渡る。少し歩くと左手に青空学校がある。ここの二階で真っ青な空の下で元気にたくましく勉強しています。

◎訪問された方の文章など随時掲載してください。
また日本から物資を送りたい方がいましたら、管理人へ連絡くださいませ。
 管理人は旅先なため連絡が遅れるかもしれませんがご了承くださいませ。


ABOUT AOZORA SCHOOL
青空学校について 校長のNIKESHさんより 

AO ZORA CHILDREN WELFARE SCHOOL
UNDER AO ZORA CHILDREN EDUCATIONAL WELFARE TRUST
SUJATA VILLAGE (BAKROUR), BODHGAYA, BIHAR,
PIN CODE:- 824231, INDIA
E-mail-nikesh_sinha2000@yahoo.com


OUR MISSION

1.To help to poor, street and orphans children.

2.To help children break the cycle of proverty by:
Offering a free and good quality education to all poor children From surrounding villages regardless of their sex or caste.

3.By taking in forgotten orphans and offering them food and shelter.

PROVERTY

Many Many children are suffering, They are beaging near the cities and temple.
Because they have problem. They are not getting enough food. They don’t have good education. They need every time good care.
Children will meet you and tell you we are poor!”
They have never traveled, do not watch movies, have no education. They know that they are poor.
They simply know it because they are facing it everyday:

“ My village has no school, no doctor, no electricity and no water. During the winter people get very sick and no body is available to treat them.
During the summer mosquitoes are very dangerous and finally, the rainy season the house cave in because roof is old and broken.
- Suraj, 06 years old.
We are 05 children at home but I have no father. My sister and brother they are working with my mother in a small tea shop. In the evening we’ve ony earned 80 rupees(1.5 euro) ---- Khushboo-- 10 years old.

Finding access to education, medical care or even to simple nutrition is a constant struggle for children who continually face a lack of opportunities.

Bodhgaya is located in The state of Bihar. It is the least developed part of India. Suffering from the misfortune of unstable government, out of 90 million people living here. Millions of families live under the proverty line, struggling with a monthly income of only 18 euros( around 1000 rupees).
The illiteracy rate is also very high, reaching even 50%, which is equal to as many as 45 millions people. Sadly, women are the primary victims of illiteracy, this being for two main reason: firstly, education is so expansive that parents prefer their daughters, however young, to work in the fields.
Secondly, as a result of arranged marriages, young wives will likely be required to stay at home taking care of household chores. Because of unaffordable medical costs(doctors are too far, treatment is too expensive). People are unable to cure themselves and as a result cannot survive. 50 orphans have already been identified in the surrounding villages.

OUR SCHOOL

Our school name has been given by two people from Japan.
MR. Tmura Kei From Tokyo, Japan & Ms. Fukuyama Saori , Nagoya, Japan.
AO Zora children welfare school welcomes around 125 schoolars from 5 years to 14 years old. At present time divided into six section according to their level. We do not distrminate between religion, sex or caste. In the school mostly children comes from lower and ‘ untouchable ‘ caste. More than 50% of students are girls.
Eleven orphans children aged from 6 years to 12 years old are permanent residents within the school.

Our school was initially established in the year 2006 by Nikesh Kumar sinha. With the kind intention of helping children break the cycle of proverty, he personally conducted surveys researching, in accordance with the children’s need, which was the best track to follow to achieve long term development to all communites in Bihar.
Education appeared as being the most fruitful way to realize his dream. Thus, with his personal saving, Nikesh set up Ao Zora children welfare school in Sujata village, near Bodhgaya. Bodhgaya is a highly spiritual city. Considered the single most important palace of pilgrammage for Buddhist from all ovwer the world. This is the palace where the lord Buddha has got enlighment, 255o years ago. As a result, many shrines and monastries were built to international donors, surrounding oldest and most famous Mahabodhi Temple.

Today, the school is run only on donations, which are made by people, primary westerns and Japanes. Thus far these donations have allowed us to countinue our project. The government of Bihar does not give the school either humane or financial support.

PROGRAMS

Our school is providing education about all general subject. Right now We are providing ony primary education for all kind of poor and street children.
Our school is project is working for all communities.

The generalsubject are:
- Hindi
- Sanskrit
- English
- Math
- Science
- General knowledge
- Meditation
- Spiritual and Buddhist knowledge
- Drawing & painting
- Social science
- Moral science

The technical subjects are:

- Initiation to medicine
- Indian music
- Agriculture and hoticulture
- Help to widow
- Installation and maintenances of water pumps

PROJECTS

Unfortunately, the development of our cause is limited because we remain dependant on donations. Still today more than 100 children, from the villages within fifteen kilometers from our school, do not receive any education.

Nearly 50 orphans have thus far been identified; the luckiest are those staying in already overcrowed families’ palaces.

TO HELP US

If you would like to be part of our school projects, your support can be help to educate to children. Your support is more than welcome.
From your own home or even by being visiting us here, you can help us!

In order to keep us educating as many children as possible, we need human resources,
School materials, but also donation to pay teachers and to make building etc.

We would be very happy to welcome you and are open to any suggestions regarding our school’s development. We would also very grateful if you can pass the word about our school to your family and friends. You are most welcome in the school

Ao Zora children Welfare School
( Under Ao Zora children educational Welfare Trust)

At:- Bakrour( Sujata village)
Bodhgaya, Gaya, Bihar, India
Pin – 824231
Phone No. 0091-9234727161
E-mail: nikesh_sinha2000@yahoo.com

スポンサーサイト


タイの刑務所長期滞在者サポート

Category: 未分類  
タイのバンクワン刑務所にいる邦人の方をサポートするネットワークです。興味のある方、お気軽にメールください。

訂正 2010年2月版

thai.jpg


▼タイのバンクワン刑務所に滞在する長期滞在者をサポートするネットワーク。

44162649_4045394717[3]


 タイ・バンコクのバンクワン刑務所には、邦人男性が9人います。多くの方が10年以上も刑務所の中にいます。彼らは、ドラッグを所持・密輸しようとしたり、騙されて逮捕されてしまいました。逮捕の背景には、彼らにドラックを売った人間と警察がグルになっている場合がほとんどです。警察はドラック所持者を逮捕すると報奨金がもらえます。だから、なにも知らない旅行者がターゲットにされるケースが多いです。しかし、一度刑務所に入れられてしまうと、中から出ることは本当に難しいです。

 さらに、タイではドラッグの刑が非常に重く、終身刑(死ぬまで出れない)や死刑を受ける人が多いです。また、刑務所内はドラッグ、博打、賄賂、殺人、暴行などが日常的です。外国人は労働がないので、外部からの支援と一日一度の白飯とスープで暮らしています。生活必需品の配給もほとんどありません。

 今後、日本とタイの間で囚人移管協定がスタートし、彼らは日本の刑務所に送られる予定です。しかし、いつ日本に移管されるか、刑務所からいつ外に出られるか、まだ、はっきりとわかっていません。

 そんな彼らは、旅行者の面会を心待ちにしています。旅行者と話すことで外と繋がることを楽しみにしています。彼らは、とても穏やかな方々ばかりです。面会の際、手ぶらでも全くかまいません。でも、もしもいらなくなった日本語の本や食べ物、衣類などをもっている方は、差し入れしていただけると大変助かります。刑務所の受付時に差し入れの手続きをしてください。


▼現地協力者募集!
 バンコク在住の方、どなたでも協力できるかた是非一報ください。それから、刑務所訪問された方の感想文を随時掲載していただけるとありがたいです。

▼カオサン周辺、タイ国内、世界各地にチラシ貼り協力者募集!

「バンクワン刑務所に面会へゆこう!」チラシ
http://irregular.sanpal.co.jp/images/thai_prison_menkai.jpg

「刑務所へ本を送ろう!」チラシ
http://irregular.sanpal.co.jp/images/thai_prison_books.jpg

バンコクのカオサン周辺やタイ、世界各地の「日本人宿」の情報ノート、日本食レストランに「タイ・バンクワン刑務所へ面会に行こう!」と「バンクワン刑務所に本を送ろう!」のチラシを貼ってくれる方、上記のURLに飛んでプリントアウトして貼ってください!!

刑務所面会募集のチラシを貼る以前は、刑務所への面会がほとんどありませんでした。しかし、世界各地に貼りだしたら、なんと面会者が増えて、刑務所内と外の交流が始まりました。また今後、世界各地でドラッグによる逮捕者が減ることを願っています。フライヤーは老朽化するので、ぜひともご協力お願いします。


▼最近の刑務所情報
......................................................................................................................................................

●タイ刑務所連帯Tシャツ絶賛発売中!売り上げは刑務所への本の送料、カンパに使われます。購入は以下から。

http://irregular.sanpal.co.jp/?p=2561

●バンコクの情報誌「DACO」に長期滞在者・竹沢恒夫さんの連載中!

南獄日記
http://www.daco.co.th/item/248
..................................................................................................................................................

●新連載 「へんたいよいこのタイ刑務所だより」 作・珍宝(タイ刑務所・終身刑者)

お待たせしました!待望の生のリアルタイム刑務所通信!刑務所内の実生活を悲劇や同情では語らず笑いや前向きに転回するエネルギー。これは必読!!ぜひ、読んでください!

へんたいよいこのタイ刑務所だより VOL-1
http://mixi.jp/view_album.pl?id=13244168

VOL-2
http://mixi.jp/view_album.pl?id=13245321

VOL-3
http://mixi.jp/view_album.pl?id=14392112

VOL-4
http://mixi.jp/view_album.pl?id=15448790

VOL-5
http://mixi.jp/view_album.pl?id=16158936

VOL-6
http://mixi.jp/view_album.pl?id=18213859

VOL-7
http://mixi.jp/view_album.pl?id=20577720

VOL-9
http://mixi.jp/view_album.pl?id=25849411

VOL-10
http://mixi.jp/view_album.pl?id=28703615&owner_id=5635310&mode=photo

VOL-11
http://mixi.jp/view_album.pl?id=28934998&owner_id=5635310

VOL-12
http://irregularrhythmasylum.blogspot.com/2009/05/vol-12.html

VOL-13 
http://irregularrhythmasylum.blogspot.com/2009/06/vol-13.html

VOL-14
http://irregularrhythmasylum.blogspot.com/2009/09/vol-14.html

VOL-15
http://irregularrhythmasylum.blogspot.com/2009/10/vol-15.html

vol-16
http://irregularrhythmasylum.blogspot.com/2009/11/vol-16.html

vol-17 最新号!
http://irregularrhythmasylum.blogspot.com/2010/01/vol-17.html


珍宝さんはつねに皆様からの感想などお便りを求めています。なんでもいいので管理人までひとことメールくださると幸いです。

-----------------------------------------------------

▼バンクワン刑務所への行き方。

 カオサン付近のチャオプラセー河の船乗り場(banglumpoo pier)から上流へ向かって終点「ノンタブリ」まで船でいく。
 ノンタブリ船乗り場を背に、直進、一つ目の角を左折。直進してちょっと歩くと右側にある。

※これは必見!面会の仕方の詳細がたっぷり!面会へ行く方、ぜひ
以下のサイトを参考にいってみてください!

「バンクワン刑務所へゆこう!」
http://www.thaich.net/bangwang/index.htm

▼刑務所での手続き

ビルディング 1から3の面会は月曜日と水曜日。ビルディング4から6の面会が火曜日と木曜日。時間は9時からと1時から。面会者名の欄に以下の面会希望長期滞在者名を記入。もしも、面会者が 4人いたら、4人の滞在者と会える。ぜひ、集団面会を! また、パスポートをお忘れなく!!

※注意 午前中にいかれることをおすすめします!午後にいってあまり話す時間がなかったなど断られたりという情報も入っています。午前中の9時にいきましょう!!

本を差し入れしてくれる方は、面会受付場所で検閲してもらって許可スタンプをもらってください。このスタンプがないと面会時の本差入れができない場合があります。

▼面会希望長期滞在者


[第2ビルディング]月曜日、水曜日に面会可
KANEKI HIROSHI , NEMOTO MITSUO , TAKEZAWA TSUNEO ,

[第3ビルディング]月曜日、水曜日に面会可
MATUMI TOSHIYUKI

[第4ビルディング]火曜日、木曜日に面会可
ABE SHOGO

ABE SHOUGOさんはビルディング4の中、邦人ひとりしかいません。日程が合う方は、ぜひABEさんの面会にいってください。

また常に、新しい情報が必要なので、刑務所に訪問された方は、新たな情報ください!
-------------------------------------------------------------------------------------

▼国内外からの輸送による差し入れについて

国外からの配送の際、必ず郵便書留でお願いします。

特に差し入れでよろこばれものは、本、雑誌等。いらなくなった衣類、または生活用品がかなり必要とされています。食事は一日一回しか配給されていないようなので食品、特に日本食が大変喜ばれます(差し入れできないもの以下参照)。

▼面会時の金銭の受け渡し
受付で受け渡し人の氏名、渡したい相手の氏名をつげてください。

▼面会時の差し入れ
面会時に売店で生活必需品を購入して差し入れることもできる。また食品、衣類などもできる(差し入れできないものもある以下を参照)。書籍は受付で検閲をうけて差し入れる。金銭の差し入れは受付でする。


▼差し入れできないもの。(日本大使館より)

1 薬類(刑務所内の医局の医師が発行する診断書・処方箋に基づく薬品以外、差し入れできない。また医局内で処方可能な薬に関しては同様に部外からの差し入れはできない。睡眠薬や精神安定剤、向精神薬等はほとんど例外なく不許可となる)

2 食品のうち、危険物となりうる容器に在中しているもの(瓶・缶詰類)。同種のものであってもビニールパック類であれば許可される可能性が高い。また開封してあるものに関しては、薬物等の異物混入の可能性が排除できないとの理由で不許可となるケースが多い。

3 刑務所内で購入できる物品(規則改定前から、ここ最近、特にこの点に関して厳しく指摘されている)

4 書籍類(猥褻絵画類と見なされる写真・図画類が記載されている場合)。また最近、外国人受刑者への差し入れにて本の背表紙等に薬物等を隠蔽細工したものなどが発見されていることから、検査が厳重化しつつある。などが上げられます。

-----------------------------------------------------------------------------------
▼バンクワン刑務所の滞在者へ手紙、配送の送り先。必ず郵便書留で。

To 「TAKEZAWA TUNEO」

Bangkwang Central Prison.
117 Nonthaburi Road,
Nonthaburi Bangkok 11000, Thailand.

TEL 02-526-0896

▼マスコミ・ライター取材等の申し込みは

Director of bangkwang prison

Bangkwang Central Prison.
117 Nonthaburi Road,
Nonthaburi Bangkok 11000, Thailand.

以前、日本テレビのニュース番組が刑務所内の取材を行ったようです。

★面会希望の方、手紙や本の輸送したい方、一度メールをいただけると幸いです。こちらから面会者の指定をしたいと思います。

MIXIのメールか以下へ
osasimiichiban@gmail.com 志賀直輝

また、面会に行きたい方一度メールください。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
▼ご友人やご親類の方がタイの刑務所に捕らえられているが安否がわからない方、行方がわからない方、連絡がとりたいがとれない方。

領事部邦人保護班に直に行かれるか、当館担当者までお電話でご連絡されることをお勧めします。

メールの場合は、当地刑務所に収監されている当事者の氏名等の詳細、送信者様のお電話番号等も明記するとのことです。

連絡先 :領事部邦人援護班

TEL (66)-2207-8502/(66)-2696-3002
FAX (66)-2207-8511 
メール soumu@eoj.or.th

Tetsuya NAKANISHI (Mr.)
EMBASSY OF JAPAN IN THAILAND
177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
TEL:(66-2)207-8502
FAX:(66-2)207-8511
E-mail:tetsuya.nakanishi@mofa.go.jp

在タイ日本国大使館領事部
TEL 0-2207-8501/0-2696-3001
FAX 0-2207-8511

----------------------------------------------------------------------------------------------------
タイ刑務所・外国人囚人サポートサイト(英語)必見!
http://www.usp.com.au/fpss/prisoners-thailand.html
★タイ各地の刑務所の連絡先・面会方法などがわかります。


▼カンパのお願い!

刑務所内の邦人の病人や仕送りのない方、3名へのカンパ活動をしてゆきます。刑務所内の食事の支給は一日一回。後は家族からの仕送りなどでご飯を食べています。刑務所以外にも、日本にもいろいろと問題があると思います。余裕のある方、すこしでもご協力よろしくお願います。また、手紙や本、日本食などの郵送も大変喜ばれます。


★大使館に直接振込みすることもお勧めします。振込みしたい相手と振込みしたい趣旨のメールを大使館へ送ってください。仕送りがなく特に生活が苦しいのが、タケザワツネオさん(病人)、カネキヒロシさん(病人)、アベショウゴさんの3名です。優先的にこの3名に金銭援助がされればよいと考えています。

soumu@eoj.or.th

質問、意見、苦情等は、なんなりとお気軽に連絡ください。
管理人のメールか以下へ。

osasimiichiban@gmail.com 志賀直輝 

▼「タイの刑務所に本を送ろう!」キャンペーン中

タイ縮小

▼囚人連帯Tシャツ絶賛販売中

46427823_1347629293[1]

46427823_2145170058[1]

▲タイ刑務所囚人連帯Tシャツ:1500円(内カンパ:1000円) 
 カラー:黒のみ Tシャツサイズ:KIDS-M,KIDS-L, S, M,L,XL 

▼Tシャツ・コンセプト                               ハーポ・プロダクション

 トンチ話によって民衆に愛され続ける一休さん。しかしその正体は、男色はもとより仏法で禁止されている飲酒、肉食、女犯の限りを尽くす破戒僧だ。縁起の良い元旦に竹竿の尖端に髑髏をぶら下げて市中を練り歩き「元旦は冥土の旅の一里塚。めでたくもあり、めでたくもなし」とトンチ嫌がらせをする風狂者だ。

 このようなアナーキーな行為の数々は、仏法の守護者たちからは大反発をくらったが、その権威に追従しない自由奔放な態度に民衆は熱狂、後世の表現者たちに絶大なインスピレーションをもたらした。一休のドープさを伝え残したい表現者たちは彼の逸話の数々をカット&ミックスし、トンチ話として現代のお茶の間のアニメーションにまで脈々と繋いでいったのである。

 忘れてはならないのが、単なる変態坊主で終わったかもしれない一休さんを国民的なキャラクターにまで押し上げたのはそもそも書物というメディアであることだ。書物という情報の乗り物は自由自在に時空を越えていくのだ。髑髏の上を踊りながら進む一休さんのように。室町から現代へ。日本からタイの刑務所へ。本は偉大なり。

▼通販できます。質問・連絡はお気軽に。

志賀直輝 osasimiichiban@gmail.com 080-3837-4549

※質問からなんでもお気軽に直接メールください。ここに書き込みされても、迷惑書き込みが多いため確認しておりません。


二億一庵ビラビラ完成

Category: 未分類  

フルチンTシャツに添えるビラを作りました。やはり基本線はビラであります。誰でも簡単に作れるもっとも小さなメディアでございます。徹底的に各地に張り巡らしたいと思います。

今までも、各国、各地に「刑務所面会の募集」ビラや「青空学校」のビラを貼ってまいりました。地道なビラ貼り作業によって、さまざまなつながりがたくさんできました。すばらしい限りでございます。

皆さんも、自分の宣伝ビラをつくって、電柱に貼りましょう。
素人ヘルスー定食、650円とか。わたしの花ビラ3回転とか。


追伸 最近、わたくしの友人が運営するインドにある孤児院兼フリースクールが火の車になっています。MIXIのメンバーが募金活動を始めました。ぜひ見てくださいまし。

青空学校
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1842688

【緊急】支援ご協力のお願い
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=19709462&comm_id=1842688



おまわりさんにしばかれよう

Category: 未分類  
今、キルギスタンの広大な土地には鮮やかな緑が一面に広がっています。そこには遊牧民がいます。彼らの移動式の家・ゲルが立ち並んでいます。遊牧民の一部の人たちは観光客からの副収入を得るためか、大変親切にしてくれます。

そして、今わたしは近隣諸国のビザをとるために、キルギスタンの首都ビシュケクにいます。遊牧民はまったくいません。ケツを左右に揺らす若いロシア娘や露出の激しいキルギスガールがたくさんいます。
 キルギスタンは旧ソ連です。だから、この街にはロシア娘が多いようです。町並みもソ連の匂いが漂っています。なんというか、安いウォッカの酔い方にも似た、少しどんよりした、でも、悪い気もしない。そんなウォッカの二日酔いの様な街並みです。

遊牧民はとても親切にしてくれてよかったのですが、ここのお回りさんたちは、かつてないほど高圧的です。


街を歩いていると、おまわりさんに呼び止められます。そしてパスポートを出せといわれます。出します。あーだ、こーだいってイチャモンをつけられます。そして、警察署へ来いといわれます。もしも警察署へいくと身包みはがされて、お金を盗られます。ここはヤクザよりも街のバックストリートボーイズよりも警官が一番立が悪いようです。

一回目の警官の職務質問は、すぐさま100ドル出せといわれました。いろいろ抗議しましたが、聞いてくれません。40分ぐらい粘って、なんとか日本大使館に電話しました。そして職員に来てもらうことにしました。それを警官にいったらただちに逃げてきました。

二回目の時は、すぐに警察署に来いといわれました。だから、近くにいるロシア娘に携帯を借りて、大使館に電話しました。しかし土曜の夜のせいか電話に出ません。困りました。お回りさんが増えだして、みんなイライラしてきました。しまいに怒鳴りはじめました。
 わたしのほかに友人が2人いました。そのうちの一人が、無理やり車に運ばれそうになりました。彼が逆に拒否したところ、思いっきり両手で首を絞められていました。続いてわたしも、逮捕術をかけられ、手を後ろにとられて車に力づくで運ばれました。

英語の話せる地元の人に通訳してもらいました。けど、警察署に来いの一点バリでした。このままだと、確実に身包みはがされるな思って、隠しておいた偽物の書類を出しました。
 
 「あなたの行為は国際協定違反だ、ただちに大使館に連絡しろ」という内容でした。一番偉そうな警官になんとか見せました。けど鼻で笑われました。これで、終わったなと思った矢先、「もういい、いけ、お前らビールはすきか?よし、のみにゆくぞ!」と手の平を返したように優しくなりました。どうせ、おごらされるわけだし、腹立たしいのですぐに帰りました。

ここの警官は給料が安いから、どうしても賄賂を集めないと生活ができないらしい。だから地元民もけっこう賄賂を払ってるるようです。
 この街には偽者の警官も多いみたいだし、こっちもどんどん偽物になってやろうと思います。今度は、大使館職員のバッチでも作ろうとおもいます。


そんな感じで落ちていた時に、イスラム教徒の人々は髭の長いわたしに優しくしてくれます。お前は「ムスリムか?」「そうだ。ムスリムだ。」というやりとりで、お互いの髭を触りあったりする。彼らの連帯感や仲間意識にはことごとく暖めてもらえる。ウォッカもいいが、イスラムの教えもなかなかいい酔い心地が味わえます。



フルチンTシャツでチャリティー活動

Category: 未分類  
重複しますが、どうぞ読んでみてください。
わたしと精子仲間で作った、二億一庵ブランドです。
フルチンTシャツをつくって、インドの孤児院にドネーション
しようとおもっています。


★二億一庵 コンセプト★  
                          
●精子敗北論

 受精の瞬間を顕微鏡でのぞいてみます。ひとつの卵子に向って数億の精子たちが走ってゆきます。ひとつの精子だけがひとつの卵子にくっつきます。これが受精卵です。そして、膜をはります。ほかの精子たちは卵子の中に入れません。

 卵子の中に入れなかった精子たちは数箇所に集まります。そしてなにか、もぞもぞとお祭りの準備を始めます。みんながあつまると、精子たちはいっせいに「ええじゃないか」(狂乱する祭り)をはじめます。そして、勢いよく踊りだします。

 精子たちは、踊り、叫んでいます。

「ええじゃないか、ええじゃないか、卵子とくっつかなくても、ええじゃないかー!」

 その姿は、なにかとても楽しそうです。彼らは、卵子にたどり着けませんでしたが、最後の「ええじゃないか」をします。

 わたしは今まで、「ええじゃないか」をしている精子たちを負け組みだと考えていました。負け組みの最後の狂乱だと思っていました。

 でも最近では、むしろ、卵子にたどりついた精子こそ、ビリ、カスだったんじゃないかと思うようになりました。
 
 精子たちにとって卵子にたどりついて人間になるより、たった一回の「ええじゃないか」の方が楽しいのではないか。精子たちは、人間に生まれてくる苦しみを知っているのではないだろうか。だから、受精したくないんじゃないか。そう思うようになりました。

 卵子にたどり着いた精子は、みんなに担がれて卵子とくっつかされたのかもしれません。人間になって苦しみたくない精子たちの中で、一番弱かったのかもしれません。その精子が卵子とくっついた。

そして、生まれてきたのが、わたしたち。

だから、どうしても、わたしたちは「ええじゃないか」がしたくてたまらない。一回でいい、死ぬ気の「ええじゃないか」がしたい。そんな風にわたしは思います。   
        
  
そこで!!二億一庵では 


●「ええじゃないか」を企画化

 まず二億一庵では、精子敗北論を踏まえます。そして、わたしたちが体感できなかった「ええじゃないか」をあらゆる形で表現してゆこうと考えます。つまり勝手に表現する精子集団であります。


●二億一庵の由来

 二億一庵の名前の由来は「二億」は精子の平均した数。「一」は卵子の数。「庵」はお粗末な寺を指しています。ひとりひとりが精子のように遊牧民的に移動し、様々な場所で様々な人々と交わってゆきます。そして、それぞれの「ええじゃないか」を目指します。
 
★ええじゃないか   江戸時代に起きた狂乱する祭り。または狂乱デモンストレーション。大衆騒動。 

....................................................................................................              
                                                   

 ●「ええじゃないか」第一弾企画始動●

「ええじゃないか」第一弾企画として、私達は二億一庵ブランドを設立しました。さっそくオリジナルTシャツをつくりました。このTシャツのデザインは、人間解放の象徴・フルチンであります。今後、世界各地、日本の店頭にて販売してゆきます。


....................................................................................................
●Tシャツ売り上げの使い道●

「フルチンTシャツ」の売り上はインドの孤児院兼フリースクール「青空学校」にドネーションされます。


 青空学校はブッタ(お釈迦さん)が悟りを開いた地、インドのブッタガヤにあります。この学校には、ストリートチルドレンや経済的に貧しいために公立の学校に通えない子どもたちが総勢111人通っています。また11人の孤児が暮らしています。子どもたちは、毎日明るく元気に勉強しています。
 
 ブッタガヤのあるビハール州はインド国内で一番貧しい地区です。識字率も40%以下だと言われています。そのため政府からの青空学校への援助は一切ありません。運営費用は地元の人々のサポート、海外・旅行者からの支援、ボランティアで行っています。
 インドの気候は大変きびしいです。猛暑期は50℃にも上がります。また長い雨期もあります。このシーズンは旅行者がとても少なく、旅行者からの援助やボランティアがありません。だから学校運営が大変厳しくなります。
 そのため青空学校は継続的な支援が必要とされます。今回のTシャツ売上のドネーションを皮切りに今後、青空学校自身の収入手段・フェアトレードなどを取り入れてゆけたらと考えています。その第一歩として今回フルチンTシャツを売り出しました。
 
 Tシャツ一枚作るコストが    円かかります。売上からコストを引いた金額    円が子どもたちの学費、食費、学校家賃、新たな活動に使われます。フルチンTシャツによって子どもたちの腹が癒え、勉強の足しになればよいと思ってます。

青空学校
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1842688

 問い合わせ、または売り上げ、ドネーション報告は随時、MIXIコミュニティー「インド ブッタガヤ 青空学校」と「二億一庵」でしてゆきます。メール問合わせ osasimi-ichiban@hotmail.co.jp キトウセイシ+シガナオキ までP5160652.jpg


二億一庵ブランド設立

Category: 未分類  
昨日まで、二億一庵Tシャツは、一枚限りにしようと思っていました。でも、いがいに二億一庵Tシャツがほしいとの問い合わせがありました。だから今日「二億一庵ブランド」を精子仲間たちと設立することにしました。

ということで、今日さっそく「二億一庵ブランド」Tシャツを9枚ばかり作りました。そこで、ただ売って儲けるのもたかがしれているので、売り上げをわたくしの友人が運営しているインドの孤児院兼フリースクール「青空学校」にドネーションしようと思います。
 最近、「青空学校」は経営が苦しいようです。少しでもこどもたちの足しになればと考えています。フルチン・ジャンプの収入によって、こどもの腹が少しでも膨れて、少しでも勉強の足しになったらよいと思います。そんなフルチンは素晴らしい!いや、フルチンが素晴らしいのだ!全国の短小皮付き諸君、開き直れ!そして短小皮付き諸君、勝手に決起せよ!勝手にジャンプせよ!
P6040826.jpg


二億一庵Tシャツ発売

Category: 未分類  
中国のカシュガルでカジュアルな「二億一庵」Tシャツをつくりました。二億一庵はわたくしの移動式の寺であります。二億は平均した精子の数。一は卵子の数です。写真の絵はフルチンの和尚ジャンプを使いました。さらにカオスモス・マークもいれまして「和尚ブランド」のできあがりでございます。

Tシャツ屋のおばちゃん(漢民族)は最初、フルチンの和尚ジャンプを見て呆れ果てていました。しかし最終的には職人面になって、げらげら笑っていました。フルチン威力の玉ものであります。

しかし、ウイグル民族のイスラム教徒に「このTシャツでモスクにいったら殺されるぞ」とか「不快だから街を歩くな」というアドバイスをいただきました。彼はフルチンになりたくてもなれなくてもどかしかったのでしょう。彼の分もわたしはフルチンになってゆきたいと思いました。

Tシャツ購入の件ですが、購入希望者は各々崖っぷちにいってフルチンでジャンプしてください。そして勝手にプリントしてください。


亀頭精子のテレビ出演

Category: 未分類  
 先月の話ですが、パキスタンでナショナル・ジオグラフィーの取材をうけました。取材場所はタキシラという仏教遺跡でした。取材班の方はこちらがお坊さんと思っていたようです。こちらの素性も聞かれないので、せっかくだからお坊さんになりすますことにしました。
 彼らは仏教についてのインタビューがほしいとのことでした。とりあえず日本のすべの宗派のお経をあげて「仏教は非戦だ!アメリカはイランに戦争をするな!」ということをしゃべれせてもらいました。

 しかし、まだまだ仏教について勉強が足りません。もっと勉強していこうと思いました。

ちょっと前にわたくしのお友達から素敵なメールをもらいました。わが友人たちに伝えたいと思います。ぜひ読んでください。

以下引用

ダライラマの言葉
お題:カルマ

●「生き方」インストラクション

1.大きな冒険を伴う大いなる愛と行いを大切にしなさい。

2.失うものはあっても、与えられた教訓は失わないこと。

3.3Rに習うこと。 
―自身を敬い(Respect)
―相手を敬い (Respect)
―自分の行動全てに責任(Responsibility)を持ちなさい

4.求めているものが手に入らなくても、実はそれが幸運である事もあるのです


5.ルールを学ぶと正しいルールの破り方も学べます。
6.些細な争いで大切な関係に亀裂を入れてはいけません。

7.間違いだと気付いたら、すぐに過ちを正す行動をとりなさい。

8.一日の中で、一人で過ごす時間を持ちなさい。

9.変化に寛大であれ。しかしながら自分の価値を失うなかれ。

10.時には沈黙が一番の答えである、という事を忘れないこと。

11.正しく気高く生きなさい。年齢を重ね過去を振り返る時に、二度に渡って
人生
を楽しめるようになるでしょう。

12.あなたの家庭にある愛に満ちた空間こそが、あなたの人生の基盤なのです


13.愛する人との間に相違が生じたら、今起きていることだけに対処すること。

して、過去は持ち出さないこと。

14.自分の知恵を分かちあいなさい。それが不滅を実現する道なのです。

15.この地球に優しくあれ。

16.一年に一度、まだ見知らぬ土地を訪れなさい。

17.互いが必要する以上に愛しあうところには、最高な関係が存在しています


18.手に入れるために諦めたことが自分の成功だと判断しなさい。

19.愛に臨み、自由気ままに扱いなさい。


プロフィール

志賀直輝 

Author:志賀直輝 


志賀直輝 a.k.a. kitou seishi


海外逃亡をへて4年ぶりの糞賃労働の日々。パートナーの出産と共に主夫強制引退。現在は、育児と保守的な職場内で闘争実施中。近い将来は、子連れ狼になりたい。


と思っていたが、原発事故によって一寸先は闇、現在、原発猛反対中。文字通り、お先まっくろ(アナキスト)でございます。どいつもこいつも、金、金、金、みんなでアナーキーに生きるしかない!原発や原爆の原料になるウランのある山を畏怖し近かづかなかったインディヘナたちは、7世代先の子どもたちのことまで考えていたらしい。っていうんだから、アナーキーかつインディヘナなように!

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。